乳液(クリーム)を含むトライアルセット人気ランキング

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット

アンプルールホワイトは皮膚科医さんの作り出した基礎化粧品。美白成分であるハイドロキノンを配合して作られた美白スキンケアを使った感想を写真付きで口コミ報告していきます。

1,500円(税込) / 7日分

数々の雑誌やランキングサイトのベストコスメに輝いた実力コスメ!点と面でWケアする美白基礎化粧品トライアルキット。お薬のつけ心地のクリームが美白ケアの肝。

写真付レビューへ公式ホームページへ

ビーグレン 美白ケアトライアルセット

ハイドロキノンが配合されたビーグレン 美白ケアトライアルセットを使ってみました。肌なじみや質感などの感想をクチコミ報告します。

1,800円(税抜) / 7日分

シミを薄くするハイドロキノンとメラニン生成を抑えるアルブチンが、美白したい私を強力サポートしてくれるパーフェクトなドクターズコスメのお試しセット。

写真付レビューへ公式ホームページへ

HANAオーガニック保湿トライアルセット

日本生まれのオーガニックスキンケア HANAオーガニック。保湿お試しセットが発売されていたので入手しました。こんな感じの6点セットです。

1,480(税込み) / 7日分

慢性的な肌荒れの要因となっている微弱炎症に、オーガニックオイルで立ち向かうスキンケア。香り・テクスチャーに特化したお試しセット。

写真付レビューへ公式ホームページへ

フラセラ プレミアム トライアルセット

ドクターズコスメであるフラセラお試しセットを使ってみました。使用感を写真付きで口コミ報告しています。

1,800円+税 / 7日分

アンチエイジング医療に特化した美容皮膚科医によって厳選された美容成分が肌悩みに働きかける『肌を治療(スキンキュア)するドクターズコスメ』

写真付レビューへ公式ホームページへ

エトヴォス モイスチャーライン(保湿ケア)お試しセット

エトヴォスモイスチュアライジングは保湿ケア化粧品。

980(税抜) / 14日分

肌に優しいと評判のミネラルコスメを日本で最初に販売した会社が作った乾燥肌・敏感肌のための基礎化粧品が試せるトライアルキット。

写真付レビューへ公式ホームページへ

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

リニューアルされたアスタリフトホワイトお試しセットはこんなセット内容になっていました。

1,000円+税 / 5日分

アスタキサンチンと3種のコラーゲンで肌にハリとうるおいを補充して、美白有効成分アルブチンとビタミンC誘導体で美白ケアするアスタリフトのセットです。

写真付レビューへ公式ホームページへ

ビーグレン エイジングケア トライアルセット

ビーグレンエイジングケアお試しセットには、レチノールが配合されたレチノAクリームが入っています。シワに効くレチノールが配合されたビーグレンキューソームクリームの使用感報告します。

1800円+税 / 7日分

化粧水以外はすべて欲しい!と思ったお試しセット。数種類のセラミドによる保湿効果が肌を柔らかく、若々しい印象にしてくれそうなトライアルセット。

写真付レビューへ公式ホームページへ

資生堂 エリクシールホワイト トライアルセット eT

資生堂エリクシール美白ケアの日中美容液もセットでお買い得なトライアルセットの内容公開

1,210円(税込) / 7日分

新発想の日中用美容乳液『化粧下地+日焼け止め+乳液』が一つになった、デーケアレボリューションまで試せる資生堂の通販限定スキンケアお試しセット。

写真付レビューへ公式ホームページへ

ディセンシア(DECENCIA)サエル10日間トライアルセット

敏感肌専用コスメ アドバンスホワイトニングケアsaeru(サエル)お試しセットの内容は化粧水+美容液+クリーム。

980円(税込) / 10日分

青ぐすみ(乾燥)・赤ぐすみ(炎症)・黄ぐすみ(過剰なメラニン生成)などのくすみ対策に有効。敏感肌用のスキンケアブランドdecencia(ディセンシア)のホワイトニングライン。

写真付レビューへ公式ホームページへ

オルビス アクアフォーストライアルセット

オイルカット処方のスキンケアを販売しているオルビスから、アクアフォーススキンケアがリニューアル販売されていました。こちらは、オルビスクリア(にきび用)に比べると乾燥している肌向けのスキンケアとなります。

1,320円(税込) / 21日分

角層0.02ミリに隠れているスカスカな部分を、うるおいマグネットAQで満たして、肌の水分量自体をアップ。オルビスの油分に頼らない保湿方法はここまできました!

写真付レビューへ公式ホームページへ

ファンケル 無添加ホワイトニング美白1ヵ月実感キット

ファンケル 美白お試しセット 美白トライアルセットを使ってみました。洗顔用の泡立てネットが変わっていたので、そちらも詳しく説明します。

1,830円(税込み) / 約30日分

肌にとどまるメラニンの排出や、メラニンの生成を抑えるなど、シミの基となるメラニンに着目して作られたファンケル美白スキンケア。

写真付レビューへ公式ホームページへ

富士フイルム ルナメアAC ニキビケアトライアルキット

富士フイルム ルナメアAC 1週間お手入れキットでニキビのできにくい肌に整えてみたいと思い、お試しセットを注文しました。

1,000円+税 / 7日分

革新的なスキンケアを提案する富士フイルムヘルスケアの『毛穴に導かれる化粧水とジェルクリーム』が入った大人ニキビ肌専用スキンケアセット。

写真付レビューへ公式ホームページへ

HANAオーガニックお試しセット

ハナオーガニックの美白お試しスキンケアトライアルセットが販売されていました。今回は日焼けどめと美白美容液がついてます。

1,480円 / 7日分

ナノテクノロジーを利用しない、本当のナチュラルを追及して生まれた、女性のためのオーガニックスキンケア。

写真付レビューへ公式ホームページへ

資生堂WASO (ワソウ)トライアルセット

和食のフィロソフィー(素材の良さを引き出す)から生まれたスキンケア。

2,160円(税込み) / 約7日分

資生堂から販売が始まった「ありのままの肌を守りたい」人のために作られたボーダーレスなスキンケア。5つの自然素材を柱としたナチュラル化粧品です。

写真付レビューへ公式ホームページへ

ラクトフェリンラボ お試しセット

サラヤ化粧品が販売しているラクトフェリンラボ お試しセットを使ってみました。使った感想を写真付きで口コミ報告します。

1,200円(税込) / -

ナチュラルな素材にこだわって商品作りをしているサラヤから生まれた母乳にも含まれるラクトフェリン配合のスキンケア。

写真付レビューへ公式ホームページへ

エトヴォス バイタライジングライン(エイジングケア)お試しセット

老舗MMUメーカーのエイジングケア基礎化粧品エトヴォス バイタライジングライン お試しセットの内容はこんな感じになっていました。左の太めボトルはバイタライジングローション、その側にあるのが洗い流し用スキンピールジェル、ジャータイプのバイタライジングクリーム、その上にあるのがクリアソープバーとなります。

2,200円(税抜) / 14日分

最先端の医学を応用して作られた話題の幹細胞コスメ。表皮と真皮どちらにも働き掛けができるスキンケアとして、若返りを求めてやまない大人女子から熱い注目を浴びている基礎化粧品です。

写真付レビューへ公式ホームページへ

ビーグレン 目元ケア トライアルセット

ビーグレン目元ケアお試しセットの使用感を写真付きでクチコミ報告していきます。

1800円+税 / 7日分

乾燥・たるみ・くすみ・くまなど目元の悩み改善用目元クリームも試せるトライアルセット。目元ケア初心者には、とってもおすすめなセット内容になってます。

写真付レビューへ公式ホームページへ

サンスター ホワイトロジー美容液お試しセット

サンスター ホワイトロジー美容液お試しセット ホワイトロジーエッセンスを購入しました。

900円+税 / 7日分

サンスター 美白成分リノレックSと、黒色を淡色化するビタミンC誘導体が配合された美白トライアルセット。メラニンを作らせない・肌に残さないためのスキンケアです。

写真付レビューへ公式ホームページへ

ビーグレン ニキビケア トライアルセット

カリフォルニアで誕生したビバリーグレンスキンケアでは、悩みに応じたスキンケア提案をしており、お試しサイズも用意されています。これはニキビケア用お試しセットです。

1800円+税 / 7日分

油溶性⇒水溶性⇒油溶性⇒水溶性とスキンケア成分を交互にミルフィーユ状に包み込んで浸透させるニキビ用サイエンスコスメの登場です。

写真付レビューへ公式ホームページへ

muNoage(ミューノアージュ)トライアルキット

皮膚科医さんが作ったエイジングケア化粧品ミューノアージュ お試しセットには、7つのペプチドが配合。muNoageトライアルキットを使ってみた感想を写真付きで口コミします。

1,620円(税込)(4000円相当が) / 10日分

肌再生成分として注目される7つのペプチドを配合したエイジングケアクリーム入りトライアルキット。皮膚科専門医が作った最先端の『肌再生』ドクターズコスメ!

写真付レビューへ公式ホームページへ

悩み別人気基礎化粧品トライアルセットランキング

  • 美白・シミ
  • 毛穴ケア
  • 保湿ケア
  • 角質ケア
  • ニキビ・吹き出物
  • アンチエイジング
  • ドクターズコスメ
  • 無添加

保湿だけじゃない!洗顔やパックまで乳液の活用方法

毎日の保湿ケアとして使っている乳液。普段なにげなく使っている乳液ですが、最近ではクレンジングやパックなど、色々な活用法があるんです。

また先行乳液と言って、化粧水の先につける乳液も新しく登場しています。これらの通常と違った乳液の使い方にはどんなメリットがあるんでしょうか。

乳液クレンジング、乳液パック、先行乳液など、言葉は聞いたことがあるけれど実際に試したことない方のために、今回は乳液のスペシャルな使い方や、どんな肌質の方にお薦めなのかなど、いつもと違った乳液の使い方をご紹介します。

乳液の役割り

肌の表面を覆っている皮脂膜は、角質層にある水分が蒸発するのを防ぎ、肌を柔らかな状態にしてくれます。その効果が一番発揮されるのが、クレンジングや洗顔後です。

洗顔後の肌は皮脂膜が薄くなり、乾燥しやすい状態です。皮脂膜は時間が経てば自然と作られますが、乳液は皮脂膜ができる間のつなぎとして、水分の蒸発を防ぐ目的があります。

そしてもう一つの役割りが、脂溶性の美容成分を肌に届けることです。化粧水に含まれる成分のほとんどが水溶性のため、肌に水分を補充することはできますが、保湿には不十分です。肌には水溶性の成分と脂溶性の成分があるため、脂溶性の成分も補ってあげる必要があるのです。

ここで気になるのが美容液です。美容液と乳液は形状も似ている為何が違うの?と疑問に思いますが、美容液は保湿の他に美白やアンチエイジングなど、目的によって配合されている美容成分が異なります。

美容液の効果は、配合される美容成分により様々ですが、乳液の基本的な働きは保湿です。水分と油分の混じり合った乳液は皮脂膜の代わりとなって水分の蒸発を防ぎ、美容成分によって保湿効果が得られるのです。

しかし最近では、乳液に美容液のような効果を組み込んだ、美容乳液というものも登場していますね。美容乳液は乳液の保湿効果に加えて美容液のような高い美容効果が期待できます。

脂性肌に乳液は不要?脂性肌の乳液の使い方

よく脂性肌だからと乳液をつけない方がいます。また、ニキビが沢山できている時などは特に油分をつけるのに抵抗があるのかもしれません。10代の頃の皮脂の分泌が盛んな年代ならそれでも良いでしょう。

しかしニキビがあったり、顔がテカっている人すべてが脂性肌なわけではなく、インナードライの可能性もあるのです。インナードライは、肌内部の水分量が少なく、表面の皮脂量が多い肌状態。

そのため表面はテカっているけど内側は乾燥しているのが特徴です。紫外線によるダメージや、不規則な生活、強すぎるクレンジング剤の使用や洗顔のし過ぎなどが、インナードライを招きます。

洗顔後何もつけてないと顔がつっぱったり、毛穴の開きが気になる、肌の表面が固いなどの症状はインナードライの可能性があります。気になる方はコスメカウンターで水分量と油分のバランスをチェックしてもらいましょう。

インナードライはバリア機能が低下することで肌内部の水分の蒸発を防ぐことが出来なくなっている状態です。いくら化粧水で保湿しても、油分がないと肌に浸透する前に蒸発してしまいます。

化粧水でうるおいを補給した後は乳液を使い油分も補いましょう。内側の水分量が増えることで皮脂の過剰分泌がおさまり、表面のテカリが気にならなくなってきます。

乳液の基本的な使い方をおさらいしましょう

乳液の活用法をご紹介する前に、まずは乳液の基本的な使い方をご紹介します。通常、乳液は洗顔後に化粧水で水分を補った後につけます。美容液をつける方は乳液の前に、クリームをつける方は乳液の後にクリームをつけるのが基本です。

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームの順番になります。

乳液とクリームの差は配合されている使用成分の配合率です。乳液は通常20%~30%程度の脂溶成分で、クリームはそれ以上の脂溶成分が含まれています。そのため乳液はクリームに比べてさっぱりとした使い心地なので、ベタつきが気になる方にはクリームは使わずに乳液だけですませても良いでしょう。

肌の状態は人それぞれなので、クリームをつけなくても肌が潤っている方は、特にクリームをつける必要はないです。ベタつくのが苦手だけれど、肌が乾燥するという方は、乳液を少量に分けて重ねつけしてください。

また混合肌の方は、乾燥しがちなUゾーンから乳液をつけ始めて、額、最後に鼻の順番で付けると自然につける量が調節できます。

乾燥肌には乳液クレンジングや乳液パックをお勧めします。次では乳液クレンジングの詳しい方法をご紹介します。

乾燥が気になる方必見!乳液の活用方法

いくら保湿ケアをしても肌が乾燥するという方は、もしかしたらクレンジングに問題があるのかもしれません。肌の乾燥の一つにはクレンジングによる皮脂の取りすぎがあります。クレンジングは肌の汚れを落とすものですが、同時に大切な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌の原因となるのです。

そこでお勧めしたいのが乳液クレンジングです。乳液クレンジングは通常のクレンジング剤の代わりに乳液でメイクを落とす方法です。乳液でメイクが落ちるなんて意外ですが、乳液には油分が含まれているので、薄い化粧なら落とすことができるのです。

やり方はとっても簡単。コットンに乳液をつけて肌になじませるようにふき取るだけです。メイクが浮いてきたら新しいコットンに乳液やふき取り化粧水をつけてよくふき取りましょう。

コットンにつける量は通常肌につける量の3倍~5倍程度、たっぷりと付けてください。さすがにマスカラなどのポイントメイクまでは落しきれませんので前もって専用のリムーバーなどで落としておきましょう。

乳液クレンジングは肌への刺激も少なく、皮脂を取り除くことがないので、クレンジング後に肌がつっぱることもありません。肌の乾燥が激しい時や、敏感肌の方にお勧めです。

朝は乳液でもっちり肌に!乳液洗顔とは

乳液クレンジングがあるならもちろん乳液洗顔もあります。朝、洗顔をする時に洗顔料を使う方、水だけで洗顔しているけど皮脂がきちんと落し切れていないようで気になる方などにお勧めです。

こちらも、やり方は簡単。通常のクレンジングの代わりにたっぷりの乳液を肌にのせてくるくるとマッサージするだけです。乳液に含まれている油分が寝ている時に分泌された皮脂と馴染んですっきり落とすことができますし、こうすることで肌が柔らかくなり、古い角質が剥がれやすくなります。

最後にきれいなコットンに乳液やふき取り化粧水をつけてオフするだけです。ニキビが気になる方や肌がくすんでいる方はピーリング効果のある乳液を使用すれば、より効果的でしょう。

乳液洗顔の後はしっとりとして肌が柔らかくなります。続けていくうちに肌の保湿力も上がってきて乾燥肌も改善されるでしょう。冬の乾燥が気になる時やファンデーションののりが悪いと感じたらぜひ試してみてください。

乳液パックや乳液美容液の紹介

乳液で洗顔やクレンジングすることに抵抗がある方は乳液パックがお勧めです。洗顔後、化粧水で肌を整えたら乳液をたっぷり顔にのせるだけです。この時、口元や目元などの乾燥の気になるところは多めにつけましょう。

だいたい10円玉3,4個分くらいの量をたっぷりと塗っていきます。そのまま15~30分程度待ちます。すると乳液が白から透明に変化してきます。全体的に透明になってきたら最後に軽くなじませて、余分な油はティッシュで軽くオフします。

この時ティッシュで肌を擦らないように、気を付けてください。上から軽く抑えるようにしましょう。こうすることで肌の保水機能が高まり、肌がうるおってきます。

化粧水を使ってパックするローションパックもありますが、この場合は終わった後に乳液やクリームで油分を補う必要があります。

しかし乳液にはもともと水分と油分の両方が配合されている為、乳液だけで完結できるんです。粉吹きやカサつきの改善はもちろん、乾燥が原因の小じわや肌のくすみにも効果があります。

但し、ニキビなどで肌が炎症している時は悪化させる可能性がありますので控えた方が良いでしょう。

乳液先行とは?どんな肌に合うの

乳液先行とは、化粧水をつける前につける乳液のことです。ここでは乳液先行のメリットや、どんな人にお薦めなのかをご紹介します。

この先行型の乳液はコスメデコルテやアルビオン、イグニスなど、一部の化粧品メーカーから発売されています。化粧水の前に乳液をつけることで肌の保湿効果が高まって、乾燥肌が改善されます。

肌の乾燥がひどい時は肌が固くなっているので、化粧水をつけてもうまく浸透してくれない時があります。そんな時は油分を含む乳液を最初に肌につけることで浸透性が高まり、その後につける化粧水の水溶性分が肌になじみやすくなるのです。

化粧水をたっぷりつけているのになかなか肌の乾燥が改善されない方や、乾燥による大人ニキビがある方は試してみても良いでしょう。特に大人ニキビは乾燥肌に加えて、ニキビ周辺の肌が固くなっていますのでお勧めです。

しかし、乳液先行はどの乳液でもよいというわけではありません。通常の乳液の中には化粧水の水分を閉じ込める、いわゆる“ふた”のような役割をしているものもあります。

乳液先行型の商品は次につける化粧水の浸透を妨げないように作られている、乳液先行は専用の乳液を使いましょう。

最終的には自分の肌で確かめよう

いかがでしょうか。乳液一つでも色々な使い方ができるんですね。乾燥が気になる方はぜひ試してみてください。購入の前にはトライアルセットで何日か試しに使ってみる事をお薦めします。

各乳液のコンセプトや成分表をチェックした後は、自分の肌に実際に付けて使い心地を確認してください。しっとり用の乳液となっていても、乾燥が激しい肌だと、あまりしっとり感が感じられない場合もあるでしょうし、逆にベタベタしすぎる事もあるでしょう。

乳液はそれぞれの肌の状態によって使用感が変わって来ますので、レギュラー商品を購入の際は、必ずトライアルセットで試してみてくださいね。