目元パックで目の下のたるみを防げ!歳なんて言わせないアイパックの効果

目元パックで目の下のたるみを防げ!歳なんて言わせないアイパックの効果。目元のトラブルを順番に解消していきます。

加齢によってあらわれるさまざまな肌トラブル。エイジングケア化粧品やエステを試しても、思うように効果を実感できないという人は多いかと思います。

とくに老け顔のイメージを強くしてしまうのが、目元にあらわれるたるみやクマ。これらの悩み、年齢のせいにして諦めないでください!正しいお手入れをすれば、年齢に関係なく生き生きした目元を取り戻すことができます。

目元のたるみやクマを改善するには、保湿効果に優れたアイパックを使用することがオススメです。

本ページでは、目元のアンチエイジングに関する情報や、アイパックの驚くべき効果を詳しく紹介していきます!

アイクリームランキングでは、実際に購入し使ってみたアイクリームの質感や肌なじみなどをクチコミ報告しています。

目の下に黒いクマ!その正体は「たるみ」

疲れた印象を与える目の下のクマ。寝不足や眼精疲労が原因と思われがちですが、クマにはいくつか種類があり、黒いクマは肌の「たるみ」が原因となっていることがほとんどです。

まずは、あなたのクマがどのタイプに当てはまるかを調べてみましょう。

1.青クマ

まず、目尻を横に引っ張ってみて下さい。引っ張ることでクマの色が薄くなるようでしたら、あなたのクマは青クマです。

青クマの主な原因は、頭部や顔面の血行不良です。血流が滞ることで目の下の色素が赤紫色に変化します。色白の人は青クマが目立ちやすいですが、目元をホットタオルなどであたためると症状が改善することが多いです。

2.茶クマ

しわなどができない若い女性でもできるのが茶くま。クレンジング不足などによる色素沈着が原因です。

目尻を横に引っ張っても皮膚の色が変わらない人は、茶クマである可能性が高いです。

茶クマはアイメイクやクレンジングなどの摩擦が原因で起こります。皮膚が刺激を受けることでメラニン色素が生成され、それが茶クマとなってあらわれるのです。紫外線対策や目元を強くこすらないように気をつけましょう。

3.黒クマ

鏡を前にして上を見た時、クマの色が薄くなるようであれば、たるみが原因の黒クマでまず間違いありません。

黒クマは、皮膚がたるむことで目の下に影ができ、それがクマのように見えるものです。青く間や茶クマと違い、皮膚そのものに色がついているわけではないのです。

黒クマは、早ければ30代から症状が現れ始めます。これは、肌の弾力を保持するコラーゲンやヒアルロン酸などが年齢とともに減少し始めるからです。

また、年齢によって筋力が低下することもたるみの大きな原因となるので、これらを解消することが黒クマの改善につながります。

あなたのクマはどのタイプに当てはまりましたか?それぞれ原因や改善方法が違うので、しっかりと見極めましょう。

目の下に黒クマができる原因

エイジングケアが気になり出す年齢だと、黒クマに悩まされているという人は多いかも知れませんね。ここからは、エンチエイジングの天敵・黒クマができる原因をよく詳しく見ていきます。

目の周りの筋力低下でたるむ

目元パックは、目の周りの筋力低下でたるむなどの症状を速攻で改善させるアイテムではありません。意識し使うことによって改善に導くアイテムです。

黒クマができる大きな原因は3つあります。一つ目は、目の周りの筋力が低下することです。

頬やアゴなどに比べ、目元は筋肉が小さく皮膚も薄いため、顔の中でも皮膚のたるみが現れやすいパーツです。つまり、もっとも年齢が出やすい部分と言い換えることができます。

黒クマは、目の周りの眼輪筋が衰えることであらわれます。眼輪筋とは、目の周りに、ドーナツ状に付いている筋肉で、顔の中に約60種類ある「表情筋」のひとつです。

眼輪筋は目元のたるみに直結します。また、眼輪筋はまばたきや涙の循環をつかさどる筋肉でもあるので、目元の筋力が低下することは、ドライアイや眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の原因にもなると言われています。

加齢による肌のハリの低下でたるむ

黒クマの原因2つ目は、加齢によって肌のハリがなくなることです。

黒クマは別名「影クマ」とも呼ばれ、皮膚がたるむことによって目の下に影ができ、それがクマのように見えることから影クマと呼ばれるようになりました。目が大きい人や涙袋がぷっくりしている人は黒クマができやすいとも言われています。

加齢によって肌のハリが低下すると、黒クマ以外にも目元のシワやくすみが目立つようになります。

加齢を止めることはできませんが、加齢によって現れる症状を目立たなくすることは可能です。黒クマを改善するには、正しく丁寧にエイジングケアをする必要があります。

筋肉にたるまないことを教え込む美容液 ドクターソワ モイストリフトプリュスセラム美容液 公式

眼窩脂肪のふくらみが原因

眼窩脂肪のふくらみが原因となる黒クマ。涙袋ではない位置にぷくっとなるのがそれです。

黒クマの原因3つ目は、眼窩脂肪のふくらみです。

眼球が収納されている部位を「眼窩(がんか)」と呼び、眼窩脂肪と呼ばれる脂肪があります。年齢を重ねると眼球を囲む筋肉の衰えとともに目の下の脂肪は前方に押し出され、膨らみとなって目の下にぽっこりと出てきます。

眼窩脂肪は、わかりやすく言うと涙袋のことです。加齢によって目元がたるむと、眼球が下がり、涙袋が前に押し出されてしまいます。これによって目の下に影ができ、黒クマとなって現れます。

目元のたるみを改善する方法とは?

目の下にできる黒クマは、たるみが原因であったことがわかりました。

では、目元のたるみはどのように改善すればいいのでしょうか?歳をとれば誰でも肌はたるむものと思われがちですが、加齢だけがたるみの原因になるわけではありません。

ここからは、今すぐできるたるみの改善方法を紹介します。

目の周りの筋肉を鍛える

目の周りの筋肉を鍛えるためには、マッサージも必要になってきます。

「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるように、自分が思っている以上に目元から伝わる印象は大きいです。たるみの改善以外にも、目が大きくなったり疲れ目が解消するなど、眼輪筋を鍛えることはいいこと尽くしです。

目元のたるみを改善するため、まずは眼輪筋のトレーニングから始めてみましょう。

その1.目に力を入れてギュッと閉じます。これを5秒間続けたあと、今度は思い切り目を開き、5秒間キープします。これを数回繰り返しましょう。目が疲れている時にもオススメのトレーニングです。

その2.左右上下さまざまな方向を見るトレーニングです。まずは思い切り右方向を見て下さい。限界だと感じたところで5秒キープ。いったん目を楽にして、今度は左・上・下方向で同様の動きをします。

終わったあとは視界がパッと開けるように見えますよ。

その3.人差し指で眉毛を押し上げます。眉毛が元の位置に戻らないようしっかり固定し、その間思い切り下方向へ視線を向け5秒キープ。これも何度か繰り返します。

日常生活で目の筋肉を使うことはほとんどありません。上記3つのトレーニングは眼輪筋をしっかり運動させることができるので、目の筋力アップにつながります。終わった後は、目の周りや額を優しくマッサージすると気持ち良いですよ。

マッサージクリームとして使えるリフト美容液入りビーグレン たるみ・ほうれい線 トライアルセット

バランスの良い食事

目元ケアにパックが良い理由。バランスのとれた良い食事は、目元ケアという意味でも◎

健康な体づくりの基本は、バランスの良い食事を摂ることです。栄養が不足すると肌のコンディションはどんどん悪化していくので、たるみを改善するためには日々の食事内容を見直すことが大切です。

まず、5大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質)・ビタミン・ミネラル)をバランス良く食べることから始めましょう。女性は脂質や炭水化物を控えようとする傾向にありますが、全く摂取しないのはかえって体に良くありません。

とくに、脂質は皮膚の皮脂バランスを保つのに欠かせませんし、炭水化物は新陳代謝をする上で重要な役割を果たします。栄養不足は肌のたるみに直結することを頭に入れておいて下さいね。

また、肌のハリを意識するならば、良質なたんぱく質を積極的に摂取しましょう。たんぱく質は肌の基礎となる栄養素です。コラーゲンを作り出す材料となるのもたんぱく質に含まれるアミノ酸なので、摂取量を意識しながらメニューを考えてみて下さいね。

この他、食物繊維・イソフラボン・ポリフェノールなどが含まれる食品をバランス良く取り入れましょう。

保湿が大切!

目元ケアをきちんとするには、保湿が大事だったりします。

加齢によって肌がたるむ理由として、肌のハリを支えるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が年齢とともに減少することが挙げられます。言い換えると、これらの美容成分が含まれた化粧品で保湿ケアをすると、肌のたるみは改善できるということです。

正しいスキンケアとは、保湿を欠かさないことです。化粧水で潤いを与え、乳液で肌にフタをする。エイジングケアをする場合は、この手順にプラスして、美容液やパックなどでスペシャルケアを取り入れるようにしましょう。

目元のたるみを改善するのに効果的なのが、アイパックです。皮膚が薄く乾燥しやすい目元は、通常のスキンケアだけでは物足りません。肌のコンディションを整えた上で、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿・潤い成分をたっぷり閉じ込めてあげましょう。

目元は年齢が出やすいパーツですが、お手入れを頑張った分だけ変化しやすい部分でもあります。アイパックで丁寧にお手入れしてあげると、見違えるように若々しい目元に生まれ変わりますよ!

アイパックで目元をケア!その効果とは?

アイパックでケアすると、目元はどのように変化していくのでしょうか?ここからは、アイパックがもたらす驚きの効果を紹介します。

アイパックは保湿に最適

保湿に最適だと言われている目元パックには、保湿用もあれば美白用なども存在します。使うパックの用途を確認して使います。

アイパックを使用する目的はいくつかあります。目元の保湿ケアはもちろんですが、たるみやシワ予防、美白ケアなど、用途に応じてさまざまな種類が販売されています。年齢や目的に応じて使い分けることが大切です。

アイパックが優れている点は、目元を重点的に保湿できることです。乾燥によって起きる肌トラブルは、たるみやシワだけではありません。シミやくすみ、吹き出物など、これらは全て乾燥によって症状が悪化する肌トラブルです。

目元は皮膚が薄く、直射日光を浴びやすい場所なので、念入りに保湿ケアするためにはアイパックは欠かせないアイテムと言えます。

たるみによる黒クマを改善

たるみが原因であらわれる黒クマも、アイパックによって改善することができます。

先程も説明しましたが、目元の皮膚がたるんでしまうのは、歳を重ねるごとに肌の弾力を支えるヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどが減少してしまうからです。

コラーゲン、エラスチンなどの美容成分を生成しているのが繊維芽細胞とよばれる細胞ですが、20代頃をピークに徐々に生成が少なくなり、40歳代では50%、70歳代では30%まで減少することが分かっています。

肌の保湿成分であるヒアルロン酸は40歳代までは生成が十分に行われるとされていますが、その後徐々に生成量が減り、60歳代で50%、70歳代で20%程度まで減退します。

お肌の曲がり角という言葉がありますが、折り返しが20代というのが驚きですよね。私はまだまだ大丈夫!と思っていても、肌の老化はあっという間に進んでいくのです。

目元パックには年齢によって減少してしまう美容成分がたっぷりと濃縮されています。日頃からアイパックでお手入れを続けることで、肌のたるみを抑え、たるみが原因の黒クマも予防することができるのです。

たるみによる黒クマには、レチノール配合のビーグレン ビーグレン エイジングケアセット

シワを予防

アイパックは目元のシワ予防にも大きな効果を発揮します。たるみと同じく、シワの原因は年齢によるものだけではありません。若いからと言って保湿ケアを怠るとシワはどんどん増えてしまいます。

シワにはいくつか種類があり、乾燥が原因で悪化するシワを「ちりめんジワ」と呼びます。

「ちりめんじわ」とは、一般的に、主に乾燥が原因とされる、目元にある薄い複数の小さなしわのことを指します。ちりめんじわは、肌表面の角質層の水分が不足することで、肌が柔軟性を失うことでできてしまうとされています。

肌の水分量がしっかりと保たれていれば、ちりめんジワができることはありません。目元はちりめんジワができやすい場所なので、シワ予防という観点からも保湿ケアは非常に大切なステップなのです。

アテニア アイエクストラセラムは、まぶたのやせ・目尻のこわばり・目の下のたまりなどの目元のエイジングに効果的な成分内容になっています。

目元パックの種類

若々しい目元を手に入れるため、目元パックが非常に重要なアイテムであることがわかりました。さっそく試してみようと目元パックを検索しても、さまざまなタイプの商品がヒットして、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

目元パックは大きくわけて3つの種類に分けられます。それぞれの特徴やメリット、選び方のポイントなどを紹介します。

シートタイプ

目元用パックは、美容液を含んで販売されているものもありますが、これは、乾いている目元シートに自分で美容液をたらして使うようです。

保湿成分が含まれているシートを目元に貼り付けるタイプのものです。

袋やケースから取り出してそのまま貼り付けられる手軽さが魅力で、毎日使えるものから週1~2回を目安に使うスペシャルケア用など、さまざまなタイプが販売されています。

また、乾燥したシートに手持ちの化粧品を含ませて使うものもあります。自分の肌に合った化粧品を見つけられた人は、このタイプの目元パックを選ぶのもいいでしょう。

シートタイプの目元パックは、美白・ニキビケア・アンチエイジング・保湿・年齢別など、商品によってそれぞれの効果が全く異なります。含まれる美容成分が自分の求めているものかどうかを確認した上で、正しい目元パックを選ぶようにしましょう。

また、商品に掲載されている使用時間をきちんと守ることも大切です。パックを付けている時間が長ければ長い方がいいと思っている人もいるかも知れませんが、あまり長い時間放置するのはかえって逆効果です。

パックの水分が蒸発し、余計に肌を乾燥させてしまうこともあるので、使用上の注意をきちんと読んで使用して下さいね。

クリームタイプ

クリームタイプの目元美容液。骨格を選ばずに誰にでもベストな効果が期待できるので、おすすめの目元美容液です。

美容成分が含まれたクリームを直接目元に塗り込むタイプのものです。肌の状態に合わせて使用量を調節できることや、骨格を選ばないこともクリームタイプのメリットです。

シートタイプと同じく、使用目的によって含まれる美容成分が異なりますので、たるみ改善に効果のある商品を選ぶようにしましょう。

クリームタイプの目元パックは、たるみが気になるところに優しく塗り込むのが正しい使い方です。マッサージクリームとは異なりますので、ゴシゴシとこすりすぎないように注意して下さい。

ホットアイマスク

ホットアイマスクは、目元美容液や目元クリームの浸透を助ける働きをします。

目元をあたためることで血行不良を解消し、疲れた目を癒す効果のあるホットアイマスク。使い捨てタイプのものや、電子レンジであたためて繰り返し使えるものがあります。

ホットアイマスクは目元のたるみに直接効果を発揮するものではなく、どちらかと言うと血行不良が原因の青クマ改善に効果的です。

シートやクリームの目元パックを終えた後、その上からホットアイマスクで目元をあたためると美容成分がより浸透しやすくなります。たるみを改善したい場合は、ホットアイマスク単独ではなく、シートやクリームタイプの目元パックと併用するのがオススメです。

目元パックの使い方

目元に潤いを与え、たるみを予防・改善してくれる目元パックですが、使い方を誤ると保湿はおろか乾燥を悪化させる原因になります。

目元パックの効果を最大限に引き出すため、以下のことに気をつけて使用して下さい。

パックの前には洗顔

目元パックを120パーセント楽しむためには、洗顔をしておくことも大事です。

目元パックには保湿や美容成分がたっぷり含まれています。効率よく肌に浸透させるためには、メイクや皮脂などをきちんと洗い流してから使用しましょう。

洗顔で肌の汚れを落としてから、化粧水で肌の水分量を整えます。目元パックを使用する順番ですが、化粧水の後に使うものや乳液の後で使うものなど、商品によって異なります。使用方法を確認した上で、順番を守って正しくお手入れして下さい。

メイクしたままの状態や洗顔前に目元パックを使っても、効果はほとんどありません。これは、メイク用品の油分や皮脂汚れが邪魔をして、美容成分が肌に浸透しないからです。目元パックは、洗顔後肌を整えてから使用しましょう。

目元パックは温める?

目元用パックはチンしちゃだめです。

目元パックで保湿ケアをしたあと、お手入れした部分を手の熱であたためることによって美容成分が肌に浸透しやすくなります。パックの後、手のひらで優しく包み込むようにあたためるのがオススメです。

ただ、パックそのものをあたためてしまうのは逆効果です。ネット上に、化粧品をレンジであたためてから使用する美容法が良いと書かれているページがありますが、これは全くの誤りです。

美容成分の中には熱に弱いものもあり、レンジで加熱することによって成分自体が破壊されてしまうものもあります。袋やパッケージの変形・破損で思わぬ事故の原因となることもありますので、絶対にやめて下さい。

使用時間を守る

目元パックを使用する上で、もっとも注意すべき点はパックの使用時間です。主にシートパックに言えることなのですが、長い時間付けたからと言ってその分効果が大きくなるわけではありません。

長時間放置すると、シートに含まれる水分が蒸発し、せっかく肌に閉じ込めた美容成分も一緒に蒸発してしまいます。少し動いただけでシートがはがれるようであれば、使用時間が長すぎる可能性があります。

目元パックを使うことに肌が乾燥してしまっては元も子もありません。商品に書かれている注意事項をよく読み、正しい使用時間の範囲でお手入れするようにして下さいね。

目元パックで若々しい目元に!目のたるみを予防しよう

年齢のせいだと諦めていた目元のたるみは、正しいお手入れをすることでしっかりと改善することができます。

保湿効果に優れた目元パックは、目元のたるみはシワ、黒クマを予防するのにもっとも効果的なアイテムです。

目元パックでエイジングケアを始めて、年齢を感じさせない若々しい表情を手に入れましょう!

年代別おすすめ基礎化粧品