ビーグレン ニキビケア トライアルセット

ドラッグデリバリーシステムの第一人者であるブライアン・ケラー博士の開発したサイエンスコスメを見つけました。繰り返してしまう大人ニキビの原因に着目して、4つのポイントに絞って大人ニキビ肌からの改善を試みるスキンケアのようです。

カリフォルニアで誕生したビバリーグレンスキンケアでは、悩みに応じたスキンケア提案をしており、お試しサイズも用意されています。これはニキビケア用お試しセットです。

マイナスイオンの泥洗顔をすることにより、「黒ずみ・汚れがスッキリ」するという、クレイ洗顔を利用したニキビケア方法を提案されていました。

「クレイがニキビにどう良いの?」と思っていたら、クレイ洗顔料に配合されているモンモリロナイトには、古い角質・皮脂・垢・ニキビ菌・メイク汚れなどを吸着する力があると紹介されていました。

なんだか良さそう ということで早速使ってみたいと思います。

マイナスイオンの泥洗顔でこすらずキャッチします。

汚れを吸着して離さない天然クレイが配合されたビーグレン クレイウォッシュ洗顔料を使った結果⇒メイク汚れや古い角質が落ちたのか、実際に試してみたので写真付きで口コミ報告中。
ニキビの原因となる古い角質や角栓の詰まりを吸着すると言われている天然クレイが配合された洗顔料を使ってみました。使用感を写真付きで報告します。

ビーグレン クレイウォッシュ洗顔料は、「モンモリロナイトの、古い角質をはじめとした肌に必要のないものを吸着する」という性質を利用して作られた洗顔料です。

プラスの性質を持つ角栓やアクネ菌は本当に洗い流せるのか?天然クレイモンモリロナイト配合の洗顔料で実験してみます。洗い上がりのつっぱりなどはないのか調べています。
モンモリロナイト配合ビーグレンクレイウォッシュで洗顔する時は、画像のように肌の汚れを軽く洗い流す、予洗いをしてから使うと良さそうです。

あらかじめ、肌をぬるま湯ですすぎます。完全に拭き取らず、軽く水気をはらうぐらいが良いと思います。クレイウォッシュ洗顔料適量を肌になじませます。

ビーグレンクレイウォッシュを使って洗顔しているところ。普通の洗顔料と違って、泡立たせない点もポイントです。
ビーグレンクレイ洗顔料で、手の甲を洗ってみたところ。心なしか明るくなっている気がします。

全体的に肌になじませることができたら、ぬるま湯などですすげばOK ◎

普段、朝洗顔はぬるま湯洗顔しかしない私ですが、クレイウォッシュ洗顔料は、簡単だし程よくうるおいつつもスッキリするので、朝洗顔時にも使いました。

サリチル酸に頼らない化粧水を使ってみます。

ビーグレンクレイローション(薬用化粧水)を使ってみました。肌なじみや刺激の有無に着目して報告します。
抗炎症効果があるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されたうるおい補給化粧水CLYモイスチャーローションを使った感想を写真付きで口コミ報告。画像は、中栓部分です。

ニキビ系のスキンケアによく使われているサリチル酸を使っていないビーグレン薬用化粧水。炎症を抑える効果を持つグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

ビーグレンクレイローションは、サリチル酸は使っていないのですが、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。
ビーグレンクレイモイスチャーローションはニキビ肌に最適な化粧水のようで、炎症を抑えながら肌にうるおいを届けてくれるようです。ってことは肌なじみも良いはず⇒実際に使ってみた画像付きで体験レポートしました。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されたクレイローション。炎症を和らげる働きをもつため、にきびや吹き出物にも塗ることができます。容器はしっかりめの容器ですが、傾けて底をトントンすると適量をだすことができるので◎ストレスはありません。

ビーグレンのニキビケア化粧水は、イソフラボンなどを配合したホルモンに働きかける化粧水ではないため、大人ニキビ・思春期ニキビ・男性ニキビにも有効のようです。
トロミのある化粧水のため、若干ヌルつきが気になるクレイローション。 ニキビや吹き出物などの炎症がある場合でも、グリチルリチン酸ジカリウムの働きにより悪化を防ぐそうです。

ヌルっとしたとろみを持つビーグレン薬用化粧水。あっさりとしたニキビ肌化粧水が多い中、珍しいなぁと思って調べたら、つけた時にヒンヤリやさっぱりすると感じる化粧水にはアルコール系の成分が入っていることが多いそうなんです。

蒸発する瞬間に肌の水分も一緒に奪うため、ひんやりすることが多いんだそう。一方、ビーグレン化粧水は、ヌルっとしているものの、肌なじみが悪いわけではありませんでした。

cセラム美容液の肌なじみを報告します。

ビーグレンCセラム美容液 ニキビ跡や色素沈着を改善するピュアビタミンCが配合されたCセラム美容液を使った感想を肌なじみや使い心地に注視して写真付きで口コミ報告します。
皮脂の分泌を自然に抑える作用を持つ水溶性ビタミンCを油溶性の成分とミルフィーユ状に包むことで真皮層まで浸透させます。

先っちょの細いチューブ容器に入っているCセラム美容液。これ系の容器が適量が出しやすいため、大好きです。

酸化しやすいビタミンCを油溶性の成分とミルフィーユ状に重ねること(キューソーム)によって真皮層に届きやすくしたcセラム美容液を使った感想を口コミします。
ピュアビタミンCという成分が配合されたビーグレンcセラム美容液。オイルのようなテクスチャーをしている変わった美容液です。

ビーグレンCセラム美容液は、無色透明の美容液。鉄?のような香りがします。

ビーグレンcセラム美容液の肌なじみや質感を写真付きで口コミ報告します。
ビーグレンのキューソーム技術によって作られたcセラム美容液。肌になじむ感じを報告します。

オイルのような肌へのなじみ方をするビーグレンCセラム美容液、一般的な美容液というよりも美容オイルに近いかなぁという感じがします。肌へのばしているときにポッと温かくなる不思議な美容液です。

Qusomeモイスチャーゲルクリームを使ってみました。

ビーグレン Qusomeモイスチャーゲルクリームによる肌なじみを写真付きで口コミ報告します。
ビーグレンキューソームモイスチャーゲルクリームのノズル部分はこんな感じ。先っが細めなので、適量がだしやすくて良いです。

適量を取り出すのにちょうど良いチューブ容器に入っていました。スパチュラなどを利用せずに使うことができるので、とっても便利だと思います。

保湿効果のあるビーグレンQusomeモイスチャーゲルクリームでバリア機能の回復をはかり、ニキビができにくい肌をつくっていくそうです。
ニキビケアに必要なのは、ニキビのできにくい肌を作ることなので保湿とバリア機能の回復をはかります。

半透明のみずみずしいテクスチャーをしたゲルクリームで、使用感は抜群です。クリームを不快に感じてしまう夏には、とても快適に感じられる気がしました。真冬だと重ね塗りぐらいがちょうど良い質感になりました。

ビーグレンのCセラム美容液は世間一般的に美容オイルと呼ばれているものに近いテクスチャーをしていました。ゲルクリームとの相性も良くって◎市販のメラノCCでは味わえなかった『ぽっ』と温かくなる感じも好きでした。

ビーグレン ニキビケア トライアルセット詳細

商品名ビーグレン ニキビケア トライアルセット
分 量7日分
価 格1,944円(税込)
送 料送料無料
特 徴 ニキビ
セット内容クレイウォッシュ15g
クレイローション20mL
Cセラム5mL
QuSomeモイスチャーゲルクリーム7g

ビーグレン ニキビケア トライアルセットの購入はこちら