資生堂レシピストrecipist トライアルセット

資生堂からレシピストというシンプルなスキンケアの販売が始まっていました。美白やエイジングに良い有効成分などが入っているわけではないため、私には縁がないスキンケアだとスルーしていました。

数量限定で発売されている「資生堂レシピスト選べるトライアル現品セット」では、化粧水の他にボディローション、ハンドクリームなどがセットで1880円(税込み・送料込み)でお試しできるよう。

資生堂レシピストお試しセットでは、4タイプの化粧水、3種類のボディローション、3種類のハンドクリームから、1種類ずつ選んで届けてもらうことができます。

寒い日は続いていますが、そろそろ春になるし、ヒザ下の保湿をしなければ…と思っていたところなので、ちょうど良いので購入してみました。

レシピスト化粧水は4タイプから選べます。

資生堂レシピスト化粧水は4タイプから選ぶことができます。ライト・リッチ・モアリッチの4種類となっています。迷っても大丈夫、簡単なチェックをすることで、自分にあう化粧水を選ぶことができる診断テストもあります。

バランスととのう化粧水⇒ライト・リッチ
しっかりうるおう化粧水⇒リッチ・モアリッチ
から選ぶことになります。チェックリストが用意されていたので、診断してみました。

大きく、乾燥するかしないか?で振り分けられるようで、私は乾燥するのでYESをチェックします。
チェックしていったら、こうなりました。私は化粧水タイプで言うとモアリッチを選択しました。

さすがシンプルケアらしく、「乾燥する?気にならない?」からはじまり、「吹き出物ができやすい?できにくい?」や「ファンデーションのノリが悪いときがある?ない?」など、2項目チェックしたら、私向きの化粧水モアリッチタイプに決まりました~。

資生堂レシピストのバランスととのう化粧水には、ニキビ対策ができません。

原因がバラバラのため、症状だけで考えるとして「吹き出物=にきび=大人にきび(20歳をすぎたら…)」と、とらえている私にはひとつ疑問がわきました。

「バランスととのう化粧水ライト」でニキビや吹き出物は良くなるのかしら?と成分を調べてみたのですが、配合成分中、抗炎症効果があったのは「イザヨイバラエキス」だけだったので、にきびや吹き出物に凄く効果があるとまでは言えない気がしました。

炎症やアレルギーを抑えるトラネキサム酸や、殺菌・消炎効果を持つグリチルリチン酸ジカリウム入りの資生堂dプログラム アクネケアトライアルセットなどもあります。ニキビや肌荒れで悩んでいる時期には、抗炎症作用を持つスキンケアのほうが効果的だったりします。

資生堂レシピストボディローションを選びます。

資生堂レシピストボディローションは3種類。左からローズ、ローズマリー、ヴァーベナとなっています。どれが良いか迷いましたが、ローズを選択、ハンドクリームをローズマリーにしたいと思います。

そして資生堂レシピストのボディローションを選びます。ローズ・ローズマリー・ヴァーベナ、3つの香りから1つを選びます。香りの特徴は ↓ のようになっています。

資生堂レシピストの選べる香りは3種類。これ、ちゃんとみておけば、ヴァーベナにしたのに…ってことにならないようにのせておきました。

ハンドクリームとボディローションは、別々の香りが選べるので、ボディローションには「ローズ」を選びました。

資生堂レシピスト ハンドクリームを選びます。

資生堂レシピスト トライアルキャンペーンでは、ハンドクリームも自分で好きな香りを選ぶことができます。ボディローションとの微妙な違いが知りたくて、ローズマリーを選択しました。

レシピストボディローションは「ローズ」を選んだので、ハンドクリームは「ローズマリー」にしました。

資生堂レシピスト 現品トライアルセットはこんな感じで届きました。

画面いっぱいの大きな箱サイズで届きました。あれ、何頼んだっけ?間違った?と思うレベルでちょっと驚きました。
資生堂ワタシプラスの箱って何パターンぐらいあるんだろう。今度からはきっちり量ってみます。

資生堂レシピスト 現品トライアルセットは、左側が重い、大きめの箱で届きました。資生堂でいろんなトライアルセットやお試しセットを頼んだことがありますが、このサイズの箱は初めて見ました。

資生堂ワタシプラスの箱の開け方-ぐいっと手前に引き上げると点線にそって箱が開きます。
伝票やら薄めのパンフレットやらをどかすとこんな感じになってました。

ダンボール上部にかかれている指示どおりに、矢印部分にあたる箱の手前部分をぐいっと引き上げます。中には伝票や薄めの冊子がありました。ささっと横にまとめて開けすすめます。真ん中に穴の開いた仕切りのしたにお試しセットがありました。

ダンボールの中はこんな感じで、袋に資生堂レシピスト現品セットが入って届きました。
袋ごとよいしょっと持ち上げると、資生堂レシピストのオリジナルの袋みたいです。

こんな感じで紙袋に入って届きました。袋つきで届くということもあるのですが、袋は畳んで入れてあることがほとんどだったので、ちょっとびっくりです。意外と良い感じ、ひもを持って持ち上げたら、紙袋の横に小さなお花のプリント発見。レシピストオリジナル紙袋になってました~。

資生堂レシピストスキンケアを袋からだしてみます。

資生堂レシピストしっかりうるおう化粧水モアリッチが登場しました。
資生堂レシピストしっかりうるおうボディローション ローズの香りも登場です。どちらも現品サイズなので大きめです。

まず、真ん中に鎮座(ちんざ)していたしっかりうるおう化粧水、そしてしっかりうるおうボディローション。モアリッチ化粧水の方は淡いベージュ?みたいな色でボディローション(ローズの香り)は、淡いピンク色をしてます。

資生堂レシピストすべすべ仕上げのハンドクリーム ローズマリーの香りも登場です。
最後は、資生堂レシピストオリジナルハンドタオルです。

上の2つの他にも、レシピストハンドクリーム(ローズマリーの香り)、オリジナルのハンドタオルが入っていました。ハンドクリームはボディクリームと同じ淡いピンク色、レシピストオリジナルハンドタオルは、真っ白です。

資生堂レシピストrecipist トライアルセットのセット内容はこんな感じ。袋もついてます。

資生堂レシピスト 現品トライアルセットのセット内容はこんな感じです。左からボディローション、しっとり化粧水、ハンドクリーム、オリジナルハンドタオルとなります。

届いて思ったのですが、スキンケアデビューセットっぽい感じでとっても◎なので、今年中学生になった姪っ子2人、高校生になった姪っ子1人、来年中学生になる姪っ子1人にプレゼントしたいぐらいです。【レシピスト 選べるトライアル現品セット 980円(税込み・送料込み)】は、1人1回限りの数量限定キャンペーンなので、もう使えませんが、別途購入しようかと考えています。

高校生になった姪っ子以外は、ハンドクリームは必要なさそうなので、リップクリームをカスタマイズしても良さそう。ショップ袋も可愛かったので、3アイテム購入ごとに1袋つけてくれないかなぁ…

しっとり化粧水を使ってみました。

資生堂レシピストお試しセットのしっかりうるおう化粧水モアリッチはこのサイズ。
資生堂レシピストモアリッチ化粧水は、とろーっとしたしっかりトロミありの化粧水です。

資生堂レシピストモアリッチ化粧水は、220ミリリットル入っている現品タイプ。肌悩みの少ない人向けのスキンケアとなってます。なので、しみやほうれい線などのしわに悩む私向けでないことは明らかですが、娘に譲る前に使用感確かめてみます。

資生堂レシピストしっとり化粧水モアリッチの肌なじみと使用感を写真付きでクチコミ報告します。
シンプルスキンケア レシピスト化粧水一番うるおうモアリッチ化粧水の肌なじみや質感を写真つきでクチコミ報告します。

ローズ?ほのかに甘酸っぱい香りがするのですが、病院っぽい香りも感じられるような…どちらにしても長時間続くわけではなく、あっという間に感じられなくなりました。

お化粧を落とさずに寝てしまうと、次の日には100パーセント化粧ノリが悪くなる40歳オイリー肌の私としては、1度塗りでは物足りなく、がっつり2度塗りでようやく一安心できる保湿具合になりました。

とろみがあるのに、さっぱりする感じなので、娘にあげる前にしばらく首元に使ってみようと思っています。普通のクリームだと勿体なく感じたり、ベタベタが気になったりするのですが、どちらもクリアできそうです。

レシピストボディローションの肌なじみや香りについて。

資生堂レシピストしっかりうるおうボディローション ローズの香りを使ってみた感想を写真付きでクチコミ報告します。
資生堂レシピストボディローション  ローズの香りのテクスチャーを写真付きでクチコミ報告します。

資生堂レシピストボディローションは、200ミリリットル入った現品タイプ。今回、資生堂レシピストトライアルセットをお試ししたくなった理由のひとつがこれです。

レシピストボディローションの香りやテクスチャーの肌なじみなどを口コミ報告中。
資生堂の中でもシンプルスキンケアにあたるレシピストは、肌なやみの少ない若い世代向けに作られたスキンケアシリーズのようですが、リーズナブルだし私も試してみよう~と使ってみることにしました。

トローッとしていて、乳液を濃くしたようなテクスチャーのレシピスト ボディローション。なめらかでとても良い感じにのびてくれます。香りもまずまずといったところ。

レシピストボディクリームは、顔に塗っても良いの?と思い調べたら、尿素が入っていることがわかりました。尿素は、肌を柔らかくするために入っている成分で、ぴりつくので、顔に使ってはだめみたいです。

顔用の保湿アイテムが無いからといって、ボディローションを顔に塗ってはいけない理由の一つがこの成分にあります。尿素といって、ハンドクリームなどに配合されている成分。肌を柔らかくする作用を持つ強い成分であるため、配合量などにもよりますが、顔につけるとかなりの確率でピリつきます。

資生堂レシピスト ハンドクリームを使ってみました。

資生堂レシピストは、すべすべ仕上げのハンドクリーム。ローズマリーの香りが良い感じです。
資生堂のハンドクリームって初めて使ったかも。というか、ハンドクリーム自体あまり利用してないのよね。

手肌が丈夫であるため、ハンドクリームを使わない生活を送っている私ですが、今年は乾燥が凄いので、手袋のみ使いはじめました。(スキンケアしたらそのままの手でコットン手袋するだけなんだけど)

資生堂レシピスト ハンドクリームは、寒いからなのか、見た感じだと固め。

資生堂レシピスト ハンドクリームの肌なじみや質感を写真付きで口コミ報告します。
資生堂レシピスト ハンドクリームは、ベタベタしないか?さらっとするのかを写真付きで口コミ報告します。

手にのせ、温めてから全体にのばしてみたところ、少量でも良い肌なじみ具合でした。普段使わない私でも、そんなに違和感なく使える感じ(でもやっぱり気になるので、コットン手袋は必須なのですが)

コットン手袋オンリーだと、外したらすぐ乾燥が気になりだすのですが、レシピストハンドクリーム+コットン手袋 だと、手がうるうるして◎

ニベア マシュマロケアと比べてみました。

娘はボディクリーム利用者のため、あれこれ使っていました。写真左はニベアマシュマロケアボディミルクのヒーリングシトラスです。

娘がいつも利用しているニベアのマシュマロケアボディミルク。ニベアハッピータイムボディミルクに始まり、ニベアスキンミルクを経てマシュマロケアボディミルクで落ち着いているようです。近所の薬局ではジョンソンボディケアの保湿ローションがお安いので勧めたら「使ったことあるけど、ニベアのほうが良かった」とのことでした。

こだわりの強い娘に、資生堂レシピストを手渡すと「使ってみる」と脚にヌリヌリ。香りがローズということもあり、「塗った感じとかは悪くないけど、においが慣れない…」と感想をくれました。

母的には「それぐらいの香りが助かるんだけど~」と心のなかで思ってました。(ニベアのヒーリングシトラスは香りが強く、風呂上がりにリビングで塗られると換気しなきゃいけない事も多いので)早急に柑橘系の香りがするというヴァーベナを入手したいと思います。

ヴァーベナの香りが気になります。

資生堂レシピストのヴァーベナで思い出したナーベラー。これをイメージしていたためにヴァーベナを選択しなかったのですが、本当は全然ちがうものでした。

https://www.okireci.net/foods/luffa.htmlからお借りしてきました。

柑橘系の香りが大好きな私が、ヴァーベナを購入しなかった理由がコレです。完全に「ヴァーベナ」と「ナーベラー」を勘違いしていました。きちんと香りの説明を見ておけば良かったー、ヴァーベナ嗅いでみたいので、【1品でも送料無料キャンペーン】の間に頼んでみたいと思います。

資生堂レシピスト トライアルセット詳細

商品名資生堂レシピスト トライアルセット
分 量-
価 格1,880円(誰でも使えるクーポン利用時)
送 料送料無料(1品でも送料無料キャンペーン中のため)
特 徴 保湿角質
セット内容資生堂レシピスト化粧水 220mL
資生堂レシピストボディローション 200mL
資生堂レシピストハンドクリーム 50g
   +
オリジナルハンドタオル

資生堂レシピストrecipist トライアルセットの購入はこちら