ビタミンC誘導体化粧水ランキング!美白・ニキビ・シワに効くおすすめ化粧水7選

ビタミンC誘導体化粧水ランキング!美白・ニキビ・シワに効く化粧水7選

美白やニキビ肌に効果があるとして知られているビタミンC誘導体。美白有効成分として厚生労働省に認可されているものもあり、その高い効果に人気が集まっています。

ビタミンC誘導体には様々な種類が存在します。自分の肌質や症状に合ったものを選んで効果的に使用できるよう、おすすめのビタミンC誘導体化粧水ランキングをお届けします。

各ビタミンC誘導体の特徴や選び方、効果的な使用方法もご紹介。自分にぴったりのビタミンC誘導体化粧水をスキンケアに取り入れて、ニキビと無縁の美白肌を手に入れましょう!

星マークこの記事で紹介するビタミンC誘導体配合の化粧水一覧!

1位maihada
米肌美白 澄肌美白化粧水
ビタミンC誘導体と米のパワーで透明感あふれる肌に
2位etvos
エトヴォス 薬用アクネVCローション
72時間効果が持続するVCエチルで大人ニキビに対抗
3位bglen
ビーグレン キューソームローション
17時間うるおい続けるVCエチル配合の化粧水
4位ftcbeauty
君島十和子パーフェクト ブライトニング ミストエッセンスVC
VCエチルとフラーレンのコラボで著名人にも大人気
5位cycleplus
サイクルプラス エンリッチローション
2剤式で新鮮なAPPSが肌の奥までじっくり浸透
6位sibody
シーボディ薬用VCローション
最新型のビタミンC誘導体を配合し200倍の浸透力を実現
7位primoordine
プリモディーネシーバムコントロールVCローション
ビタミンC誘導体を9%配合した美容液顔負けの高濃度でニキビやシミ知らずの肌へ

1,ビタミンC誘導体って何?どんな効果があるの?

美容、中でも美白に興味がある方ならビタミンC誘導体の名を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。美白有効成分として多くの美白化粧品に配合されています。

ここではビタミンC誘導体とは一体どんなものなのか、その正体に迫ってみましょう。

1-1,ビタミンC誘導体とは?ビタミンCとの違いって?

0535

ビタミンCは、そのままでは非常に不安定で酸化しやすく、肌に吸収されにくい性質を持っています。そのためかつては化粧品に配合するのが難しい成分の一つでもありました。

その欠点を解消するために開発されたのが、ビタミンC誘導体です。 ビタミンCの化学構造を変えることで、人工的に安定させ人間の皮膚に浸透しやすくした化合物です。

ビタミンC誘導体は肌に吸収された後、体内の酵素の力によってビタミンCに戻り、肌内部で様々な効果を発揮してくれます。

ビタミンCは高い抗酸化力を持ち、人体に様々な悪影響を及ぼす活性酸素を除去します。もちろん美容効果も高く、ビタミンCが肌に及ぼす効果は、美白作用や過剰な皮脂分泌の抑制、アンチエイジングなど多岐に渡ります。

1-2,ビタミンC誘導体化粧水の効果

では、ビタミンC誘導体化粧水が具体的にどのような効果をもたらすのか見ていきましょう。

シミやニキビ跡を薄くする

0751

ビタミンC誘導体は厚生労働省に認可されている美白有効成分の中の一つです。強力な抗酸化作用によって活性酸素を除去し、メラニンが酸化して黒く色付く前の状態に戻す効果があります。

これを還元作用といますが、ビタミンC誘導体ができてしまったシミにも有効と言われるのはこの還元作用の働きによるものです。実は20種類前後ある美白有効成分の中で還元作用を持つものはビタミンC誘導体のみ。

還元作用の他にもビタミンC誘導体はメラニンのもとになる物質チロシンを酸化させてしまう酵素チロシナーゼの活性を抑制し、新たなメラニンができるのを防ぐ作用もあります。

これからできるシミ、すでにできてしまったシミの両方に効果がある非常に美白効果の高い成分なのです。

ニキビを改善する

0813

ニキビはホルモンバランスの乱れや食生活などの何らかの原因によって過剰に皮脂が分泌され、毛穴を詰まらせたり酸化したりして炎症を起こした状態です。

ビタミンC誘導体には皮脂を抑える効果があり、余分な皮脂の分泌を防ぎニキビを予防します。

またニキビの炎症はアクネ菌によって酸化し、活性酸素を発生させ周囲の皮膚を刺激することが原因です。

ビタミンC誘導体は自身の抗酸化力によって活性酸素を除去して炎症を抑えるので、できてしまったニキビにも効果があります。

たるみ・シワを改善する
たるみ・シワを改善する 引用元:https://www.ci-labo.com/

たるみやシワはエイジングとは切り離せない肌悩みですが、原因は肌の真皮に存在している弾力やハリのもとになるコラーゲンやエラスチンの減少。

コラーゲンやエラスチンは、長期間積み重なった紫外線の影響が真皮に及びダメージを与える光老化や、加齢による女性ホルモンの減少によって生成量が減っていきます。

実はコラーゲンは、ビタミンCなしでは合成できません。コラーゲンは繊維状のものが束になって肌を支え弾力を保っていますがビタミンCがなければ束になることができず、繊維はバラバラの状態になってしまいコラーゲンとしての役割を果たせなくなってしまうのです。

ビタミンCはコラーゲンを作り出す繊維芽細胞そのものを増やす働きもします。

またビタミンC誘導体は強力なコラーゲン合成力とともにコラーゲンを分解する酵素の働きを阻害する作用も持っており、たるみ、シワの改善が期待できます。

毛穴の開きや黒ずみを改善する

0459

毛穴の開きは過剰な皮脂の分泌によって皮脂腺が発達し、量が増えた皮脂を排出するために毛穴が広がってしまうのが大きな原因です。

ビタミンC誘導体は皮脂の抑制作用を持っているので、余分な皮脂の分泌を抑えて皮脂量を減らし、徐々に毛穴が目立たない状態へとサポート。

また、毛穴の黒ずみは酸化して黒くなった皮脂が詰まっている場合と、炎症などによって発生したメラニンが毛穴のふちに沈着して毛穴が黒ずんでいるように見せている場合があります。

ビタミンC誘導体は皮脂の抑制作用メラニンの生成を抑える作用、その上すでにあるメラニンを薄くする還元作用の3つの効果で、どちらの原因の毛穴の黒ずみにも対応してくれる心強い成分です。

日焼け後のケアにも効果的

0047

ビタミンC誘導体には炎症を抑える作用があるので、紫外線を浴びて日焼けし火照っている肌を鎮静化します。

また紫外線の刺激によって、メラニン製造工場であるメラノサイトがメラニンを作り出すチロシナーゼを活性化させますが、ビタミンC誘導体はチロシナーゼの活性を阻害する働きを持っているので新たにメラニンができるのを防いでくれるのです。

ビタミンC誘導体は紫外線を浴びた肌には是非取り入れたい成分の一つです。

1-3,ビタミンC誘導体は3分類ある!それぞれの特徴とは?

ビタミンC誘導体はその性質によって3つに分けられます。水に溶ける水溶性ビタミンC誘導体と油に溶ける脂溶性ビタミンC誘導体、そしてそれらの両方の性質を併せ持つ両性ビタミンC誘導体の3つです。

水溶性ビタミンC誘導体とは

水溶性ビタミンC誘導体とは

水に溶ける性質を持ち、化粧水や美容液に主に使用されているのが水溶性ビタミンC誘導体です。短時間で肌に吸収され、即効性が高いのが特徴。真皮までは浸透せず、肌の一番外側にある表皮で作用します。

デメリットとしては、即効性はあるがその効果が持続しにくいこと、そして紫外線に弱いことや刺激が強いことが挙げられます。濃度や使用方法にもよりますが、敏感肌や刺激に弱い肌の方は注意が必要です。

水溶性ビタミンC誘導体一覧
リン酸アスコルビルMgビタミンC(アスコルビン酸)にリン酸マグネシウムを組み合わせたビタミンC誘導体です。体内のフォスファターゼという酵素によってビタミンCとリン酸マグネシウムに分解されます。安定性、即効性ともに高い歴史ある成分です。APM、アスコルビルリン酸Mgなどとも呼ばれます。
リン酸アスコルビルNaビタミンCにリン酸ナトリウムを組み合わせたビタミンC誘導体で、分解にはリン酸アスコルビルMgと同じくフォスファターゼが必要です。リン酸アスコルビルMgよりコストが低く美容皮膚科などで高濃度配合されますが、リン酸アスコルビルMgと比較すると刺激が強い傾向があります。APS、アスコルビルリン酸Naなどの別名があります。
アスコルビル酸グルコシドビタミンCに糖(グルコース)を結合させたビタミンC誘導体。分解にはグルコシターゼという酵素を使用します。自然界にも存在し、安定性の高さが特徴です。ただグルコシターゼは皮膚内にほとんど存在しないためビタミンC変換の効率が悪く、近年ではあまり使用されない傾向があります。AG、L-アスコルビン酸-2グルコシド、アスコルビルグルコシドとも呼ばれます。
アスコルビル酸エチルビタミンC誘導体の分解には通常酵素反応が必要になりますが、このアスコルビル酸エチルは酵素を必要とせず皮膚に吸収されると即座にビタミンCに変換する即効性、持続性、安定性に優れた新しいタイプのビタミンC誘導体です。72時間程度の持続性を有し、ビタミンC含有量は80%以上。VCエチル、3-O-エチルアスコルビン酸とも呼ばれます。
脂溶性ビタミンC誘導体とは

脂溶性ビタミンC誘導体とは

脂溶性ビタミンC誘導体は油との親和性がいいのでクリームや乳液などの保湿化粧品に使用されます。水溶性ビタミンC誘導体の欠点を補うために開発されました。

即効性はありませんが持続性があり、肌内部で長時間作用することができます。また水溶性に比較すると吸収率が高く、刺激が少ないため化粧品に高濃度での配合が可能。脂溶性ビタミンC誘導体は真皮まで浸透します。

脂溶性ビタミンC誘導体一覧
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル脂溶性を代表するビタミンC誘導体。ビタミンCに脂肪酸の一種であるイソパルミチン酸と組み合わせ親油性を持たせました。分解酵素はエステラーゼ。人間の皮膚に存在する脂肪酸で覆われているのでなじみやすい上、安全性も高く刺激はほとんどありません。皮膚内で48時間程度効果が持続します。VC-IP、ビタミンCテトライソパルミテート、イソパルミチン酸アスコルビルと呼ばれることもあります。
パルミチン酸アスコルビルアメリカでエステルCの名前でよく知られるビタミンCとパルミチン酸を結合させたビタミンC誘導体。個体として存在し、酸化しやすく化粧品に配合した際も使用感が重くなるためあまり化粧品には使用されていません。
両性ビタミンC誘導体とは

両性ビタミンC誘導体とは

一番最近登場したのがこの両性ビタミンC誘導体。水溶性と脂溶性の両方の性質を持つ最新型のビタミンC誘導体です。

水溶性と脂溶性の両方の長所をもち、欠点を補い合うので浸透性に優れながらも低刺激を実現。その上即効性と持続性も兼ね備えた理想的なビタミンC誘導体として注目されています。

両性ビタミンC誘導体一覧
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル脂溶性を代表するビタミンC誘導体。ビタミンCに脂肪酸の一種であるイソパルミチン酸と組み合わせ親油性を持たせました。分解酵素はエステラーゼ。人間の皮膚に存在する脂肪酸で覆われているのでなじみやすい上、安全性も高く刺激はほとんどありません。皮膚内で48時間程度効果が持続します。VC-IP、ビタミンCテトライソパルミテート、イソパルミチン酸アスコルビルと呼ばれることもあります。
パルミチン酸アスコルビルアメリカでエステルCの名前でよく知られるビタミンCとパルミチン酸を結合させたビタミンC誘導体。個体として存在し、酸化しやすく化粧品に配合した際も使用感が重くなるためあまり化粧品には使用されていません。

2,ビタミンC誘導体化粧水の選び方

ビタミンC誘導体にもいろいろな種類があるとわかりました。ビタミンC誘導体化粧水を選ぶ際、少しでも自分の肌悩みに合ったものを選びたいものです。ここでは選ぶポイントを見ていきましょう。

2-1,水溶性か両性のビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶ

水溶性か両性のビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶ 引用元:http://qleo-media.com/skin-lotion-component

化粧水の主成分は80%程度が水分です。多くの場合は精製水、そのほかには温泉水やローズウォーターなどの植物を水蒸気蒸留したハイドロゾルなどがあります。

そのため、脂溶性のビタミンC誘導体では水分に馴染めません。ビタミンC誘導体化粧水を選ぶ際には水溶性のものか、水溶性と脂溶性の両方の性質を持つ両性のビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶようにしてください。

2-2,目的に合った成分が入っているものを選ぶ

美白、ニキビ、アンチエイジングなど、ビタミンC誘導体の他にも肌悩みに効果的な成分が入っているものを選ぶといいでしょう。

塗りつぶし丸にシンプルチェックもっと美白効果を得たいなら

美白が目的の場合は、厚生労働省が認可した美白有効成分や高い美白効果があると話題のハイドロキノンなどが配合されている化粧水を選んでください。

アルブチン
アルブチン 引用元:https://k-nihondo.jp/

ハイドロキノンを誘導体化したのがアルブチンです。ハイドロキノンは、効果は高いですが刺激が強く不安定な性質を持ちます。その問題点を誘導体化することで解決した資生堂が開発した成分です。

アルブチンはメラニンのもとになるチロシナーゼという酵素の働きを阻害することで、メラニンの生成を抑制します。美白有効成分の代表的な存在です。

プラセンタエキス

プラセンタエキス

プラセンタエキスは、動物の胎盤から抽出したエキスです。化粧品用としては羊や馬、豚由来のものが多く使用されます。プラセンタは医薬品として古代ギリシアでも利用されていたという記録が残っており、古くから珍重されてきた成分です。

胎盤は母体と胎児がつながっている臓器なので、アミノ酸、ビタミン類、ミネラル、タンパク質などたくさんの栄養を含んでいると同時に胎児を成長させるための成長因子を持っています。

プラセンタエキスはこの成長因子の力によって肌の代謝を促してできてしまったメラニンの排出をサポート。

その他にもチロシナーゼの働きを抑える効果があることも確認されています。

プラセンタは美白効果の他にもアンチエイジングや保湿効果なども期待できますが、詳細なメカニズムが解明されていない部分もあり、今後の研究に注目したいところです。

コウジ酸
コウジ酸 引用元:https://cosmetic-ingredients.org/

米麹から発見された日本発の美白有効成分。厚生労働省に認可されたのは1988年と、美白有効成分の中でも歴史ある成分です。

チロシナーゼの中の銅イオンと結びつき、チロシナーゼの活性を阻害してメラニンを作り出させないので シミやくすみの予防に有効な上、活性酸素の除去や炎症の抑制作用もあります。

また近年話題になっている肌の糖化が原因となる黄ぐすみの原因物質、AGEsの生成を抑える抗糖化作用があることも明らかになっています。

カミツレエキス

カミツレエキス

カミツレ(カモミール)から抽出した成分(エキス)、カモミラETは厚生労働省に認可された美白有効成分です。

カモミラETは多くの美白有効成分にようにメラノサイトに直接作用するわけではありません。

肌は紫外線の刺激を受けると、メラノサイトにメラニンを作り出すように指令を送ります。カモミラETはその指令の伝達物質、エンドセリンの働きを阻害してメラノサイトにメラニン生成の指令が送られないようにするのです。

結果として過剰なメラニンの生成は抑制されます。

カモミラETの原材料であるカミツレはキク科のため、菊アレルギーの方は注意が必要です。

リノール酸

リノール酸

リノール酸は私たちの身近にある成分であり、オリーブオイルや紅花油、グレープシードオイルや味噌、酒かすなどに含まれる必須脂肪酸です。

リノール酸はそのままでは浸透力が高すぎて肌にとどまって作用できないという問題点があります。その点を改良して生まれたのがリノール酸Sです。

リノール酸Sは、チロシンをメラニンに変化させる酵素、チロシナーゼそのものを分解してくれます。チロシンはチロシナーゼなしではメラニンに変化できません。

メラニンの生成量を抑制してシミやそばかすを予防してくれるとともに、ターンオーバーを促進する作用も持っているのですでにあるメラニンの排出もサポートしてくれます。

エラグ酸
エラグ酸 引用元:https://www.lionshop.jp/contents/ellagic/

自然界に存在する天然ポリフェノールの一種で、いちごやザクロ、リンゴなどに含まれています。

エラグ酸の美白効果のメカニズムは、チロシナーゼの中に存在する銅イオンを閉じ込めてチロシンと結びつけないようにし、メラニンが生成されるのを抑制するというものです。

天然由来の成分なので、美白有効成分の中では比較的刺激が少ない成分として知られています。敏感肌の方の美白対策におすすめです。

トラネキサム酸

トラネキサム酸

トラネキサム酸はカミツレエキスと同じくメラノサイトそのものに作用せず、メラニンを作る情報をカットするタイプの美白有効成分です。

紫外線を浴びて発生するプラスミンやプロスタグランジンなどの物質は、メラニンを増産させる情報をメラノサイトに届ける役割を持っています。

トラネキサム酸はこのプラスミンやプロスタグランジンに作用してメラニン増産の情報をメラノサイトに届かないようにし、メラニンが新たに作られるのを防ぐのです。

肝斑に効果的な飲む治療薬「トランシーノ」に配合されたことでも話題になりました。

ハイドロキノン
ハイドロキノン 引用元:https://mag.ampleur.jp/

近年注目されている強力な美白効果が期待できる成分です。厚生労働省の認可を受けた美白有効成分ではありませんが、その効果はアルブチンなど他の美白成分の10倍~100倍にも及ぶともいわれています。

チロシナーゼの活性を阻害する他、メラニンを作り出す細胞であるメラノサイトそのものの数を減らし、メラニンの生成を根本からストップ。

またすでにあるシミなどのメラニンのチロシナーゼにハイドロキノン自身が結びついて酸化し、シミなどを薄くする還元作用を持っています。この強力な還元作用がハイドロキノンの大きな特徴です。

強い刺激があり、配合濃度の高いものは痛みや赤み、白斑などの副作用を伴うこともあるので使用には細心の注意が必要。濃度3~4%以上のものを使用する際は必ず医師の指導に従ってください。

塗りつぶし丸にシンプルチェックニキビを改善したいなら

ビタミンC誘導体そのものもニキビに有効な成分ですが、さらにニキビに効果的な成分が配合されているものを選ぶとよりニキビ肌の改善が期待できるでしょう。

ローヤルゼリーエキス
ローヤルゼリーエキス 引用元:http://www.ap-med.co.jp/

ローヤルゼリーは非常に豊富な栄養素を持ち、アミノ酸やパントテン酸、酵素やミネラルなどを含んでいる成分です。

ローヤルゼリーエキスは独特の匂いを持っていますが、それはヒドロキシデセン酸によるもの。ヒドロキシデセン酸は高い抗菌力を持ち、ニキビの原因となるアクネ菌などに対抗します。

女王バチのみが摂取することのできるローヤルゼリーエキスは、若い働きバチが分泌します。女王バチが花粉や植物の蜜で成長する一般的なミツバチと比較して40倍の寿命を持ち、大きさも2倍以上に成長するのはこのローヤルゼリーエキスを食餌としているからです。

シコンエキス
シコンエキス 引用元:https://item.rakuten.co.jp/

シコンエキスはムラサキ科の多年草植物であるムラサキという植物の根から抽出される暗い赤紫の天然色素です。

シコンエキスは殺菌作用を持っており、ニキビを悪化させるアクネ菌を除去してくれます。炎症や肌荒れを抑える効果もあるので、ニキビ肌の方には是非取り入れて欲しい成分です。

漢方薬として用いられてきた歴史もあり、しもやけや肌荒れなどの外用薬「紫雲膏」は特に有名です。

ドクダミエキス
ドクダミエキス 引用元:https://kawashima-ya.jp/?pid=118892889

ドクダミの持つ独特の香りのもとであるデカノイルアセトアルデヒドやラウリンアルデヒドには、強力な殺菌作用と共に炎症を抑える効果があるので、炎症を起こしたニキビに効果的です。

また、含有成分クロロフィルは肌の再生力を高める働きがあり、ニキビの炎症で傷んだ肌の回復をサポートしてくれます。

ドクダミは日本人になじみのある薬草です。広く分布し、自然の残るところであれば自生していることころも多く、民間療法に役立てられてきました。

漢方においても非常に重要視される薬草でもあります。

グリチルリチン酸
グリチルリチン酸 引用元:http://www.dr-recella.com/

甘草という植物の根から抽出される成分です。水に溶けやすくするため水酸化カリウムと結合させて、グリチルリチン酸ジカリウムとして化粧品に配合されます。

グリチルリチン酸ジカリウムの最大の特徴は強い抗炎症効果があること。炎症を起こしてしまった赤ニキビや黄ニキビには非常に効果的です。

刺激が少なく、過剰な免疫反応=アレルギー反応を抑制する作用もあるので、 刺激に弱い肌の方や敏感肌の方でも使用しやすいのも魅力です。

甘草から抽出されるため、甘草エキス、甘草由来成分と表示されていることも。

カミツレエキス

カミツレエキス

カミツレエキスには、アズレン、カマズレンという抗炎症・抗アレルギー成分が含まれています。炎症を起こしたニキビやかゆみを伴うニキビにおすすめです。

またニキビは炎症が刺激となりメラニンが過剰に生成され炎症後色素沈着(ニキビ跡)となりますが、カミツレエキスにはメラニン増産の指令を伝達する情報を伝えないようにする成分が含まれています。

そのため、ニキビの炎症を抑えると同時にニキビ跡になるのも防いでくれる頼もしい成分です。

アラントイン

アラントイン

牛の羊膜から発見された成分です。主に尿素から合成されたものが使用されていますが、穀物の胚芽やコンフリーという植物の根からも採集されます。

抗炎症作用はもちろん、傷んだ皮膚組織を修復する作用があるのでニキビ肌の炎症を抑えつつ肌を平常な状態に戻すようにサポートしてくれます。火傷の治療薬としても使用されているのはこのためです。

刺激を抑えてくれる作用もあるので、敏感肌の方でも安心して使用できる成分の一つです。

アンチエイジング効果を得るなら

シワやたるみなど、エイジングサインが気になる場合はアンチエイジング効果のある成分が配合されているものを選びましょう。

コラーゲン
コラーゲン 引用元:https://cosmetic-ingredients.org/

肌の弾力を保つ成分として重要な役割を果たしているコラーゲン。肌の真皮に存在し、真皮の約70%を占めています。

コラーゲンは年齢を重ねるにつれて減少していき、生産能力も落ちていきます。コラーゲンは代謝にかかる時間も長く分解には10年から20年かかるといわれ、体内に長時間留まっている間に糖と結合して糖化し、黄ぐすみを引き起こしたり肌がしなやかさを失ったりする原因になることも。

また紫外線を受けるとコラーゲンを分解する酵素が発生し、コラーゲンはどんどん失われていきます。 その上加齢によってコラーゲンを作り出す能力が衰えた肌はコラーゲンの生産が間に合わず、肌は弾力を失ってたるみやシワが目立つようになってきます。

アンチエイジングにはコラーゲンは欠かせない存在です。

エラスチン

エラスチン

エラスチンは真皮の中でコラーゲンを束ねる働きをしており、コラーゲンと協力し合って肌の弾力を保っています。エラスチンが不足するとコラーゲンを束ねておけなくなり、肌の弾力が失われる原因に。

エラスチンは20歳ごろをピークに減少、劣化していきます。エラスチンを補うことは大切ですが、化粧品に配合されているエラスチンは実は真皮まで浸透しません。

ですが高い保湿力を持つので肌内部にうるおいを保って乾燥を防ぎ、小ジワなどを目立たなくしてくれます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

強力な保水能力を持つ成分で、そのパワーは1gのヒアルロン酸で6㎏もの水分を保持できるほど。もともと人間の体内に存在し、肌のうるおいや弾力を保つ働きはもちろんのこと関節の機能保持や目の組織形成の維持なども行っています。

ヒアルロン酸は年齢と共に減少していき、最も多い赤ちゃんの頃と比較すると40代には50%、60代では25%にまで減少するので、積極的に補いたい成分です。

ヒアルロン酸はエラスチン、コラーゲンと密接に関わり合って肌の弾力やハリをキープしています。そのためヒアルロン酸と一緒にエラスチンやコラーゲンも補うとより効果が期待できるでしょう。

セラミド
セラミドの効果とは? 引用元:https://tomothai.net/

細胞間脂質の主成分で、肌のうるおいを保つのには欠かせない成分です。細胞と細胞の間で水分や油分を抱え込み、細胞同士を接着するように存在しています。

セラミドが不足すると肌がうるおいを保てなくなり、乾燥してしまうばかりか肌のバリア機能が低下。肌荒れやかゆみなどの深刻なトラブルにつながる可能性も指摘されている、肌の健康に重要な成分です。

セラミド不足がアトピー性皮膚炎の一因であるともいわれています。

アミノ酸

アミノ酸

アミノ酸は、肌の表皮の一番外側にある角層に存在する「天然保湿因子(NMF)」の主成分。

アミノ酸はタンパク質のもとにもなる成分なので、タンパク質の一種であるコラーゲンやエラスチンの原料として欠かせない成分です。

指さしOKアミノ酸の豆知識

アミノ酸がタンパク質になる過程、もしくはタンパク質がアミノ酸に分解される過程のいくつかのアミノ酸が結合された状態をペプチドといいます。

ペプチドは様々な種類があり、美容効果の高いペプチドは化粧品に配合されたり美容医療に使用されたりすることも。

線維芽細胞増殖因子と呼ばれるFGFはその代表的なもので、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増加させるので肌のうるおいやハリ、弾力アップが期待できます。

その他にも肌のターンオーバーを促すEGF(上皮成長因子)、近年発見されたコラーゲンを持続的に生成する作用を持つトリペプチド-10シトルリンなど、様々なペプチドが存在します。

レチノール

レチノール

ビタミンA誘導体の一種であるレチノールは、アンチエイジング成分として非常に有名な成分です。

ターンオーバーを促進して、メラニンの排出や肌の生まれ変わりをサポート。またコラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞を活性化し、コラーゲンやエラスチンの生成を増やす働きがあるのでシワやたるみにも効果が期待できます。

フラーレン
フラーレン 引用元:https://fu-wari.jp/

炭素分子のみで構成される成分で、強力な抗酸化作用を持つことで注目されています。

同じく抗酸化力を持つ成分、ビタミンCの125~170倍の抗酸化力を持つともいわれ、その高い抗酸化力で老化の原因となる活性酸素を除去します。

活性酸素には多くの種類がありますが、フラーレンはほとんどの活性炭素に対応できるのが大きな特徴です。安定性も高く、肌の中で長時間作用します。

エイジングケアに欠かせないコラーゲン生成を促進させる働きも持っているので、アンチエイジングに効果の高い成分となっています。

ちなみに、フラーレンを発見したハロルド・クロトー博士、リチャード・スモーリー博士、ロバート・カール博士は1996年にノーベル化学賞を受賞しました。

アスタキサンチン
たるみ・シワを改善する 引用元:http://www.sunsho.co.jp/

「赤い美容パワー」で有名なアスタリフトに使用されていることで知られているアスタキサンチン。カニやエビなどの甲殻類の体内にある赤い色素です。

強力な抗酸化作用を持ち、活性酸素を除去して肌の老化を予防します。

サケなどもこのアスタキサンチンを含んでいますが、サケは甲殻類のオキアミやエビなどを摂取してるので体内にアスタキサンチンが蓄積し、もともと白身の体がピンクになっているのです。

3,ビタミンC誘導体化粧水のオススメランキング

米肌美白 澄肌美白化粧水

米肌美白   澄肌美白化粧水

商品情報
容量:120ml
通常価格 5,500円(税込) 商品のおすすめポイントや特徴

日本では古くから馴染みのある米のパワーをふんだんに取り入れた薬用美白化粧水。米肌の独自技術「超微細乳化技術」で潤い成分を細かくし、角質層をうるおいで満たして透明感のあるプルプルの肌へと導きます。

美白有効成分としてビタミンC誘導体を配合。その他にもアミノ酸が豊富な米発酵液ペプチドをたくさん抱えた米ぬか酵素分解エキス保湿力のあるハトムギエキス優れた保水効果を発揮するグリコシルトレハロースなどを贅沢に配合した化粧水です。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

1ヶ月しっかり使用して、化粧水は1本使いきりました。
同じシリーズの美容液も一緒に使用したのですが、美容液はあと1週間分残っているかなというくらいです。

手のひらで入れても、コットンで入れてもよしの、バシャバシャと使いたくなるような、サラサラの乳白色の化粧水。

私はコットン派で、コットンがヒタヒタになるくらいにまでたっぷりと化粧水を染み込ませてゆっくり馴染ませています。

今の季節このサラサラの化粧水が、お風呂上がりの火照ったお肌にスーッと馴染み、とっても気持ちがいいんです◎

お肌の表面はサラリとしながらも、内側の潤いも感じ、バランスの取れたお肌な感じがします。

1ヶ月継続使用してみて…
くすみが悩みで、どんよりとしていたお肌が、ワントーン明るくなり、透明感がUPしたように感じています◎

画像で見ると、お肌の赤みも引いてるなと改めて気づきました。

最近お肌の透明感を褒められるようになったのが嬉しいです♪

女性口コミ ○

米肌三点(化粧水、エッセンス、クリーム)定期購入中。2ヶ月前に化粧水を澄肌に変えました。

塗布した後の肌感がとても良く、ベタつく事もなくその後に塗布するエッセンスも気持ち良く使えます。今1番のお気に入りです♪

朝、洗顔後の保湿状態が丁度良いのでメイクもしやすく、BBクリーム、下地クリームも気持ちよく塗る事が出来ます!

そして肌が柔らかくなったような(^-^)
美白はまだ2本目なのであまり実感はありません。

何より、肌がフラットな状態になるので化粧水のみですっぴんで過ごす日が増えました!

女性口コミ ○

KOSEのワンバイコーセーを購入したので、ライン使い出来る物を探していました。

色々調べてこちらがヒットしたので、トライアルセットを購入

サラッとしたつけ心地で、肌トラブルもなく値段の割に普通だなぁと思っていましたが
3,4日たったら肌が全体的にトーンアップしました!!
感動して鏡をガン見してしまいました(笑)

大体の美白化粧水は逆にくすんでしまったりしたのですが、こちらはバッチリ☆

何より、肌がフラットな状態になるので化粧水のみですっぴんで過ごす日が増えました!

Instagramでの評判

yuririyu200#米肌#澄肌美白化粧水#米肌澄肌美白化粧水#美白化粧水#化粧水#美白#ローションキャップが斜めカットされていて、透明感を感じさせる真っ白なボトルで、綺麗です。 お米の形をしたボトルで、上部が斜めカットされています。 清潔感を感じさせるフォルムで、ドレッサーに置いておいてもテンションが上がります。 ロゴが青字で涼し気です。 白と青のコントラストが綺麗です。 サラッとしたテクスチャーで、乳白色のローションです。 お水のようなサラサラで、お肌なじみがいいです。 つけてすぐに、お肌をみずみずしく仕上げてくれます。 お肌に吸い込まれるようになじんで、とってもしっとり★ 美白有効成分が、角層の奥すみずみまで浸透したのを実感できました。 お肌がぷっくりしました。 べたべたしないのに、しっかり保湿もしてくれます。 圧迫感も油膜感を感じませんでした。 重すぎないので、季節を問わず使いやすいです。 医薬部外品なので、信頼できますね(^^)/ 使っていくうちに、お肌のくすみを払って、お肌が明るくなってきている感じです。 メラニンの生成を抑えてくれて、シミ・そばかすを防いでくれるので、この時期、紫外線量が一気に増えている今、しっかりケアしていきたいです。
まずはトライアルがおすすめ!

トライアルセットにはビタミンEが配合されている美容液も入っています。ビタミンC誘導体が配合されている化粧水との相乗効果が期待できそうです。

エトヴォス 薬用アクネVCローション

エトヴォス 薬用アクネVCローション

商品情報
容量:150ml
通常価格 3,800円(税込) 商品のおすすめポイントや特徴

72時間効果が持続する新型のビタミンC誘導体、VCエチルを配合。素早く肌に作用し、過剰な皮脂の分泌を抑えニキビを予防します。有効成分として甘草エキスも配合し、徹底してニキビができにくい肌へ。

VCエチルは美白効果も期待きるので、ニキビケアと同時にニキビ跡やシミ予防にも有効です。

また乾燥が大人ニキビの原因になることも考慮し、ヒアルロン酸や天然保湿因子、植物性プラセンタも配合。しっかりとうるおいを保ち乾燥を防ぎます。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

ニキビがよくできやすいので、敏感肌用で探していたらこれを見つけました。

これをつけるとつけないとではだいぶ違います!!
治りが早く、また荒れやすい私の肌でも荒れずに治すことができて助かってます。
お値段はするのですが、ニキビができるときのみの使用をしてるので2ヶ月以上待ちました。
緊急時の対応としてこれからもリピート決定です!!!

また心なしかつけると肌が引き締まるような、、ビタミンCのお陰でしょうか??

女性口コミ ○

混合敏感肌、生理前とストレスでニキビが出来やすかったのですが、こちらのローションと同美容液のライン使いをしてから肌のコンディションが安定しました!

8ヶ月で4本目になりましたが、以来ニキビと出会っておりません!!

エトヴォスの中ではVCということで美白も期待できるようですが、そちらの効果は特に感じておりません…

ただ、キメも整ったように思いますし、ニキビが出なくなっただけで本当に助かりました…!

テクスチャはさっぱりしていますが、冬でも乾燥を感じることもなかったです。

女性口コミ ○

ニキビがよくできやすいので、敏感肌用で探していたらこれを見つけました。

これをつけるとつけないとではだいぶ違います!!
治りが早く、また荒れやすい私の肌でも荒れずに治すことができて助かってます。
お値段はするのですが、ニキビができるときのみの使用をしてるので2ヶ月以上待ちました。
緊急時の対応としてこれからもリピート決定です!!!

また心なしかつけると肌が引き締まるような、、ビタミンCのお陰でしょうか??

Twitterでの評判

まずはトライアルがおすすめ!

じっくり試せる2週間分のセット。VCエチルの効果を是非実感してみてください。

ビーグレン キューソームローション

ビーグレン キューソームローション 商品情報
容量:120ml
通常価格:5,400円(税込) 商品のおすすめポイントや特徴

独自の浸透技術Qusomeをさらに化粧水の為にパワーアップさせたCharged Qusomeが化粧水を使用してから17時間うるおいを保ちます。

即効性の高いVCエチル角層を整えるホメオシールドバリア機能をサポートするアッケシソウエキス肌を活性化するEDP3の4つの美容成分を絶妙なバランスで配合し複合成分化したQusomeアクティベートコンプレックスが、シミやシワ、毛穴などあらゆる肌悩みに対応します。

良い口コミ

女性口コミ ○

さっぱりとしっとりが同居している様な感じでとてもつけやすいです。

年々インナードライ気味な気がして、雑誌やネットで色々ケアを調べていたんです。
こちらが紹介されていたので早速注文したんですが、とてもお肌に合っていて良い感じ。

だいぶ手触りはなめらかになってきましたし、キメも整ってきたみたいです。
あごやおでこがざらつかなくなったし、保湿が十分行き届いていい感じ!

女性口コミ ○

しっとり感がちょうど良く、ばっちりだと思います。

たまにお肌の調子が悪いと、コットンパックしているんですが、回復が早いと思います。

ほんの少しとろみがありますが、お肌表面に残らず、べたっとしているよりも、さらっとしているイメージです。

吹き出物が出来ている時も、しみずに使えています。

女性口コミ ○

ビーグレンのトライアルは2回目。

今回はシミケア。
ビーグレンをライン使いしていると、どうして乾燥して肌がピリピリします。

今回は1つずつ使用して、何が合っていないのか試してみました!

化粧品は17時間保湿力とうたっているだけあって、私の肌でもきちんと保湿してくれる!

つけた後保湿してるのがわかる!
特に化粧崩れに影響もしない。
これは現品購入してもいいかな!

Twitterでの評判

Instagramでの評判

まずはトライアルがおすすめ!

リピート率は驚きの98.5%というサイエンスコスメの実力をまずはトライアルセットで試してみましょう。

FTC パーフェクト ブライトニング ミストエッセンスVC

FTC パーフェクト ブライトニング ミストエッセンスVC

商品情報
容量:120ml
通常価格:8,424円 商品のおすすめポイントや特徴

多くの芸能人や美容のプロにも絶賛されるこの化粧水には、新型で効果が高いと話題のVCエチルと高い抗酸化力、コラーゲン生成力を持つ注目の成分フラーレンが配合されています。

美白とエイジング、両方に強力に働きかける大人の女性に嬉しい化粧水です。

その他にもマリンプラセンタやヒアルロン酸、コメヌカエキスなどをナノ化して配合しているので肌にしっかりと浸透し、うるおいで満ちた肌へと導きます。

優しいホワイトブーケの香りがスキンケアの時間を癒しの時間へと変えてくれそうです。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

数年前から頬のシミが気になり始め、いろいろと試しましたが効果がなく、それどころかお肌が乾燥でカサカサに…。悩んでいた時に出会ったのがFTCでした。1カ月たったころにはワントーン明るくなった実感が。本当に出会えてよかったと思える化粧品です。

女性口コミ ○

50代の敏感肌にしっくりくるものーこれがなかなか出会いがなく・・・

同世代の十和子さんの開発商品ということに望みをかけて購入。 しっくりきましたー!

・スプレー式、これが思いの他使いやすい。必要以上に飛び散らず、手軽に使えます。
・しっとりが長続き。フラーレン効果でしょうか、8プッシュでべたつかずしっとり。
・コスパ、意外に悪くない。朝8プッシュ晩10プッシュ使用で2カ月持ちます。
・香りが優しく、癒されます。強いと感じる方もいるようですが、私は平気でした。

使用3カ月ですが、肌状態が安定してきたのと、くすみがはらわれてきたように感じるので、今はこれ以外使う気になれません。

女性口コミ ○

福袋の中に入っていた、小さめサイズです。

ミストの勢いが強く、水の粒が大きいので、
肌に水滴が残りビショっとしますが、
手で馴染ませて使えば、大丈夫でした。

メイクの上からスプレーすると、
ちょっと乾きにくいかなと、感じました。

使用感は、べたつかず、程よくしっとりなので、
重たいスキンケアが苦手な私には、
気持よく使用でき、使い心地が良かったです。
毛穴や美白など、即効性は、ちょっと分からなかったです。

香りは、強めなのですが、好きな香りなので、
気分が上がります。もう少し、弱めの香りでもいいかな…。

福袋の中に、一緒に入っていた美容液とともに、
使用しましたが、心地よくスキンケア出来たので、
また、機会があれば、使ってみたいです。

使用3カ月ですが、肌状態が安定してきたのと、くすみがはらわれてきたように感じるので、今はこれ以外使う気になれません。

まずはトライアルがおすすめ!

導入美容液や上品なポーチもついてお得感満載の、君島十和子 王道十和子肌スターターセット。VCエチル+フラーレンの強力なパワーを実感してください。

サイクルプラス エンリッチローション

サイクルプラス エンリッチローション 商品情報
容量:80ml+パウダー
通常価格:2,800円(税抜) 商品のおすすめポイントや特徴

両性ビタミンC誘導体APPSを使用した化粧水です。2剤式でパウダーと化粧水に分かれており、使用する直前にパウダーを化粧水に混ぜて使用します。

2剤式にすることによってより新鮮なAPPSのパワーを肌に届けることに成功。従来型のビタミンC誘導体と比較して約100倍の浸透力が期待できるという頼もしい化粧水です。

ビタミンE誘導体も配合しているので、APPSとの相乗効果で高い抗酸化力を発揮してくれます。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

使い始めて数日たった自分を鏡にうつした時、「何か変わった!?」と思いました。キメも整い、ワントーン明るく見える驚きは、喜びに変わりました。これからも続けて使って、自分の肌に自信を持ちたいと思います。

女性口コミ ○

以前からとても気になっていた、2剤式化粧水。
お試しセット(40mL)使用です。

ややとろみがある、サラッとしたテクスチャー。
一般的なビタミンC誘導体配合の化粧水を使用すると、肌が乾燥してしまう印象なのですが…
こちらはしっかりと潤いを保ってくれて、翌朝にはハリのあるもち肌を実感できました。

使用前に、包材内のパウダーをローションに入れ溶かす工程があったりと「他社の化粧水よりも、ひと手間ふた手間かかる」のも事実ではありますが…
その分、より大きな効果が得られそうです。

くすみのない美肌を目指し、早速、現品購入しようと思っています。

女性口コミ ×

ビタミンC誘導体であるアプレシエが肌にいいのは周知の事実。
2剤式なので使ってみました。
使うのは面倒かな?と思っていたのですがお手軽に作れます。

80ML入っているのですが意外とたっぷり使えそう。
肌にのせてみると入るというよりはのっかるかんじ。
悪くないですよ。

他の方にも有るとおり配合の濃度はいくつなのかな?
パウダー確かに量が記載されていませんね。

にきび対策としてはすごく効果があるというわけではないです。

あとはー、あまりにもモニターさんへの配りが多すぎて実際に購入した者としてはとても存した気分。

Twitterでの評判

Instagramでの評判

まずはトライアルがおすすめ!

ローションは通常のハーフサイズが入ったコストパフォーマンスが高いセットです。じっくりとそのパワーを試してみましょう。

シーボディ薬用VCローション

シーボディ薬用VCローション

商品情報
容量:150ml
通常価格:8,640円(税込) 商品のおすすめポイントや特徴

この化粧水の最大の特徴は最新型の両性のビタミンC誘導体、VC200(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)を配合していること。200倍の浸透力で肌内部まで浸み込み効果を発揮します。

ニキビの原因となる皮脂を徹底的にコントロールしながら、ニキビ跡も防ぎます。

ビタミンAやビタミンE、ハチミツなど大人ニキビの大敵でもある乾燥を防ぐ成分もきちんと配合。さらさらすべすべのうるおい美肌が実現します。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

高いですがすごく好きです。高いので一本使うと良くなって他のものに変えるとまたブツブツと出来てしまいます。大きいニキビから小さなブツブツまで、使うと大体いつも1週間ほどで落ち着いてきます。シミへの効果はわからないですが、とてもいい商品です。

女性口コミ ○

キットを使ってみて効果があったので購入しました。

洗顔後の肌にハンドプレスで使用しています!
少しトロミのあるテクスチャで肌にのせてみると白く泡立ちます。

染みることがなく刺激も強くない、キットを使ってみているときは赤ニキビによる炎症がひいたのに、現品では全く。
むしろ顎ニキビ特大ができたのでニキビには効果なし

Instagramでの評判

lovecats_sakuraシーボディ 「VCスターターセット」 使ってみました。新型ビタミンC誘導体と、高機能ビタミンA・E誘導体を配合した化粧水、美容液、クリームの7日間お試しセット。VCローション 20ml×1・VCビタール 2g×7包・薬用VCエッセンス 8ml×1で1800円です。ローションは、手に取ってみると、さらっとしています。ほんのりとろみがあるので、伸ばしやすく、でもシャバシャバし過ぎず、使いやすいテクスチャーですね。さっぱりとした使い心地です。毛穴を引き締める効果もあるそうなので、これは長く使いたいお品。エッセンスは、手に取ってみると、結構さらっとしたテクスチャー。伸びがよくすーっと馴染み、さらっとしてるのに、しっとり。ニキビ肌の方でも使いやすいと思います。ビタールは手に取ってみると、先ほどまでのローションやエッセンスとは対照的なまでの、こっくりとしたテクスチャーです。柔らかく、伸びが良いです。馴染んだ後はしっとり。ちなみにパウチの1回分の量は結構多めに感じました。これを使っている期間は生理前後でもニキビや吹き出物が出来ずに過ごせました。全体的にライトな使い心地なので、乾燥肌の方には多少物足りないかもしれませんが、オイリー肌の人には使いやすいのではないかなと思います。特にニキビに刺激になる物は使えない、現品を買う前にしっかり試したいと言う方にはオススメです! https://ameblo.jp/pinkpenguins/entry-12355674459.html#シーボディ#VCスターターセット#VC100エッセンスローション#VC200#ニキビケア#毛穴ケア#ビタミンC#ビタミンC誘導体
まずはトライアルがおすすめ!

最新の成分を配合しているだけあって現品は高価。トライアルセットでその実力を確認してから購入しましょう。

プリモディーネ シーバムコントロールVCローション

プリモディーネ シーバムコントロールVCローション

商品情報
容量:100ml
通常価格:5,000円(税別) 商品のおすすめポイントや特徴

両性のビタミンC誘導体APPSと水溶性ビタミンC誘導体の3GAのWビタミンC誘導体パワーが特徴の化粧水です。

配合濃度は両方のビタミンC誘導体を合わせて9%と美容液並みの高濃度。APPSの浸透力で肌の深部まで入り込み活性酸素やコラーゲン分解酵素を除去するので、シミやくすみはもちろん、シワ、たるみなどにも効果が期待できます。

香料や合成界面活性剤、合成着色料やパラベン、フェノキシエタノールは配合していません。

良い口コミをチェック

女性口コミ ○

私は、5mL一本で効果があった!まず、顔全体白くなった!左ほほにうっすらあったシミも薄くなって、ニキビ跡もきれいになってきた!!私は敏感肌で、ビタミンC化粧水は、腫れてかゆくなることが多いけど、これは全くない!!敏感肌にも使えるビタミンC化粧水だと思います!

女性口コミ ○

モニターで使用。黄色の液体で 少しとろみがあります。

匂いはかすかに酸味がある香りがします。これ一本で保湿とまで保湿力が高いわけではないですが、プレ化粧水として、使用するとニキビができにくい肌になるのが実感できます。

また、シミ予防としても効いているといいなと思います。

Instagramでの評判

sese__sk1n_careシーバムコントロールVCローションⅡニキビができても治りの速さと跡を残さないです。 {痒くてガリガリしてしまった為}シミ!シミ!と思っていたけど肌を改善・整えるパワーが凄い ・全く刺激がない ・臭くない{高濃度オイルは顔がピリピリ痛い、熱くなるベタベタくさい!} 敏感肌の方ぜひ使ってみてね。大容量が欲しくなりました。 ◆浸透がよく邪魔しないから美容液もクリームもオールインワンタイプも入りますよ。 ◇秋に向けてがっちり改善おすすめです。 {内容}高濃度ビタミンC誘導体28万本も売れてる化粧水 ✅ビタミンC9%も配合している5,000yen+tax従来のビタミンC誘導体のなんと100倍染み込むパラベンフェノキシエタノール無添加敏感肌の方にもオススメ! ✅無着色でこの黄色の濃さ✅紫外線を沢山浴びたからコットンパックしたくなるさっぱりとしたローション肌の中でコラーゲンの生成を促してくれるので、シミやくすみにも効果が期待できます 👜お試し#プチプラキットもありますよ😋#プリモディーネVC#ニキビケア#スキンケア#敏感肌さん#低刺激化粧水#ビタミンCパック#化粧水紹介#夏のダメージ#シミケア#基礎化粧品#スライドショー#ニキビ跡#動画配信#スキンケア動画#プリモディーネVC #プリモディーネ#VCローション#ビタミンC誘導体#APPS#高濃度化粧水#肌トラブル改善#VCローションに期待したい肌の悩み#monipla#primoordine_fan
まずはトライアルがおすすめ!

高濃度でビタミンC誘導体が配合されているので、肌に弱い方は特に一度トライアルセットで様子を見てみましょう。

4,ビタミンC誘導体化粧水の使い方

高い美白効果やニキビへの効果が期待できるビタミンC誘導体化粧水の力を最大限に引き出すには、どうすればいいのでしょうか。ここでは正しい使用方法や効果的な使い方をご紹介しましょう。

4-1,ビタミンC誘導体化粧水の正しい付け方

ビタミンC誘導体化粧水を正しく使用して、その効果を実感しましょう。

クレンジングや洗顔後の清潔な肌に使う

クレンジングや洗顔後の清潔な肌に使う

ビタミンC誘導体化粧水は、必ずクレンジングや洗顔をしたあとの清潔な肌に使用することが大切です。メイクや汚れが肌に残ったままだと、肌の負担になる上せっかくのビタミンC誘導体化粧水が肌に吸収されにくくなります。

メイクしていない場合でも皮脂や空気中の埃などで肌は汚れています。また皮脂は酸化してニキビや肌荒れの原因にもなります。

ビタミンC誘導体化粧水の持つ効果をしっかりと肌に届けるためにも、クレンジングや洗顔をきちんと行った清潔な肌に使用しましょう。

2~3回に分けてハンドプレスでつける

2~3回に分けてハンドプレスでつける

ビタミンC誘導体化粧水は手を使用して肌に馴染ませます。適量の1/2~1/3を手に取り、体温で温めてから優しく肌全体になじませてください。なじませた後は軽く手で抑えるようにしてハンドプレスを行い、肌にビタミンC誘導体化粧水を吸収させます。

この手順を2~3回繰り返し行ってください。一度にたくさんの量を使用しても肌は一気に吸収することはできません。

1回ずつビタミンC誘導体化粧水が肌になじんだのを実感しながら、丁寧に繰り返すことがポイントです。

またハンドプレスの際には肌をごしごしこすったり、叩いたりしないようにしてください。余分な摩擦や刺激はシワやシミ、たるみなどの原因にもなります。

4-2,ビタミンC誘導体化粧水の効果的な使い方

正しい使用法をマスターしたところで、より効果的にビタミンC誘導体化粧水を使用する方法を伝授しましょう。

顔をホットタオルで温める

顔をホットタオルで温める

ビタミンC誘導体化粧水を使用する直前に、ホットタオルを利用して顔を温めてみましょう。毛穴が開いてビタミンC誘導体化粧水をよりスムーズに吸収してくれます。

ホットタオルの作り方は簡単。濡らしたタオルを絞って電子レンジ600Wで1分温めます。タオルはあまりきつく絞らず、水滴が滴らない程度にしてください。

温まったタオルを取り出す時は非常に熱くなっている可能性もあるので、注意して取り出します。少し冷まして粗熱を取り、熱すぎない程度の適温になったら顔全体に乗せて優しく押さえ、しばらくそのままにしてください。

温まることで毛穴が開くほか、血流がよくなるのでくすみの解消やむくみの軽減も期待できます。

タオルの温度が少し下がってきたら冷たくなる前に取り外し、ビタミンC誘導体化粧水を先に述べた方法で使用してください。

ラップパックで水分を密閉する

ラップパックで水分を密閉する

ホットタオル以外にも、身近にあるものを利用してできる簡単美容法の一つがラップパックです。食品の保存に使用するラップを使用します。

まずビタミンC誘導体化粧水を肌になじませますが、いつもより多め、1.2倍くらいの量を使用してください。

その後、化粧水をなじませた肌にラップを貼り付けます。顔全体に行う場合は、呼吸を妨げないようにあらかじめ口や鼻の位置に穴をあけておきましょう。

そのまま5~10分程度放置します。時間が経ったらラップを外し、美容液や乳液、クリームなどで保湿してください。

ラップの気密効果でビタミンC誘導体化粧水の成分の浸透がよくなります。

ラップパックを行う際は、必要以上に長時間ラップを張り付けたままにしないでください。特に脂性肌の方は要注意。ニキビの原因となることがあります。

また汗をかいてしまうと、せっかくの成分が汗と一緒に流れ出てしまいます。10分以内を目安に剥がすようにしましょう。

また、ラップの再利用は厳禁です。使用後のラップには皮脂や角質、雑菌が付着しています。不衛生な状態は肌荒れの原因になるので、毎回新しいラップを使用してください。

ビタミンE配合の乳液や美容液を使う

ビタミンE配合の乳液や美容液を使う

ビタミンEは脂溶性のビタミンで油分との相性がよく、乳液やクリームに配合されています。

若返りのビタミンとも呼ばれ、抗酸化作用を持ち体内の活性酸素を除去して細胞を老化から守ったり、血行をよくして新陳代謝をアップしたりする効果もあります。

ビタミンEは体内で活性酸素と結びつき、自身が酸化して寿命を迎えますがビタミンCは酸化したビタミンEを還元させて蘇らせてくれるのです。

その結果、より長くビタミンEは働くことができます。またビタミンC誘導体とビタミンEは双方が高い抗酸化力を持つ成分ですから、その相乗効果も期待できるでしょう。

4-3,イオン導入美顔器でもっと効果的に!

ビタミンC誘導体化粧水の威力をもっと引き出す方法として、イオン導入がよく知られています。イオン導入のメリットやイオン導入におすすめのビタミンC誘導体の種類、注意点など見ていきましょう。

イオン導入にビタミンC誘導体化粧水を使うメリットは?
イオン導入にビタミンC誘導体化粧水を使うメリットは? 引用元:https://skincare-nagoya.com/medical/ion.html

イオン導入は、電気の力で美容成分を肌の深部にまで届ける美容法です。通常の化粧水の塗布では浸透しない角質層よりも奥へ浸透させることが可能になります。

肌の奥まで浸透することによって美容効果が得られやすくなるのが大きなメリットです。化粧水で集中ケアができてしまうイメージと考えてください。

ビタミンC誘導体化粧水の美白作用や抗酸化力がよりダイレクトに肌に作用します。

かつては医療機関で行われていましたが、現在では手軽なイオン導入美顔器が市販されています。簡単なホームケアで高い効果が得られると美容に意識の高い層では人気を博している美容法です。

イオン導入にオススメのビタミンC誘導体はどれ?

イオン導入におすすめのビタミンC誘導体は、親水性のある水溶性、もしくは水溶性と脂溶性の両方の特性を持った両性のビタミンC誘導体が向いています。

リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビルNa、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、イソステアリルアスコルビルリン酸2Naを配合しているものがイオン導入にオススメのビタミンC誘導体化粧水です。

イオン導入が不向きな肌質は?注意点って?

イオン導入が不向きな肌質は?注意点って?

イオン導入は人工的に肌のバリア機能を一時的になくし、肌の奥まで成分を浸透させます。効果は大きいですが刺激になるなど肌負担も大きいので、敏感肌や肌の調子が悪い方は避けてください。

健康な肌の方でも毎日のイオン導入は肌の負担が大きすぎるので、3日に一度程度の使用が理想的です。

また微弱ながら電流を体に流すため、心臓ペースメーカーの機能に影響を及ぼす可能性も考えられます。心臓ペースメーカーを使用している方は、イオン導入は行えません。

電流が胎児に及ぼす影響も無視できないため、妊娠中の方もイオン導入は控えたほうがいいでしょう。

5,ビタミンC誘導体化粧水に+αで心がけたいスキンケア

ビタミンC誘導体は美白やニキビなどに効果のある、美肌の為に是非取り入れたい成分であることが見えてきました。ここでさらにビタミンC誘導体化粧水を使用する際に心掛けておきたいことをご紹介します。

ビタミンC誘導体は肌を乾燥させるって本当?

ビタミンC誘導体は肌を乾燥させるって本当?

ビタミンC誘導体には皮脂の抑制効果があります。そのため、肌の皮脂の分泌量が少なくなり、もともと乾燥肌の方やインナードライ肌の方は特につっぱりやごわつきなどを感じるようになり、乾燥させると感じてしまうことも。

ニキビ肌や脂性肌の方にとってはメリットとなる皮脂の抑制作用が、乾燥肌の方にとってはデメリットになってしまうのです。

乾燥を防ぐためにはセラミドヒアルロン酸などの保湿成分が配合されたビタミンC誘導体化粧水を選ぶとともに、美容液や乳液、クリームも保湿力が高いものを使用して丁寧に保湿するようにしましょう。

食事からもビタミンCを摂取しよう!

食事からもビタミンCを摂取しよう!

スキンケアにビタミンC誘導体化粧水を使用して美白やニキビケアを行うのなら、食事にもビタミンCを意識して取り入れ、体の内側からもケアしてあげましょう。

人間はビタミンCを体内で合成できないため、食品から摂取する必要があります。厚生労働省が定める成人の一日推奨摂取量は100㎎です。

健康を維持するために十分な摂取量は800㎎美容効果を実感するためには1000㎎以上の摂取が必要になるとされています。

ビタミンCを豊富に含む食品は アセロラやパセリ、グアバ、ピーマンやキウイフルーツ、小松菜など。これらの食品を積極的に日々の食事に取り入れましょう。

逆にビタミンCの活性を阻害する食べ物もあります。 キュウリや人参、カボチャなどに含まれるアスコルビナーゼという酵素はビタミンCを酸化させる働きを持っています。

アスコルビナーゼは加熱や酸に弱いので火を通す、またはレモン汁や酸味の効いたドレッシングをかけるなどして摂取しましょう。

体内に取り込まれたビタミンCは活性酸素を除去し、肌の老化を防いでくれます。またコラーゲンの生成をサポートするので肌のうるおいや弾力アップも期待できるでしょう。

サプリメントから効率的にビタミンCを摂取する

サプリメントから効率的にビタミンCを摂取する

美容に効果のあるビタミンC摂取量は1000mg~とされていますが、全て食品から摂るとなると大変です。レモンにすると約50個分。一日でこの量を食べることは現実的ではありません。

そこで利用したいのがサプリメント。効率よくビタミンCを摂取する為に上手に使用しましょう。

この時注意したいのが全てのビタミンCの摂取をサプリメントに頼ってしまわないこと。栄養素は食品から摂取するほうが人体は吸収しやすいといわれています。

出来るだけ食事にビタミンCが豊富な食材を取り入れるように心掛けた上で、不足分をサプリメントで補うようにしましょう。

6,ビタミンCにまつわるQ&A

ビタミンCにまつわるQ&A

ビタミンCに関する疑問をここで解決しておきましょう。

指さしOKQ.誘導体処理されていないビタミンCを肌に塗るとどうなるの?

A.誘導体処理されていないビタミンCは非常に酸化しやすく、空気に触れると酸化してビタミンCの効果を発揮しなくなってしまいます。

それだけではなく、酸化したビタミンCは活性酸素を発生し肌の刺激になって炎症を起こすなど、深刻なダメージを引き起こす可能性も。

またビタミンCそのままでは肌にほとんど浸透しないため、いつまでも肌表面に残り酸化していくことになります。

誘導体処理されていないビタミンCをそのまま肌に使用するのは危険です。必ず誘導体処理されたビタミンCが配合されているものを使用してください。

指さしOKQ.ビタミンC誘導体化粧水は高濃度の方が良い?

A.ビタミンC誘導体は美白効果、ニキビの改善など優れた美容効果を持つ成分ですが、刺激性があり皮脂を抑制する力も持っています。高濃度では効果も高くなりますが、刺激を強く感じたり乾燥が重症化したりする危険性も否定できません。

化粧品に配合されているビタミンC誘導体の濃度は1~2%が一般的ですが、美容皮膚科などでは5%を超える高濃度のものも使用されています。

5%以上の高濃度のビタミンC誘導体化粧水については、肌の状態をしっかりと観察しながら医師の指示のもとで使用すべきでしょう。

7,まとめ

まとめ

美白、そしてニキビの強い味方のビタミンC誘導体化粧水。そのままでももちろん強力な美肌の味方ですが、ホットタオルを使用したり、イオン導入を取り入れたりなど様々な方法でもっと効果的に使用できることがわかりました。

ビタミンCを食事にも取り入れて、体の内側からもケアすればさらに美肌効果が望めそうです。
ビタミンC誘導体化粧水を上手にスキンケアに取り入れて、 シミやニキビのない美しい肌を目指しましょう!

年代別おすすめ基礎化粧品