資生堂WASO (ワソウ)トライアルセット デリシャススキンボックス

資生堂waso(ワソウ)という、『にんじん・ビワの葉・豆腐・白きくらげ・はちみつ』の5つの自然素材に着目して作られたスキンケアが販売されていました。

洗顔、クレンジング、化粧水、クリーム2種、日中用乳液2種の7アイテムで展開されているシンプルなスキンケアみたいです。

和食のフィロソフィー(素材の良さを引き出す)から生まれたスキンケア。

お試しサイズの化粧水・クレンジング・クリームが入ったデリシャススキンボックスは、2160円(税込み)となってます。資生堂のトライアルセットは1000円台であることが多いので、なんだかお高いように感じましたが、内容量がたっぷりサイズとなっているため、やむを得ないと感じました。

「できてしまったシミ・深刻なシワ」などの著しい改善は期待できませんが、「私のまま」でありつづけるために必要な保湿効果は◎なスキンケアみたいです。コンセプトが「和」ということもあり、いずれは世界進出を狙っている??スキンケアラインのため、使ってみたいと思います。

クイック ジェントルクレンザーでメイク落としします。

資生堂が世界向けの作った、植物由来のスキンケア。
資生堂WASOワソウスキンケアは、オーガニックなスキンケア?となるのかな?クレンジングジェルの使用感を写真つきで口コミ報告。

泡立て不要のクレンジング料で、洗顔+メイク落としの両方の働きをしてくれます。

しっかりとしたお花の香りをしているクイックジェントルクレンザーは、男性用ひげそりジェルよりゆるめのテクスチャー。

透明なクレンジングは、オイルやリキッドだったりすることが多いのですが、ジェリー状のクレンジング料となってます。

資生堂wasoスキンケアのクイック ジェントル クレンザーでクレンジングできるか口コミ報告します。
資生堂wasoスキンケアは、和食フィロソフィーによって作られたクレンジング料を使ってみたいと思います。

ジェリー状をしているwaso クイックジェントルクレンザー洗顔料。ぷるんとしてるように見えて、実はとろ~んとしているとっても不思議なテクスチャーをしてます。

メイク落としとして使う時は、乾いた手でとり、濡らしてない顔に使います。少しくるくるしていると白濁してきて、メイクが徐々に落ちていく感じに。

資生堂wasoスキンケアのクイック ジェントル クレンザーという洗顔料兼クレンジング剤の使用方法をまとめてみました。白濁しているのが、クレンジングできはじめた証拠?
資生堂ワソウスキンケアは、シンプルに作られた若年層向けのスキンケア。ナチュラルスキンケアそのものの感じです。美白成分を含まず、アンチエイジング成分も含まずといった、あるがままのスキンケア展開になっています。

ゴシゴシする感じではなく、くるくるすると刺激にもならなくて◎リキッドアイライナー・アイシャドウ・口紅まで、問題なくうきあがりました。

オイルとかでは無いので、特に乳化は必要無いかとも思うのですが、習慣的にぬるま湯を1~2滴たらして乳化させてみると、洗い流すのも簡単だと感じました。

フレッシュ ジェリーローションはトロッとした化粧水。

資生堂の素材の良さを引き出すために作られたスキンケアwasoのトライアルセットを使ってみました。
資生堂wasoスキンケアは、和食の「素材の良さをいかす」ことをヒントに作られた基礎化粧品ライン。

無色透明をしているフレッシュジェリーローション。「保湿に特化したスキンケア」の化粧水らしく、美白成分などは入っていません。

資生堂waso基礎化粧品の化粧水は、ジェル状。なのですがぷるんとしたジェルではなく、トローッとしたジェルでした。
資生堂wasoトライアルセットに入っているフレッシュ ジェリー ローション は、ジェリー状化粧水。

見た感じトローッとしているフレッシュジェリーローションは、容器を傾けるとみたまんまと同じでたらーっと出てくる感じです。出しすぎ要注意です。

資生堂ワソウお試しセットに入っているフレッシュ ジェリー ローションは化粧水です。ナチュラル化粧水ということなので、肌なじみを写真付きで口コミ報告します。
資生堂wasoスキンケアの写真付き口コミ報告。フレッシュ ジェリー ローション化粧水の肌なじみも報告してます。

トローッとしたテクスチャーなので、質感もベタつきが残ったりしないか心配になりましたが、思ったよりあっさり。「いつまでもベタベタする」感じはないけど、「程よくしっとり感は残る」感じなのは◎

ちょうど良い感じで、ここでスキンケアを終わらせたいのですが、今年40歳になった私の目尻や口元は、油断するとすぐ乾いて「肌が突っ張る」ので、すぐさまクリームを塗ります。

クリア メガハイドレーティングクリームは保湿クリーム。

資生堂wasoお試しセットに入っているクリア メガハイドレーティング クリームの使用感報告中。
資生堂ワソウスキンケアのクリア メガハイドレーティング クリームは、保湿クリームの役割を果たします。

資生堂wasoの半透明のクリームは、メイクの上からも保湿できるように作られているそう。確かにこの色なら、メイクの上にちょこっとのせても、メイクの邪魔はしなさそうです。

資生堂の新しいスキンケア wasoのお試しセットがあったので、購入しました。保湿クリームも販売されていたので、使ってみた感想を写真付きで口コミしています。透明なクリームといった感じのクリームです。
見た目はジェルのように見える資生堂wasoのクリア メガハイドレーティング クリーム。不思議です。

スパチュラで適量をとり、手の甲にのせてみました。溶けてなくなる系のクリームとは、肌へのなじみかたが少し違う気が…

資生堂ワソウスキンケアのクリームはジェルっぽいのに、クリームという名前をしています。
資生堂wasoスキンケアのクリア メガハイドレーティング クリームの香りや使用感について画像をつけて報告します。

肌なじみはとてもあっさりとしているため、朝スキンケアとしてはとっても◎メイクの上からでもOKとのことだったので、試しにチークの上にのせてみましたが、よれる感じはありませんでした。

今まで、「保湿クリームをメイクの上から塗る」って発想を実行に移すことはしてこなかったので、他のクリームと比べることはできませんが、「ありよりのあり」な感じです。

ただ、多めに塗ってしまうとツヤ感が全面に出てしまいテカってしまうので、頬の高い位置などのテカリが強調されるでっぱり部分は塗らないor薄く塗る潔さが必要です。

おまけのマルシェバックはこんな感じ。

資生堂wasoお試しセットのセット内容を写真付きで口コミ報告します。
ナチュラルスキンケア資生堂wasoのお試しセットはこんな感じに軽くラッピングされていました。

デリシャスボックスキットと名付けられたこのセットは、マルシェバックとBento Boxで構成されていました。

資生堂ワソウのお試しセットはbentobox形式で入っていました。この感じは確かにbentoだわ。
資生堂WASO (ワソウ)トライアルセット デリシャススキンボックスにセットインされていたマルシェバックはこんな感じ。

Bento Boxには、クイック ジェントルクレンザー、フレッシュ ジェリーローション、クリア メガハイドレーティングクリームが可愛らしく並べられていました。

白ご飯のところにあるのがクレンジング、大きいおかずのところには化粧水、小さいおかずのところにはクリームとなってます。白ごはんの横は、箱のバランスと強度のために何も入れていないように思いますが、母的には隙間なく埋めてあげたいので、日焼け止めサンプル入れてくれたら嬉しいと思いました。

資生堂ワソウトライアルセットに入っていたマルシェバックの開け口はこんな感じ。ちょっとチープです。
このタグがどうしても好きになれません。

ポリエチレンとポリエステルでできたこのマルシェバック。可愛らしいのは可愛らしいんですが、「まぁ、おまけだからね」というクオリティーではあります。奥行きもあるし、お弁当を何度か持ち運べれば上出来だと思っています。ただ、この横のタグだけは…主張しすぎの気がします。正面のWASOロゴや後ろのメッセージも、カッコ良かったのに少し残念。

「肌の色・肌の悩み・男女の違い」に関係なく作られたボーダーレススキンケアのようで、『肌の汚れをきちんと落とし・肌を乾燥させないように保湿・外からの刺激(紫外線やアレルゲン)から肌を守る』ことを目的としたシンプルなスキンケア構成になってます。

将来的に「ホストファミリーになりたい!」という目標があるのですが、こんなスキンケア凄く◎と思いました。

資生堂WASO (ワソウ)トライアルセット デリシャススキンボックス詳細

商品名資生堂WASO (ワソウ)トライアルセット
分 量約7日分
価 格2,160円(税込み)
送 料送料無料
特 徴 保湿自然派
セット内容クイック ジェントルクレンザー(洗顔・メーク落とし) 50mL
フレッシュ ジェリーローション(化粧水) 50mL
クリア メガハイドレーティングクリーム(保湿クリーム) 16g
   +
オリジナルマルシェバック

資生堂WASO (ワソウ)トライアルセット デリシャススキンボックスの購入はこちら