敏感肌でもヒリヒリしない美白スキンケアおすすめ8選!安心して使える低刺激化粧品ランキング!

敏感肌でもヒリヒリしない美白スキンケアおすすめ8選!安心して使える低刺激化粧品ランキング!

季節の変わり目や生理の前後など、ちょっとした環境の変化が肌トラブルにつながる敏感肌。何を試しても肌状態が良くならず、毎日のスキンケアが憂うつになってしまったことはありませんか?

敏感肌は、肌につけるものは何でも刺激に感じることがあるため、化粧品選びは慎重に行わなければなりません。中でも、美白化粧品は肌にしみたり赤みが出やすいため、敏感肌を理由に美白ケアを諦めている人は多いかと思います。

そこで、本ページでは敏感肌にも使えるおすすめの美白スキンケア商品を紹介していきます。スキンケアの基礎知識や肌に優しい美容成分なども一緒に解説していくので、ぜひお手入れの参考にしてみて下さいね!

星マーク日焼けによるシミケアにおすすめの美白化粧水一覧!

1位ディセンシア サエル トライアルセット
ディセンシア サエル トライアルセット
肌荒れしやすい肌に潤いを与える敏感肌専用の美白化粧品

価格:1,480円(税込)
2位ノブ L&W トライアルセット
ノブ L&W トライアルセット
保湿と美白の両方を叶えてくれる敏感肌のためのスキンケアシリーズ

価格:1,300円(税別)
3位ブライトエイジ 全方位エイジングケア トライアルキット
ブライトエイジ 全方位エイジングケア トライアルキット
製薬会社が開発したこだわりの美白ケア化粧品

価格:1,400円(税別)
4位キュレル 美白ミニセット
キュレル 美白ミニセット
乾燥しがちな肌に潤いと透明感を与える低刺激美白化粧品

価格:1,296円(税込)
5位米肌 潤い美白体感セット
米肌 潤い美白体感セット
話題のライスパワーエキス配合で保湿と美白をダブルで叶える

価格:1,482円(税抜)
6位HANAオーガニック トライアルセット ブライトニング
HANAオーガニック トライアルセット ブライトニング
オーガニック処方の美白化粧品でデリケートな敏感肌を優しく包み込む

価格:1,480円(税込)
7位ジェイドブラン フルトライアルセット
ジェイドブラン フルトライアルセット
植物と化学の融合が実現する新感覚の美白ケア化粧品

価格:1,771円(税込)
8位ファンケル 透明美白1ヵ月集中キット
ファンケル 透明美白1ヵ月集中キット
メラニンの根源までアプローチする処方で『居座りシミ』をケア

価格:1,830円(税込)

すぐにランキングを見る

1,敏感肌の原因とは?敏感肌にこそ美白ケアが必要な理由

,敏感肌の原因とは?敏感肌にこそ美白ケアが必要な理由

敏感肌とは、読んで字のごとく肌が敏感な状態のことをいいます。医学的な定義はありませんが、以下に当てはまるものが一つでもあれば、あなたは敏感肌であるといえるでしょう。

  • 肌に合わない化粧品が多い
  • 化粧品でかぶれたことがある
  • 衣服の擦れで肌荒れする
  • 睡眠不足の時や生理前に肌荒れしやすい

敏感肌は、ノーマルな肌質に比べて肌荒れしやすく、一年を通して何らかの肌トラブルが起きてることが多いです。化粧品を変えて肌荒れが落ち着いても、しばらくすると別の症状が出ることもあり、根本的なケアが難しいというイメージを持つ人が多いかもしれません。

敏感肌には、低刺激でシンプルな処方の化粧品が好ましいとされています。中でも美白系の成分はヒリヒリ感や赤みが出やすいことから、これまでは敏感肌に不向きだとされてきました。

しかし、肌のバリア機能が弱い敏感肌は、紫外線などの外的ダメージを受けやすく、それによってさらに肌状態を悪化させてしまうことがあります。紫外線ダメージは、シミやくすみなどの肌老化にもつながりますから、敏感肌こそ念入りな美白ケアをしなければなりません。

肌荒れの悩みを減らすためにも、敏感肌の人こそ低刺激で肌に負担の少ない美白ケアが求められるのです。

1-1,敏感肌に美白ケアが必要な理由!シミやくすみができやすい?

敏感肌の人がもっとも注意すべきものの一つが紫外線です。紫外線が肌にもたらす影響は大きく、日焼けによる炎症をはじめ、シミやたるみなどの肌老化にも直結します。

紫外線ダメージが原因の肌トラブルの中でも、とくに改善が難しいと言われているのがシミやくすみです。

シミは、過去の紫外線ダメージが積み重なってできるもので、今になって焦ってお手入れを始めても時すでに遅し。手を打たずに放置し続けると、数年前の紫外線ダメージがシミとなってどんどん増え続けてしまうのです。

シミができる原因には、メラノサイト(メラニン細胞)と呼ばれる色素を産生する細胞が大きく関係しています。

皮膚が黒くなる仕組み

肌が紫外線を浴びると、皮膚内部のメラニン生産工場、メラノサイトが活性化。メラニンを過剰に生成し、皮膚を黒くします。これが「日やけ」のメカニズムです

引用元:https://www.shiseidogroup.jp

メラニンと聞くと、「シミの原因となるもの」という悪いイメージが強いですよね。確かに、メラニンの増殖がシミの原因となることは事実です。間違えないでほしいのは、メラニン色素は本来肌を守るためのものであり、それ自体が悪ではないということです。

メラニン色素がなければ紫外線を浴びた肌の細胞は破壊されてしまい、シワやたるみなどの原因になります。

通常であれば、メラニンが生成されてもターンオーバーによって垢とともにはがれ落ちるため、すぐにシミができることはありません。

シミができるのは、長年の紫外線ダメージが蓄積され、メラニンが過剰に生成されてしまった時です。紫外線対策をしなかった人や、年齢によってターンオーバーの周期が遅くなっている人は、メラニンをうまく排出できずシミができやすくなっています。

紫外線対策をしなければ、どんな肌質でもいつかはシミに悩まされる日が来るのです。とくに、紫外線に限らず様々なダメージの影響を受けやすい敏感肌は、ノーマル肌に比べてシミができやすい肌質といえるでしょう。

デリケートな敏感肌だからこそ、日頃から美白ケアを徹底し、肌トラブルを増やさないように意識することが大切です。

すぐにランキングを見る

2,敏感肌の美白ケア選びのポイント

刺激によって肌トラブルが起きやすい敏感肌は、ホワイトニング効果の高い化粧品で美白ケアを継続する必要があります。ただ、敏感肌にとって美白成分そのものが肌の負担となることがあるため、化粧品選びは慎重に行なわなければなりません。

ここからは、敏感肌の人が美白ケア化粧品を選ぶ際に意識してほしいポイントを3つ紹介していきます。商品購入の際は、以下のポイントを参考にしながら、肌に優しい美白ケアを心がけてみて下さいね。

2-1,美白有効成分が配合されているものを選ぶ

美白有効成分とは、厚生労働省によって「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」効果があると認められた成分のことです。現在承認されている美白有効成分はおよそ20種類あります。

美白有効成分として認可を受けるには、美白の有効性はもちろん、毒性やアレルギー反応がないかなどの厳しい審査を通過しなければなりません。

美白効果を宣伝する化粧品は数多くありますが、その効果や安全性が認められているのは美白有効成分配合のものだけです。確実な美白効果を得るためにも、化粧品選びの際は美白有効成分が配合されているかどうかをチェックしましょう。

代表的な美白有効成分とそれぞれの効能をまとめてみました。

ビタミンC誘導体

メラニン生成の抑制や色素沈着の改善など、優れた美白作用でさまざまな化粧品に配合されるビタミンC誘導体。肌への透過率が高く、一度肌に吸収されると長時間効果が持続するのが魅力の成分です。

ビタミンC誘導体には、美白効果以外にも、皮脂バランスをコントロールしたりコラーゲン生成を促す働きがあります。どんな肌質にも使える万能成分ですが、皮脂分泌抑制作用によって肌の乾燥が気になることも。

ビタミンC誘導体配合の化粧品で肌の乾燥が気になる人は、高保湿成分が一緒に配合されている化粧品を選ぶのがおすすめです。後ほど紹介するセラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分は特におすすめなので、チェックしておいてくださいね。

アルブチン

メラニン生成に関わる酵素・チロシナーゼの働きを抑制し、シミやそばかすができにくい肌へと導いてくれるのがアルブチンです。アルブチン配合の化粧品を使い続けることで、透明感のある明るい肌へと生まれ変わります。

アルブチンは、化粧品メーカーの資生堂が開発した美白有効成分。資生堂の特許期間はすでに終了しているため、現在はさまざまな化粧品メーカーの商品に配合されています。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、人工合成されたアミノ酸の一種です。もともとは医療の現場で使われていた成分ですが、後にシミや肝斑の改善に効果があることが発見され、現在では多くの美白化粧品に配合されています。

トラネキサム酸は、メラニン生成の初期段階から肌に働きかけるので、紫外線ダメージによるシミやそばかすの予防に効果的です。抗炎症作用にも優れているので、肌荒れしやすい肌を落ち着かせるのにもおすすめです。

プラセンタエキス

化粧品や医薬品、健康食品など、さまざまなジャンルで広く活用されているプラセンタエキス。肌代謝を促進し、ダメージ肌を修復するのに効果があるとして、古くは古代エジプトのクレオパトラも愛用していたと言われています。

プラセンタエキスは胎盤から採取されることもあり、各種アミノ酸やムコ多糖体、タンパク質など、ヒトの体にもともと備わっている物質で構成されています。

肌なじみが良く、刺激性やアレルギー反応はほとんどありませんので、肌質を問わず安心して使える美容成分です。

スキンケアに配合される主なプラセンタエキスは『豚プラセンタ』と『馬プラセンタ』があり、豚プラセンタの方が定価でコスパがよく、馬プラセンタは豚プラセンタよりもアミノ酸の配合量が多く、価格も高めになっています。

また、植物プラセンタや海洋性プラセンタなどもありますが、植物にも海洋生物にも胎盤は基本的に存在しません。そのため、プラセンタとしての効果を期待するのであれば、豚や馬などの哺乳類由来のプラセンタがおすすめです。

すぐにランキングを見る

2-2,高保湿成分が配合されているものを選ぶ

高保湿成分が配合されているものを選ぶ

肌の保水能力が弱く、バリア機能が低下している敏感肌。デリケートな肌を強くするには、保湿効果の高い化粧品で肌にしっかりと潤いを与えることが大切です。

化粧品選びの際は、高保湿成分が配合されているかどうかも合わせて確認して下さい。敏感肌におすすめの成分は次のとおりです。

セラミド

肌表面の角質層で、細胞と細胞の間を埋めることで肌の水分や弾力を保持しているのがセラミドです。ヒトの肌にもともと存在する成分で、外的刺激から肌を守るバリア機能を支えています。

天然セラミド動物から抽出されたもの。肌に浸透しやすいがやや高価。
ヒト型セラミドヒトの肌にあるセラミドによく似た構成を持つセラミド。浸透性が高く、肌への刺激が少ないことが特徴。
植物性セラミド米ぬかやこんにゃくから抽出される。
合成セラミド石油が原料。分子構造がヒトのセラミドによく似ているが全くの別物。

この中でも、保湿力が最も高いのがヒト型セラミドです。セラミド配合の化粧品を選ぶ時はヒト型セラミド配合のものを選ぶといいでしょう。

ただし、効果が高いぶんヒト型セラミドの価格は少し高めとなっています。価格的に一つしかヒトセラミド配合の化粧品を購入できない場合は、乳液かクリームががおすすめです。

セラミドは油分に馴染む性質を持つ上、化粧水や美容液はどうしても水分の割合が多め。一方乳液やクリームは油分が多く、成分の濃度も高いのでより効果的にヒト型セラミドを取り入れることができますよ。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はgで6リットルもの水分を抱え込むほどの保水力を持つ成分。水をたっぷり含んだヒアルロン酸は、肌をしっとりなめらかに保ち、ぷるんとハリのある弾力肌へと導いてくれます。

ヒアルロン酸は肌にもともとある成分なので、肌なじみが良く安全性も申し分ありません。肌を保湿して柔らかくする『エモリエント』成分との相性がいいことから、化粧水や美容液、乳液など、さまざまな化粧品に配合されています。

コラーゲン

タンパク質の一種で、ヒトの皮膚の70%を占めているコラーゲン。骨や血管にも存在し、肌だけでなく人間の体を構成する上で重要な役割を担っています。

コラーゲンは、先に紹介したセラミド・ヒアルロン酸と並ぶ3大保湿成分と言われています。肌表面と皮下脂肪の間で、肌の弾力やみずみずしさを支えていますが、残念なことにコラーゲンも年齢とともに減少していきます。

肌トラブルが多く乾燥に悩まされている人は、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン配合の化粧品で保湿メインのお手入れを始めましょう。

アミノ酸

肌の土台となるタンパク質です。そして、タンパク質を構成するアミノ酸は肌表面の潤いを支えている重要な保湿成分。アミノ酸は、後ほど詳しく説明する「天然保湿因子」と深い関わりがあり、肌のバリア機能が正常に働くために欠かせません。

タンパク質は、紫外線やストレスによって糖化もしくは酸化します。夏場やストレスを感じた時に肌が乾燥して荒れることがありますが、これは肌ダメージによってアミノ酸が減少することが原因です。

紫外線やストレスが原因の肌荒れは、アミノ酸配合の化粧品で肌にたっぷりと潤いを与えることが大切です。

すぐにランキングを見る

2-3,敏感肌に刺激となる成分を避ける

敏感肌に刺激となる成分を避ける

美白や保湿効果の高い成分をチェックしたら、次は敏感肌が避けるべき成分も確認していきましょう。

ここで紹介しているのは、日本で販売されている化粧品に配合されることの多い成分です。普通肌なら問題なく使えるものも、敏感肌には刺激が強すぎることがあるため注意して下さい。

アルコール(エタノール・エチルアルコール)

敏感肌が避けるべき成分の代表がアルコールです。アルコールには、皮脂やメイク汚れを浮かせて取り除く清浄効果や、使用後の肌に爽快感を与える清涼効果があります。また、化粧品の品質を長持ちさせる防腐作用があることから、多くの化粧品に配合されています。

アルコールの清浄効果は、皮脂量が多い油性肌やニキビ肌にとってはプラスに働きます。ただ、敏感肌はもともとの皮脂量が少ないため、乾燥を進行させて肌荒れをさらに悪化させかねません。

とくに、化粧品で赤みやかゆみが出たことがある人は、肌トラブルのリスクを避けるためにもアルコール配合の化粧品は避けるのが無難です。

PG(プロピレングリコール)

PGとは、酸化プロピレンという物質を化学合成してできる多価アルコールの一種です。さらっとしたテクスチャーで、水やアルコールに溶けやすい性質を持っています。

使い勝手が良く、かつては多くの基礎化粧品に配合されていたPG。近年では肌への刺激が強いことが不安視され、化粧品に配合されることはあまりなくなりました。

ただ、その他の成分とのなじみやすさから、今でも洗顔やクレンジングに配合されることは多いので、PG配合の商品には注意が必要です。

DPG(ジプロピレングリコール)

PGの脱水縮合体で、保湿剤や乳化剤として使われるのがDPGです。ベタつきが少なく、化粧品の伸びやすべりを良くしてくれるので、最近ではPGの代わりに配合されることが増えてきました。

DPGは安全性が高く、毒性やアレルギー性もほとんど報告されていないため、敏感肌でも安心して使える成分として知られています。

ただ、配合量が多いものにはわずかな眼刺激性があり目に沁みることから、成分表の上位にDPGが表記されている化粧品は避けるようにして下さい。

人工香料

アレルギーの原因となることが多い人工香料は、敏感肌が特に注意しなければいけない成分の一つです。

人工香料の怖いところは、化粧品の成分表では「香料」としか明記されていないことです。人工香料は、化粧品の香料として使われるものだけで数千種類あると言われていますが、材料などの細かい情報については開示義務がありません。

全ての人工香料が悪いというわけではありませんが、原料が特定できない成分を使うのは敏感肌にとってあまりにリスクが大きすぎます。予期せぬ肌トラブルを防ぐためにも、人工香料が配合された化粧品は避けるのが賢明です。

ハイドロキノン

「肌の漂白剤」の別名を持ち、ここ最近美容業界の中でもとくに注目されている成分がハイドロキノンです。

従来の美白化粧品は、メラニンの生成を抑制する、いわばシミの「予防」を目的とした商品がほとんどです。継続して使い続ければシミを薄くすることも可能ですが、効果を実感するまでにはある程度の時間がかかります。

一方で、ハイドロキノンにはメラニン色素を還元する働きがあり、できてしまったシミを薄くするのに役立ちます。そして、日本で販売されている化粧品はハイドロキノンの配合量が2%までと定められている成分。

つまり、それ以上の濃度のものは、病院で適切な指導の元処方されないといけない刺激性の高い成分だということです。

また、低濃度であれば安全だと言われているハイドロキノンですが、海外では発がん性のリスクがあるとして使用が禁止されている例もあります。

敏感肌は、成分の濃度に関わらず肌に刺激となるものには敏感に反応しますから、少しでも肌荒れのリスクがあるのものは避けた方がいいでしょう。

3,敏感肌におすすめの美白スキンケアランキング!

化粧品の成分について学習したところで、次は敏感肌におすすめの美白ケア商品をランキング形式で見ていきましょう。このランキングでは、DPGやエタノールの配合量が少ないものが上位にランクインしています。

お得なトライアルセットに関する情報も掲載していますので、こちらも合わせて確認してみて下さいね!

POLA ディセンシア(DECENCIA) サエル トライアルセット

POLA ディセンシア(DECENCIA) サエル トライアルセット

商品詳細
セット内容:化粧水、美容液、クリーム(CCクリーム1回分の特典付き)
価格:1,480円(税込) 商品のおすすめポイントや特徴

ポーラ・オルビスグループから誕生した敏感肌のためのスキンケアシリーズがディセンシアのサエルです。美白有効成分のアルブチンやトラネキサム酸配合で、シミやくすみ改善に大きな効果を発揮します。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

使ってみて全然刺激がなかったのでとりあえず一安心。使って間もないのに日に日に肌荒れも治っていき感激。気に入ったのでサエルの本体シリーズを購入。

初めの1ヶ月は可もなく不可もなく肌落ち着いて良かったなぁレベルだったけど、2、3ヶ月あたりから素肌のモチモチ感とキメが整ってきたかんじがよくわかって肌色もかなり明るくなりました!半年経ったけど、昔より肌が綺麗になった。

Twitterでの評判

Instagramでの評判

まずは一度試してみよう!

ディセンシア・サエルのトライアルセットは、たっぷり10日分がたった1,480円でお試しできます。全アイテムがアルコールフリーで合成香料も不使用なので、敏感肌でも安心して使えます。

万が一肌に合わなくても、30日以内なら返金保証に対応してもらえるのも嬉しいポイント。敏感肌が選ぶ美白化粧品No.1の商品をお得に試してみてはいかがでしょうか?

ノブ L&W トライアルセット

ノブ L&W トライアルセット

商品詳細
セット内容:化粧水、乳液、クリーム、美容液 価格:1,300円(税別) 商品のおすすめポイントや特徴

敏感肌向けの化粧品ブランドとして長年愛され続けているノブから、美白と保湿をダブルで叶えてくれるスキンケアシリーズが誕生しました。L&Wのエイジングシリーズは、ビタミンC誘導体配合で肌に透明感をプラスし、シミやくすみのない明るい肌へと導いてくれます。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

今色々トライアルキットを試していて、その中で今回はNOVを使用していました。 正直すごく良かったです!!お肌の調子がとても良くなった感じがしました。

このスキンケアを使用してる期間お肌つるつるで何度かお肌を自分で触ってしまっていました。 敏感肌なんですが、白にきび等もとくに出来ず、お肌に優しい感じもしました。

あと使用感も割と好きでした!まだ他にも色々トライアルキットを試したいので 現品購入をするかはわかりませんが、私のお肌にはとても合っていたので 現品購入もありだなという商品でした!

まずは一度試してみよう!

ノブのL&Wシリーズは、本商品購入前にトライアルセットでお試しできるのが魅力です。セットにはライン使いできるアイテム計4点が含まれ、容量もたっぷり7日間分と大変お得です。

敏感肌は化粧品選びで失敗することも多いので、まずは少量セットで肌との相性を確認してみることをおすすめします。

ブライトエイジ 全方位エイジングケア トライアルキット

ブライトエイジ 全方位エイジングケア トライアルキット

商品詳細
セット内容:クレンジング、洗顔、化粧水、美容液
価格:1,400円(税別) 商品のおすすめポイントや特徴

美白有効成分トラネキサム酸配合で、くすみや乾燥、たるみなどの肌トラブルにアプローチするのがブライトエイジ全方位エイジングケアシリーズです。年齢とともに増える炎症性物質をブロックし、使うたび透明感のある若々しい肌へと生まれ変わります。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

まずはトライアルキット使いましたが、使いきらないうちから効果大だったので現品をライン使いしています。

かなりシットリするので、エイジングで乾燥するオトナ肌にはオススメです。 さらに、しみにアプローチする成分配合。 潤いも美白も叶うすごいコスメです。

肌チェックでシミがほとんどなくなったのには驚きでした。

Twitterでの評判

Instagramでの評判

まずは一度試してみよう!

女性誌を中心に話題となったブライトエイジのスキンケアシリーズは、10日分のお試しセットがお手頃価格で販売されています。製薬会社が開発した化粧品ということもあり、肌トラブルに悩む女性から多くの支持を得ています。

このトライアルセットは期間限定で販売されているものなので、気になる人は早めの購入がおすすめです。

キュレル 美白ミニセット

キュレル 美白ミニセット

商品詳細
セット内容:化粧水、乳液
価格:1,296円(税込) 商品のおすすめポイントや特徴

キュレルの美白ケアシリーズは、季節を問わず肌の潤い不足を感じる乾燥性敏感肌のために作られた美白化粧品です。セラミドが角質層の奥までしっかり保湿し、使い続けることで肌本来のみずみずしさを取り戻せます。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

私は肌の調子が不安定な事が多く、美白ラインを使うことには慎重になっていました。 ですが、化粧水、乳液共に刺激は全く無く、肌にスッと浸透して潤してくれます。

使用し始めて今日でちょうど1週間です。美白効果はまだ分かりませんが、続けて使ってみたいと思います。

Instagramでの評判

まずは一度試してみよう!

手に取りやすい価格とドラッグストアで手軽に購入できるのが魅力のキュレル。実際に使ったことがある人からの評価も高いスキンケアシリーズは、本商品購入前にお得なミニセットを試してみましょう。

ミニセットは、化粧水と乳液がそれぞれ20日分入って1,296円ととにかく安いのが嬉しいポイント。ネットでは定価より安く購入できることもあるので、興味がある人は今すぐオンラインショップをチェックしてみましょう!

米肌 潤い美白体感セット

米肌 潤い美白体感セット

商品詳細
セット内容:洗顔石鹸、化粧水、美容液、クリーム(化粧水マスク1枚の特典付き)
価格:1,482円(税抜) 商品のおすすめポイントや特徴

美白有効成分のトラネキサム酸とライスパワーエキス配合で、敏感肌に潤いと透明感を与えてくれるのが米肌の潤い美白体感シリーズです。角質層を潤いで満たし、肌本来の強さと美しさを引き出してくれます。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

一通り使って気に入り現品購入しました。

石鹸はしっとりの洗いあがりです。化粧水はさらっとしていて好みです。ベタベタせずのちにしっとりします。美容液は特に効果はわかりませんが、気持ちシミが薄くなったように思います。クリームもベタベタしなくて使いやすいです。

まずは一度試してみよう!

美容通の女性なら誰でも一度は目にしたことがあるであろう米肌のスキンケアシリーズ。化粧品の口コミサイトでは多くの高評価を得ていますが、1本あたりの価格が高く、なかなか手が出せないという人も多いのではないでしょうか?

そんな人には、定価の77%OFF相当のお得なトライアルセットがおすすめです。このセットには、ライン使いできるアイテム計4点が含まれ、今だけ非売品のフェイスマスクも付いています。気になる方は、この機会にぜひ米肌のスキンケアシリーズを試してみて下さい。

HANAオーガニック トライアルセット ブライトニング

HANAオーガニック トライアルセット ブライトニング

商品詳細
セット内容:洗顔、化粧水、美容液、乳液、UVベース(今だけホワイトクリーム1包付き)
価格:1,480円(税込) 商品のおすすめポイントや特徴

石油由来の成分不使用で、100%天然のオーガニック処方が魅力のHANAオーガニックは、敏感肌の女性を中心に人気のスキンケアブランドです。肌の再生力を促す濃縮ローズと、メラニン生成を抑える和漢の力で、デリケートな肌の悩みを根本から解決してくれます。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

もともと肌は白い方ですが、こちらを使用していると以前より肌が白くなってきたなぁと感じました。

キールズの美白美容液をずっと使用していて、その時は現状維持という感じで目に見えて肌が白くなったと感じた事はなかったのですが、こちらはわりと早い段階で効果を実感出来ました。

Instagramでの評判

まずは一度試してみよう!

100%オーガニック処方のHANAオーガニックですが、自分の肌に合うかどうかは実際に使ってみないとわからないもの。これ以上化粧品が原因の肌トラブルは避けたいという人は、低価格でお試しできるトライアルセットを試してみましょう。

このセットの魅力は、HANAオーガニックの人気アイテムが約7日間ライン使いできることです。送料無料で、今だけオーガニッククリームが1包付いてくるので、お得に買えるこの機会に肌との相性をチェックしてみて下さいね。

ジェイドブラン(JADE BLANC) フルトライアルセット

ジェイドブラン(JADE BLANC) フルトライアルセット

商品詳細
セット内容:クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリーム
価格:1,771円(税込) 商品のおすすめポイントや特徴

透明感・ハリ・柔軟性・潤い・ツヤ・キメの全てを叶えてくれる美白化粧品がジェイドブランのスキンケアシリーズです。豊かな自然に育まれた植物エキスの力と、美肌作用に優れたセラミドとビタミンC誘導体が、敏感肌の悩みを根本から解決してくれます。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

1日お肌はモチモチして乾燥を感じる事なく過ごせているので、かなりの好印象。

そして、使用してみて、肌のクスミが取れて1皮剥けた様な印象。そのお陰かシミが目立たなくなって、透明感が出てきた様に思います。思った以上に美白効果はありそう!

Twitterでの評判

Instagramでの評判

まずは一度試してみよう!

1商品あたりの価格が高く、敷居が高いというイメージが強いジェイドブラン。実際に使用した人は口を揃えてその効果を大絶賛していますので、できることなら一度は試してみたいですよね。

そんな人には、ジェイドブランアイテムが全て試せるフルトライアルセットを紹介します。このセットは、定価の約70%OFFの1,771円で購入でき、じっくり7日間肌の変化を感じながら使えるのがポイントです。

お得な価格で購入できるのはオンラインショップだけなので、この機会にラグジュアリーなスキンケアを試してみて下さいね。

ファンケル 透明美白1ヵ月集中キット

ファンケル 透明美白1ヵ月集中キット

商品詳細
セット内容:化粧水、乳液(クレンジングや泡立てネットなど計5種の特典付き)
価格:1,830円(税込) 商品のおすすめポイントや特徴

無添加シリーズで肌トラブルの多い女性に長く愛され続けているファンケルから、敏感肌向けの美白ケアシリーズの登場です。ファンケルのホワイトニング化粧品は、メラニン抑制効果に優れ、肌の土台を強化しながら美白ケアできるのが特徴です。

低刺激で保湿作用も抜群なので、傷つきやすい敏感肌でも安心して使えます。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

最近シミが気になり始めて、こちらの商品をサンプルで使わせていただきました。

すごい乾燥肌で敏感肌でもあるので、美白シリーズは肌荒れしやすく不安でしたが、FANCLのこの商品は全く肌荒れ知らず!とても使い心地の良い商品でした。

まずは一度試してみよう!

美肌効果が高いのに、値段が手頃でどこでも購入できるのが魅力のファンケル。1本あたりの値段がとてもリーズナブルなのに、トライアルキットを購入すればさらにお得にスキンケアがお試しできます。

このセットには、化粧水と乳液がそれぞれ1ヶ月分入っていて、価格は税込1,830円と驚きの安さです。肌に合う化粧品が限られる敏感肌にとって、この価格で化粧品が買えるのはとにかくありがたいですね。肌荒れが落ち着かずにお困りの方は、リーズナブルで肌に優しいファンケルの美白シリーズを試してみて下さいね!

4,敏感肌が美白スキンケア用品を使う際のポイント

美白ケアに興味がある人なら、誰でも一度は抱く疑問があります。それは、「化粧品で本当に美白ができるの?」ということです。実際に美白化粧品を使用したことがある人の中には、効果に満足できず途中で美白ケアをやめてしまったという人も多いようです。

美白化粧品の効果を引き出すには、お手入れの期間と化粧品の使い方を意識することが大切です。具体的なポイントを以下にまとめてみました。

最低でも2ヶ月は使い続けること

美白ケアはすぐに効果が出るものではありません。美白効果はターンオーバーに合わせてじわじわと効果が出てくるものです。

私たちの肌は、ターンオーバーという肌の再生サイクルによって日々生まれ変わっています。肌細胞は、肌表面(表皮)にある基底層という部分で作られ、毎日少しずつ表面に押し出されます。

ターンオーバーのしくみ 引用元:https://www.ssp.co.jp/

ターンーオーバーとは、基底層で作られた肌細胞が角質層まで押し上げられ、垢となって自然とはがれ落ちるまでのサイクルのことです。

よく「ターンオーバーは28日周期」と表現されますが、肌の生まれ変わりには個人差や年齢差があるため、必ずしもこの限りではありません。28日前後で肌が生まれ変わるのは20代までで、年齢とともにその周期は長くなっていきます。

つまり、30代になるとターンオーバーの周期は40日前後、40代になると55日前後、60代ではなんと100日以上かかることも。

ここでお伝えしたいのは、化粧品の効果が現れるまでにはターンオーバー1サイクルと同じだけ時間がかかるということです。

また、ターンオーバーが一周すれば美白効果が見えてくるわけでもなく、ターンオーバーを繰り返すことによって徐々に美白ケアの効果が現れてくるのです。

ターンオーバーは一周が40代では最低でも約2ヶ月、60代では3ヶ月以上時間がかかるので、美白ケア=長期戦ということを頭に入れて、お手入れを継続することが大切です。

メーカー指定の使用方法で正しく使う

スキンケアでよくある間違いが、たくさん塗ったり、一日に何度も使えばその分効果が出やすいと勘違いしている人が多いことです。

化粧品は多すぎると水分や油分が刺激となり肌に負担をかけてしまいます。反対に、化粧品をケチって少量でお手入れしようとすると、塗り込む際の摩擦が肌に刺激を与えます。

また、一日に何度も化粧品を塗るのも、肌の水分バランスを乱してしまうためNGです。ただでさえ肌トラブルが多い敏感肌が、過剰なスキンケアによって肌状態を悪化させてしまっては元も子もありません。

美白ケアをする際は、メーカーが推奨する量や使用方法を守って正しくお手入れすることを心がけましょう。商品によっては保管場所を指定するものもありますから、使用前にパッケージをよく読んでメーカーが推奨する方法に従って保管して下さいね。

5,敏感肌改善のポイント『肌のバリア機能』とは

敏感肌のお手入れをする上で欠かせないのが、『肌のバリア機能』についての説明です。よく目にするこのキーワードですが、それが一体何なのかを正確に理解している人は少ないかも知れません。

敏感肌を改善するため、ここからはバリア機能に関する基礎知識を学習していきましょう。

バリア機能とは?

私たちの肌は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層で構成されています。このうち、肌のもっとも表面にある表皮は、さらに細かく角質層(角層)・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層に分類されます。

皮の構造と働き 引用元:https://www.kao.com/

この中で、肌のもっとも表面にある角質層は、細菌やウイルスの侵入を防いだり、肌の水分が蒸発するのを防ぐ役割を担っています。この役割こそが、健康な肌を維持するのに欠かせない「肌のバリア機能」なのです。

敏感肌とは、何らかの原因でこのバリア機能が低下している状態のことをいいます。言い換えると、バリア機能を強化すれば、肌トラブルの少ない肌になれるというわけです。

敏感肌を改善するためのカギは、3つの保湿成分にあります。

バリア機能を支える3つの保湿成分

肌トラブルの少ない肌と、バリア機能が低下している敏感肌には、ある決定的な違いがあります。それは、「皮脂膜」「細胞間脂質」「天然保湿因子(NMF)」が十分に備わっているかどうかということです。

肌のバリア機能はこの3つの保湿因子によって支えられています。どれも肌にもともと存在するものですが、敏感肌の場合、何らかの原因でこれらの保湿因子が極端に少ないことが考えられます。

3つの保湿因子の特徴とそれぞれ役割は次のとおりです。

皮脂膜汗と皮脂が混ざったもので、角質層の表面で水分が蒸発するのを防ぐ役割がある。別名「天然の保湿クリーム」とも呼ばれる。
細胞間脂質細胞と細胞の間を満たし、外部から異物が侵入するのを防ぐ働きをする。セラミドやコレステロールなどから構成される。
天然保湿因子(NMF)水分を含んで角質層内を潤いを満たす。天然保湿因子の約半数はアミノ酸で構成される。

これら3つの保湿因子がバランスよく機能することで肌の潤いが保たれ、刺激に負けない強い肌が作られます。敏感肌を改善するには、保湿重視のスキンケアで肌にたっぷりと潤いを与えることが大切です。

バリア機能の低下が引き起こす皮膚疾患

バリア機能が低下すると、単なる敏感肌や乾燥肌だけでなく、皮膚疾患を発症することがあります。

バリア機能の低下によって起こる皮膚疾患の代表例がアトピー性皮膚炎です。アトピーは生まれつきや体質的なものと思われがちですが、最近は大人になってからアトピーを発症する例が増えています。

成人のアトピーが厄介なのは、症状が悪化すればするほど治りにくく、完治するのが難しいことです。赤い湿疹やジュクジュクした傷ができるほど重症化すれば、スキンケアでは手の施しようがなく、皮膚科に通わなければ症状の改善は見込めません。

また、バリア機能が低下した肌では異物の侵入を防ぎきれず、花粉症などのアレルギーを発症することも。

肌トラブルを「いつものことだから…」と放置していると、いつ皮膚疾患やアレルギーを発症するかわかりません。これ以上肌の悩みを増やさないためにも、日頃から念入りな保湿ケアを心がけて下さいね。

6,敏感肌が気をつけたい美白ケアの+α

美白のためにできることは化粧品を使ったスキンケアだけではありません。毎日の睡眠や食事内容を工夫することで、より一層美肌効果を高められます。

ここからは、敏感肌が実践すべき+αの美白ケアを紹介していきます。

紫外線対策は日焼け止め以外も活用して

紫外線対策は日焼け止め以外も活用して

美白ケアの基本といえば、日焼け止めを使った紫外線対策ですよね。紫外線を完全にカットできれば、シミやくすみなどの肌トラブルはなくなりますが、敏感肌の場合、日焼け止めだけに頼る美白ケアはNGなんです。

というのも、日焼け止め自体が敏感肌には刺激が強く、日焼け止めが原因で肌荒れしてしまう人が非常に多いからです。

日焼け止めの成分は、大きく2つの種類に分けられます。一つは、紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して肌に浸透するのを防ぐ「紫外線吸収剤」です。このタイプはSPF値が高ければ高いほど多く配合されています。

紫外線吸収剤は、UVカット効果が高いというメリットがある一方で、敏感肌にとっては刺激が強く、肌荒れを起こしやすいというデメリットもあります。

もう一つは、紫外線を反射させることで肌に入り込むのを防ぐ「紫外線散乱剤」です。紫外線吸収剤に比べて肌への負担は少ないですが、形状が白い粉末であるため、塗った時に白浮きしやすくなります。

また、粉末が肌の水分を吸収することから、肌の乾燥が気になる場合も。

どちらの成分も、敏感肌に負担をかけるものに変わりはありません。また、紫外線をブロックする指標であるSPFやPAも高ければ高いほど肌に負担をかけてしまいます。

敏感肌でも、直接紫外線を浴びるより日焼け止めを使う方がいいのは確か。ですが、日焼け止めだけに頼った紫外線対策はNGです。

日焼け止め以外の紫外線対策には、帽子やサングラス、マスクの着用が有効です。最近は飲む日焼け止めも販売されているので、お出かけ前に飲んでおくと安心です。

また、すでにできてしまったシミは、皮膚科で処方される塗り薬や医薬品を使うのもおすすめですよ!

バリア機能の強化には睡眠時間も大切

バリア機能が低下している敏感肌は、肌のターンオーバーが乱れがち。肌代謝のサイクルを正常に戻すため、毎日の睡眠時間も工夫することが大切です。

まず、質のいい睡眠を確保するために、就寝後3時間は深い眠りにつけるよう夜のスケジュールを調整してみましょう。この眠り始めてからの3時間肌の生まれ変わりを支える「成長ホルモン」がもっとも多く分泌される時間です。

成長を促す「睡眠の質」 引用元:http://www.takamitu.co.jp/

入眠後約3時間で分泌された成長ホルモンは、その後ゆっくりと時間をかけて全身を巡ります。体のすみずみまで行き渡るにはさらに3~4時間かかりますから、最低でも6時間はまとまった睡眠時間を確保しなければなりません。

ダメージを受けた肌を回復させ、肌細胞の生まれ変わりを促すためにも、質のいい睡眠が取れるよう心がけましょう。眠る前に軽いストレッチやマッサージをしたり、日中は軽い運動を行うことでぐっすりと眠れるようになりますよ。

美白&肌を強くする栄養を食事からとること

肌の基礎を作るのは日々の食事から摂取した栄養素です。化粧品を使ったスキンケアはもちろん大切ですが、健やかで美しい肌を作るには、栄養バランスのいい食事が欠かせません。美白ケアに効果的な栄養素をしっかりと取り入れて、体の内側から美肌を目指しましょう。

食事面から美白ケアをするのに、まず摂取したいのが良質なタンパク質です。タンパク質は、肉や魚、卵や大豆製品に多く含まれますが、ここで注意してほしいのが食品の調理方法です。

肉や魚とひと口に言っても、ハムやソーセージ、缶詰などの加工食品からタンパク質を摂取するのはあまりおすすめできません。というのも、これらの食品には加工の過程でタンパク質意外の食品や添加物が加えられているからです。

タンパク質を摂取する時は、加工食品よりも生から調理した食材を食べることを心がけて下さい。タンパク質を豊富に含む食品には、豚や牛の赤身肉、鶏むね肉、鶏ささみ、イワシ、サケ、マグロ、豆腐、納豆などがあります。

もう一つ、美白ケアにおすすめしたい栄養素がビタミンCです。ビタミンCは野菜や果物に多く含まれる栄養素で、メラニン生成を抑制したり、肌老化を防ぐ抗酸化作用に優れています。

ビタミンCは人間の体内では作られないため、食事やサプリメントから積極的に摂取する必要があります。ビタミンCはレモンやオレンジをはじめとした柑橘類に多く含まれますが、これらの食品を摂取する時に注意したいことがあります。

ビタミンCを多く含む柑橘類には、「ソラレン」という紫外線の感受性を高める物質が含まれていることが多いです。先程紹介したレモンやオレンジなどにはソラレンが多く配合されています。

だからといって柑橘類の摂取を控えるのではなく、紫外線が当たる午前中に避けて、夕方~夜に食べる方がおすすめです。

また、紫外線に当たるとシミができやすい光毒性のある「フロクマリン」という物質にも注意が必要です。フロクマリンは、ニンジン、セロリ、パセリ、ライム、イチジクなどに含まれます。

7,敏感肌の美白ケアにまつわるQ&A

肌トラブルが起きやすい敏感肌も、化粧品選びのポイントを押さえることで刺激の少ない美白ケアができることがわかりました。ここからは、本ページで紹介していない美白化粧品について、敏感肌でも使えるかどうかをQ&A形式で紹介していきます。

Q,敏感肌はオールインワンゲルでは美白ケアはできないの?

A,シンプルなスキンケアは敏感肌の負担を軽減できると思われますが、実は、オールインワン化粧品は敏感肌にはあまりおすすめできません。

化粧水や美容液、乳液などのアイテムを1つのアイテムで補えるオールインワンゲル。あれこれ塗る手間が省けるので、スキンケアの時短につながることが魅力ですね。

しかし、1つの化粧品でさまざまな役割を兼ねるということは、その分配合される成分の種類も多いということ。成分の種類が多ければ多いほど、一度のお手入れで肌にかかる負担は大きくなります。

また、オールインワンゲルで肌トラブルが起きても、成分の種類が多く何に反応したのか特定するのが難しいこともデメリットになります。余計な肌トラブルを防ぐためにも、敏感肌はスキンケア用品を一つずつ使って丁寧にお手入れすることをおすすめします。

Q,ドラッグストアのプチプラで敏感肌におすすめの美白スキンケアは?

A,今回おすすめした商品の中で、ドラッグストアで購入できるプチプラブランドはFANCLやキュレル、ノブなどです。

急な肌荒れに対処するには、通販よりもドラッグストアで購入できる化粧品の方が嬉しいもの。緊急時にこれらの化粧品を購入するのはいいアイデアです。

ただ、通販の方がミニボトルなどの特典がついていたり、割引率が高いなどのメリットがあります。リピート買いする場合は、その都度購入するよりも定期便に申し込む方が安く済ませられることも多いです。

化粧品のストックがないなど、今すぐ必要というほどでなければ、店舗よりも通販での購入がおすすめです。

8,肌に合う化粧品を選び、敏感肌でも安心な美白ケアを始めよう!

肌に合う化粧品を選び、敏感肌でも安心な美白ケアを始めよう!

季節の変わり目やストレスなど、何かと肌トラブルが起きやすい敏感肌。肌に合う化粧品を見つけるのもひと苦労で、美白ケアなどもってのほかと考える人は多かったと思います。

でも、ささいなことが刺激となる敏感肌こそ、徹底した美白ケアでデリケートな肌を優しく守らなければいけません。化粧品選びに迷っている人は、本ページを参考に低刺激で美白効果が高いアイテムを探してみて下さい。

お手入れのコツを掴めば、肌荒れ知らずの健やかな美白肌を手に入れられるはずですよ!

年代別おすすめ基礎化粧品