シミ・くすみは美白化粧水で予防!美白の実力は成分でわかる

シミ・くすみは美白化粧水で予防!美白の実力は成分でわかる。シミのできるメカニズムから、シミに効果的な化粧水の選び方までを解説中。

紫外線が強い季節は、いつもの化粧水を美白効果のあるものに変えるなど、多くの女性が美白対策に気を使っています。

しかし、なかには「シミがなくならない」「本当に効くの?」など、美白化粧水の効果が実感できていない人もいるようです。

そこで今回は、美白化粧水で本当にシミやくすみが解消されるのか?そのためにはどんなモノを選べばよいのか?など、美白化粧水について詳しく解説したいと思います。

トライアルセットで試せる人気の美白化粧水も併せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

美白化粧水に期待できる効果

ご存知の通り、美白化粧水とは、美白効果のある成分を含んだ化粧水のこと。しかし、美白化粧水でどこまでの美白ができるのか、疑問を持っている人も多いようです。

まずは、美白化粧水を使うことで、どのような美白ができるのか確認してみましょう。

美白化粧水で期待できる効果
○シミ・ソバカスの予防
○くすみの解消
△シミ・ソバカスを消す
△ニキビ跡の改善

上記のように、美白化粧水はシミやソバカスができるのを防ぎたい人や、透明感のある肌になりたいと考える人にオススメです。

しかし残念ながら、すぐにシミを消したい人や、元の肌より白くなりたいという人には美白化粧水は向いていません。

△印の、すでにできてしまったシミ・ソバカスを消したい、ニキビ跡を消したいと考えているなら、美白美容液や美白クリームを使ったスポットケアがおすすめ。美白化粧水と併せて使うとより効果的になります。

それでは美白化粧水の効果である「シミ・ソバカスの予防」と「くすみの解消」について、詳しくご紹介していきたいと思います。

それにはまず、シミができる原因やメラニンについて知ることも大切。次の章では、シミについて解説します。

シミができるメカニズム

ここでは、シミの原因となるメラニンが発生するところから、シミができ上がるまでを、順を追って詳しく説明します。

シミができるシステムを理解することで、美白の重要性が再確認できます!

肌は表面から順に、表皮、真皮という2つの層で成り立っていて、シミは表皮部分で発生します。

シミができるメカニズム引用元:シミは予防できるってご存知ですか?正しい知識を身に付けましょう!

普段私たちが浴びている紫外線には、肌に有害な物質が含まれているため、紫外線を浴びると、細胞はダメージを受け破壊されます。

この紫外線による細胞へのダメージを防ぐために、表皮の奥にあるメラノサイトがメラニンを生成。メラニンが盾となり紫外線を吸収して、細胞を守ってくれるのです。

メラノサイトから生み出されたメラニンは、ターンオーバーとともに、肌から排出されます。

ターンオーバーとは、表皮奥の基底層で生まれた細胞が、どんどんと表面に押し上げられ、アカとなって剥がれ落ちていくまでの、肌の新陳代謝のこと。

表皮に存在するメラニンも、ターンオーバーと一緒に肌表面に押し上げられ、自然と剥がれ落ちる仕組みになっています。

健康な肌のターンオーバーは約28日周期すが、ターンオーバー周期が乱れると、メラニンは肌から排出されないまま表皮内部に蓄積し、シミとなってしまうのです。

このように、シミの原因は紫外線。紫外線は夏だけでなく、一年中降り注いでいます。特に、5月から10月は紫外線量が多くなるため、この時期の美白ケアは必須。

シミやくすみを予防するには、一年を通して美白ケアを続けることが大切です。

では、美白化粧水を使うことによって、これらのシミがどのように解消されるのでしょうか?

その仕組みを見てみましょう。

美白成分の働き

一括りに美白化粧水といっても、シミを予防したい場合と、くすみを消したい場合では、選び方が異なります。

それは、配合されている成分により、美白への作用が違うからです。

美白成分のメラニンへのアプローチ法というのが3パターンあり、これを理解することで、理想の美白化粧水がグンと見つけやすくなります。

1,メラニンの生成をブロック

1つ目の美白方法は、メラニンの生成をブロックしてシミの発生を予防する方法です。

メラニンの発生は、紫外線を感知した表皮がメラノサイトに「メラニンを作れ」と司令を送ることから始まります。

メラニンの発生は、紫外線を感知した表皮がメラノサイトに「メラニンを作れ」と司令を送ることから始まります。引用元:【お肌のプロが徹底解説】シミやそばかすの原因や予防

メラノサイトは体内に、メラニンの元になる「チロシン」をもっており、メラニン生成の司令を受けると、「チロシナーゼ」という酵素を発生させ、チロシンを酸化させてしまいます。

チロシンは酸化により茶色に変化。これを何度か繰り返すうちに、元は無色だったチロシンが色の濃いメラニンへと変わり、メラノサイトから生み出される仕組みになっています。

美白成分であるトラネキサム酸やカモミラETは、メラニン生成の司令がメラノサイトに届くのをブロック。

メラニン生成の司令がなければ、メラノサイトが独自でメラニンを作り出すことはないので、シミの発生を防ぐことができます。

また、ビタミンC誘導体やアルブチン、ハイドロキノンは、チロシナーゼの発生を抑えたり、チロシンがチロシナーゼによって酸化されるのを阻止します。

このおかげで、チロシンはメラニンに変化することがなく、メラニンが発生することはありません。

ですから、「シミができるのを防ぎたい」と考えるなら、トラネキサム酸やアルブチン、カモミラETなど、メラニン生成を阻害してくれる成分配合の化粧水を選びましょう。

シミの予防に効果的な美白成分
有効成分:アルブチン、プラセンタエキス、ハイドロキノン、トラネキサム酸、エラグ酸、カモミラET(表示名:カミツレエキス)、4MSK(表示名:4−メトキシサリチル酸カリウム塩)など

2, ターンオーバーを促進してメラニンを排出

2つ目の美白方法は、ターンオーバーを促進してメラニンを排出することでシミを薄くする方法です。

ターンオーバーを促進してメラニンを排出

ターンオーバーにかかる日数は、年齢を重ねるごとに増えてきます。

ターンオーバーが滞っていると、表皮内にあるメラニンが排出されず、シミへと変化。また、シミにならなかったメラニンでも、肌内部に残っていれば顔色はくすんだ状態になってしまいます。

こんな時に活躍してくれる美白成分が、エイジングケアにも効果的なプラセンタエキス。プラセンタエキスには、細胞を作り出す原料となるアミノ酸やタンパク質が多く含まれるため、新しい細胞を生み出す手助けとなり、ターンオーバーを促進します。

さらにプラセンタには、皮膚細胞を増殖させる「EGF」や、コラーゲン・ヒアルロン酸を増やす「FGF」という成長因子が含まれていて、ターンオーバーを活性化。

ターンオーバーがスムーズに行われれば、余分なメラニンが排出され、シミのない透明感のある肌が保たれます。

シミの改善、くすみの解消に効果的な美白成分
有効成分:プラセンタエキス、ビタミンC誘導体(表記名:アスコルビン酸グルコシドなど)

3, メラニンを還元

3つ目の美白方法は、メラニンの還元作用により、シミを薄くする方法です。

メラニンの還元作用により、シミを薄くする

還元とは元に戻すこと。つまり、黒くなったメラニンを無色のチロシンに戻すというもの。

すでにできてしまったシミにも有効なため、シミが目立ち始める40代以降の肌ケアなどに用いられます。

今現在、この還元作用をもつ美白成分は、ハイドロキノンとビタミンC誘導体のみ。

ハイドロキノンの効果は高いのですが、肌への刺激が強いため敏感肌の人は、ビタミンC誘導体配合のものを使うほうが無難です。ハイドロキノンに比べると効果は低くなりますが、低刺激で安心できます。

できてしまったシミを消す美白成分
有効成分:ハイドロキノン、ビタミンC誘導体

美白成分は、このように3つの方法でシミにアプローチして、美白効果を発揮しています。

シミの予防にはアルブチンやエラグ酸の配合されたもの、肌のくすみが気になる場合はプラセンタエキス配合の化粧水を選びましょう。

また、ビタミンC誘導体はすべてに効果的な成分。複数の効果を求めるなら、ビタミンC誘導体配合のものがおすすめです。

このように、各成分の働きを知ることは、自分の美白目的に合った化粧水を選ぶ際の目安になります。

実際に美白化粧水を選ぶ時には、ほかにも気をつけていただきたいポイントがありますので、続けてご紹介しておきましょう。

美白化粧水選びの2つのポイント

美白化粧水選びの2つのポイントを解説するイメージ画像。

1,迷った時は、「医薬部外品」と書かれたものを選ぶ

美白化粧品には、「薬用」や「医薬部外品」と書かれたものがあります。これらは、厚生労働省により美白効果があると認定された有効成分を一定基準配合した化粧品のこと。

化粧品のなかには、「○○ホワイト」など美白をイメージさせるパッケージであっても、有効成分が配合されていないものもあります。

厚生労働省認可の美白成分で、美白化粧水に配合されやすいのは以下のような成分です。

・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・アルブチン
・トラネキサム酸
・4MSK

なかでもビタミンC誘導体は、水に混ざりやすい性質のため、化粧水に配合しやすく、肌のハリなどアンチエイジングにも効果があることから、多くの美白化粧水に用いられています。

先程の章でご紹介している成分ごとの美白効果を思い出せない時は、「医薬部外品」と表記のある化粧水から選んで下さい。

2,保湿力に優れているものを選ぶ

実は、美白のカギを握っているのが「保湿」。

人間の肌には本来、「バリア機能」というものが備わっていて、肌表面にバリアが張られています。

そのため保湿の行き届いた肌は、バリア機能が正常に働き、ある程度の紫外線なら跳ね返すことができるのです。

しかし乾燥した肌は、バリア機能が低下しているため紫外線のダメージを多分に受けてしまいます。すると肌は大量のメラニンを発生させ、新たなシミの原因が作られてしまうのです。

ですから、美白化粧水は、同時に保湿ができるものを選びましょう。

化粧水によく配合されている保湿成分には、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、ライスパワーNo.11エキスなどがあります。

「医薬部外品」のもの、高保湿のものを選ぶことで、美白化粧水の効果が実感しやすくなります。これら2つのポイントに気をつけ、上手に美白化粧水を見つけてください。

最後に、美白化粧水を探している人のお悩みをいくつかご紹介しておきます!

お悩み①日焼けしちゃった!いつもより美白効果の高い化粧水に変えるべき?

お悩み①日焼けしちゃった!いつもより美白効果の高い化粧水に変えるべき?のイメージ画像。サンダル焼けしてます。

日焼け後すぐの肌は、炎症をおこしている状態。軽度のやけどをしているのと同じです。

まずは保湿を十分に行なって、肌のダメージを和らげてください。そして肌が落ち着いたら美白化粧水を使いましょう。

美白化粧水にはビタミンC誘導体が配合されたものが多くありますが、ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑える性質があるため、肌が乾燥しやすくなります。

保湿効果のない美白化粧水の場合は、まずは保湿専用の化粧水で水分を補給してから美白化粧水の使用をしましょう。

ハイドロキノンなど美白効果の高い成分は肌への刺激が強いので、様子を見ながら使うようにしてください。

日焼け後のケアにオススメな保湿効果の高い美白化粧水は、次の3点です。

日焼け後のケアにオススメの美白化粧水3選

アスタリフトホワイト ホワイトブライトローション

アスタリフトホワイトホワイトブライトローションを含むアスタリフトホワイトお試しセットはこんな感じ。緑の枠のが美白化粧水です。

トライアルセット価格:1,000円(税抜き)

アスタキサンチンや、3種のコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷりと配合された美白化粧水。独自開発の保湿成分「ナノAMA」が角層をみずみずしく整えながら、美白成分が浸透するための道を作り、次に使う美容液の浸透力を高めます。

アンプルールラグジュアリーホワイトローションAOⅡ

アンプルールホワイトお試しセットに入っている美白化粧水はこんな感じです。

トライアルセット価格:1,890円(税込)

3種のセラミドが、お肌に必要な水分を補充。とろっとしたテクスチャーなのに肌に瞬時に浸透し、濃厚な潤いが長時間続きます。3年連続モンドセレクション金賞を受賞するなど、多くの美容サイトで高評価の実力派コスメです。

シーボディプラチナVCローション

シーボディプラチナVCローションは、シーボディプラチナお試しセットに入ってます。緑の枠で囲まれたのが美白化粧水です。

トライアルセット価格:1,000円(税抜き)

肌に負担となるものを極力排除し、敏感肌のことを考えて作られた化粧品。ヒト型セラミド5種などの成分が、水分保持力が低下したお肌に潤いをもたらします。「最新型ビタミンC誘導体」や「新安定型ハイドロキノン」など、最新の美白成分も配合されています。

お悩み②美白化粧水を使っているけど、くすみがとれない!

実は、肌のくすみは4種類に分けられます。その中で美白化粧品が解消できるくすみは「メラニンの蓄積」が原因で発生したくすみのみ。

ですから、美白化粧水で一向にくすみが改善されない場合には、くすみの種類を確認する必要があります。

各くすみの特徴を解説しますので、自分のくすみがどの種類なのか、どのようにケアをすればよいのかをチェックしてください。

・乾燥くすみ
特徴:肌に透明感やツヤがなく、グレーがかって見える。
ケア方法:高保湿の化粧品などでケアし、乾燥から肌を守る。

・メラニンくすみ
特徴:顔全体、または目元が日焼けしたように茶色く見える。
ケア方法:美白化粧品を使ってケアするとともに、外出の際には日焼け対策を行う。

・血行不良くすみ
特徴:顔色が青黒く、青クマが目立つなど、疲れた印象に見える。
ケア方法:入浴中にマッサージをして血流をよくしたり、体が冷えないよう心がける。

・角質くすみ
特徴:肌がガサガサとゴワつき、グレーがかった顔色に見える。
ケア方法:ターンオーバーの乱れによって古い角質が溜まっている状態。まずはピーリングで角質除去を行なったうえで、十分な保湿ケアを。

メラニンくすみの解消におすすめの美白化粧水は、次の3点です。

メラニンくすみの解消におすすめの美白化粧水3選

DECENCIAサエル

ディセンシア サエル美白化粧水はこんな感じ。

トライアルセット価格:1,480円(税込)

敏感肌専用の化粧品なので肌への刺激が少なく、デリケートな肌質の人でも安心して使えます。ビタミンC誘導体でメラニンを還元、オリジナル成分の「エスクレシド」でメラニンの生成をブロック。できてしまったシミを薄くし、くすみの元を作りません。

HANAオーガニックフローラルドロップ

ハナオーガニックフローラルドロップ化粧水の現品はこんな感じ。

トライアルセット価格:1,480円(税込)

100%天然オーガニックの化粧品。水を一切使用しない、ブルガリア産のダマスクローズ水を基本とした贅沢な化粧水です。伝承医療である漢方を取り入れることで、肌の生まれ変わりを促進させ、くすみを解消します。

KOSE米肌澄肌美白化粧水

米肌美白化粧水の現品はこんな感じ。

トライアルセット価格:1,389円(税抜き)

米と発酵の力で潤いを満たし、透明感のある肌を作り上げる「米肌」の美白シリーズ。ビタミンC誘導体が潤った角層のすみずみまで浸透し、メラニンの生成を押さえます。浸透力が高いので、高保湿でもベタつきません。

まとめ

以上のように、美白化粧水はメラニンの発生を抑えたり、メラニンの排出を促すことで、シミやくすみを改善してくれます。

ただし、美白化粧水を使い始めたからと言って、すぐに効果が実感できるわけではありません。

お肌のターンオーバーは28日周期ですから、せめて、2~3ヶ月は使い続けて様子を見てください。

まずは、トライアルセットで自分のお肌に合ったものを探すことをおすすめします!

年代別おすすめ基礎化粧品