無添加ファンケル アクティブコンディショニングベーシックうるおい1ヵ月実感キット

FANCLの無添加という考え方は防腐剤・香料・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤・合成色素などを一切含まないということです。

防腐剤などを含まないということは、商品の消費期限が短くなり販売しにくいというリスクがあるのにもかかわらず、無添加にこだわり化粧品を作るのはなぜなんだろうと疑問に思ったので調べてみました。

ファンケル無添加ファンケルアクティブコンディショニングベーシックを使った感想を写真付きで口コミ報告していきます。写真はお試しセットに入っていたものすべてをピックアップしたところです。

防腐剤などの添加物は使用を続けることにより、肌への蓄積は続いてしまうようで、角質中の防腐剤量というのは防腐剤の使用を中断すると格段に減ることが分かっているようです。

実際に防腐剤を配合した化粧水と配合していない化粧水では、防腐剤を含まない化粧水のほうが効果があったとの実験結果も。「キレイになるための化粧品に、キレイをさまたげるものがあってはいけない。」というファンケルの考え方により近いのは、防腐剤を含まない無添加化粧水ということのよう。

ファンケル無添加基礎化粧品トライアルに入っていた未開封のアイテム写真。自分で開封するという特殊容器がとても新鮮に感じました。これは開けたら忘れないように貼るシール。

無添加の信頼に応えるべく密封容器・製造年月日の表示・FANCL無添加サイズなど独自の工夫などもしているみたい。百聞は一見にしかずということわざもあるので実際に体験してみます!

マイルドクレンジングオイルでメイク落としします。

ドリカムの吉田美和さんがCMしていた無添加基礎化粧品ブランド ファンケルアクティブコンディショニングベーシックお試しセットに入っていたおまけのクレンジングオイルがコレ!可愛いのに10回分入ってます。
無添加スキンケア ファンケルアクティブコンディショニングベーシックお試しセットに入っていたクレンジングオイルは密閉されて届きます。

ファンケルのクレンジングオイルは、サンプルボトルにも関わらず、密封された状態で届きます。空気に触れない密封状態での保存可能期間は3年、開封後の使用期限は120日になっていました。

オレンジのリングを外すことでファンケルのクレンジングは、使いはじめることができます。
未使用のファンケルクレンジングオイルを使いはじめるためには、オレンジのリングを外して、きゅっと閉めると使いはじめることができます。

オレンジのキャップを外して、またしっかり締めれば準備完了となります。

無添加基礎化粧品FANCL(ファンケル)のクレンジング効果をリキッドアイライナー・アイライナー・アイシャドウ・口紅を使って実験している画像。サラーッとしてます。
無添加基礎化粧品ファンケルお試しセットに入っていたマイルドクレンジングオイルで化粧落とし検証をしているところ。オイルを軽くなじませている間にアイシャドウは浮き上がってきてます。

さらーっとしているファンケルのマイルドクレンジングオイル。メイク部分にのばしているだけなのに、アイシャドウはすっかりなじんできているのがわかります。アイシャドウ・ペンシルアイライナーに関しては、このまま水をかけてもキレイに洗い流せるかも。

ファンケルのマイルドクレンジングオイルには、当然のことながら石油系界面活性剤などは含まれていません。本当にメイク汚れが落ちるのか試したのが↑この時点ではリキッドアイライナーが少し残っています。
ファンケル無添加アクティブコンディショニングベーシックキットのおまけとして入っていたマイルドクレンジングオイルのクレンジング力を写真付きで公開。画像はぬるま湯をたらして乳化しようとしているところ。

リキッドアイライナーが少し残っているように見えることを除けば、メイクはすっかり浮き上がっているように思えるので、ここでぬるま湯をたらして乳化を開始します。

ファンケルアクティブコンディショニングベーシックのおまけとして入っていたマイルドクレンジングオイルのメイク落とし力をチェック中。
無添加化粧品ファンケルのマイルドクレンジングオイルでメイク汚れが落ちるか調べてみました。

ぬるま湯をたらした時に白濁するクレンジング剤は、しっかり乳化させて洗い流すのが正しい使い方だと思っているので、ファンケルマイルドクレンジングオイルも濡れた手でなぞるイメージで乳化させます。

全体的に白濁したら洗い流すタイミング!オイルだけど軽く流すだけで良い点が◎リキッドアイライナーもきちんと落ちてました。

洗顔パウダーを泡立てネットで泡立てます。

濃密もっちり泡で「余分な皮脂や角栓などの汚れまでとってしまおう♪」と考えているファンケルのパウダー洗顔料。パウダー洗顔料って泡立つの?を実際に検証して口コミ報告行きます。
ファンケルのパウダー洗顔料には、肌のべたつきを抑えるさらさらパウダーなるものが配合されている模様。ぷくぷく泡になるのか検証中。画像は1パウチ中に含まれるパウダー洗顔料の内容量目安です。

1パウチの量はこれぐらい。私の手は、一般的な女性の手に比べて小さめなのでご了承ください。参考までですが、ホームページで調べたところによると、ティースプーン1杯分くらいが使用目安になるようです。

ファンケルパウダー洗顔料を、濃密もっちり泡だてネットを使って泡立ててみます。
ファンケル保湿スキンケアに入っていた泡立てネットを使ってみました。

リニューアルされた泡立てネットがこちら。

ネットの中心のつまみ部分を持ち、ネット部分を裏返すと洗顔パウダーの計量皿がでてきます。

リニューアルされたファンケル泡立てネットを使って、洗顔パウダーを泡立ててみます。
ファンケル洗顔パウダーをファンケル泡立てネットで包み込み、くしゅくしゅしているところ。

計量皿にファンケル洗顔パウダー1包分を入れて、泡立てを始めます。

ファンケル泡立てネットを使って泡立ててみました。もっちり泡が簡単にできるよ。instagood
ファンケル泡立てネットを使うと思いの他、きめ細かい泡がたちます。

泡立てネットに計量皿がついたことにより、洗顔パウダーがポロポロとこぼれる量が減ったような気が…上手に泡立てることができて、とっても◎

ファンケル泡立てネットで泡立てたファンケル洗顔パウダー一包分の泡がこちら。
洗顔後に洗面器代わりに使っていたガラス容器に落ちていたパウダー洗顔料と泡など。

だいぶ不器用な私は、泡立てる横からパウダーがポロポロ、泡立てた泡もポタポタ落としてしまいましたが(右画像)、簡単に作れたモコモコ泡に大満足です。泡立てネットが上手に使えるようになるまでは、空の洗面器のうえで泡を作りたいと思います。

ファンケル化粧液を開けてみます。

ファンケルアクティブコンディショニング化粧液の肌なじみを写真つきでクチコミ中。
ファンケル化粧液は密封容器に入って届きます。なので、この時点ではひっくり返しても大丈夫。

防腐剤無添加で作られていることもあり、密封状態で届くファンケルアクティブコンディショニングベーシック化粧液。特別な道具などは用いずに、開封が可能です。

オレンジのリングがフタに付いている間は、密封状態が保たれていることになります。写真はファンケルアクティブコンディショニング化粧液。密閉された状態。
ひっくり返しても大丈夫、こぼれていない、なファンケルアクティブコンディショニングローションの使い方。

ファンケルの密封状態を画像で紹介します。キャップを開けた段階では、内側に傷がついていないため、密封状態が保持されており、ひっくり返しても化粧液はでてきません。

リニューアルされた無添加化粧品ファンケルアクティブコンディショニングローションを使ってみようと思います。写真つきでクチコミ中
ファンケルアクティブコンディショニングローションの使い方を報告。写真つきで報告していきます。

ファンケル化粧液を使えるようにするためには、キャップ部分に付いているオレンジのリングを外します。

オレンジのリングを外した状態のキャップをぎゅっと閉めたらOK、開封完了です。

ファンケル化粧液を使ってみます。

ファンケルアクティブコンディショニング化粧液、しっとりタイプの肌なじみを写真つきでクチコミ報告中。
製造年月日がきちんと印字されていた無添加基礎化粧品お試しセットに入っているアクティブコンディショニング化粧液しっとりタイプ。開封後は60日以内に使い切ることを推奨しています。

濁りのない透明なファンケルアクティブコンディショニングベーシック化粧液。通常の化粧水よりやや美容液よりなテクスチャーをしている感じ。

香料無添加ということもあり、特別な香りなどはなく、生理前後の匂いに敏感なときも気兼ねなく使えそうです。

無添加基礎化粧品としても有名なファンケルですが、始まりは35年前。日本で黒皮症などの皮膚障害が社会問題になったときなんだそう。無添加にこだわって作られた化粧液の使用感を写真つきでクチコミ報告します。
ファンケルAC化粧液の肌なじみや質感をクチコミ公開中。

肌が敏感な状態の時などには刺激に感じるアルコールなども入っていないため、肌なじみに関してはどちらかと言えばゆっくりめ。じっくり浸透していく感じです。

ファンケル乳液を開けてみます。

無添加化粧品ファンケル、アクティブコンディショニングエマルジョンを使ってみたいと思います。
早速フタを開けたのですが、もう一つのキャップが。ファンケルお試しセットに入っていたアクティブ乳液の使い勝手報告。

ファンケルアクティブコンディショニングベーシック乳液。キャップを開けたら、小さめのキャップが…まるでマトリョーシカだわ、って思ったのは、こちらに置いといて、よくみると食玩やプラモデルなど組み立てる系のバリ?ゲート?的なものでつながっています。

特許第3978202号の特許技術によって作られた密封容器だそうで、乳液充填後、消費者が開封するまで、新たな空気にふれることがないように作られています。

無添加処方で作られた化粧品のため、空気に触れないように充填されているようです。こんなところにバリで止められていました。
ファンケル乳液をあけたところ。中用キャップはこの時点から不要なものとなります。

時計回りでも反時計回りでもよいので、力任せに回してゲートを切り離してしまい、はずれた内キャップは、今後使わないため捨てることにします。これからは外キャップのみをキャップとして使用することになります。

容器のリニューアルに伴いプッシュタイプ容器になったので、とっても使いやすくなって◎ファンケル乳液のテクスチャー状、これがベストだと思います。

まだ未開封の状態のアクティブコンディショニング乳液。ファンケルでは新鮮な状態で届けるために化粧液・乳液・クレンジングは密閉容器で届きます。その後開けたらこんな感じ。
なめらかでいてこっくりとしているアクティブコンディショニング乳液。乳液なのですが、クリームがライン専用には存在しないため、これで調節することになりそうです。

4~5回プッシュすると、アクティブコンディショニング乳液が出てきます。ダラーッとはならない乳液で、テクスチャーが美容液のようになめらかなため、少量でもよくのびます。こちらもアルコール不使用のため、すーっとなくなることはありません。

ここのところ、エアコンの効いた室内で作業することが多かったせいか、肌が乾燥していることが多く、ファンデーションが浮いてしまうことがあったのですが、ファンケルベーシックタイプを使うようになって改善の兆しがみえてきました。

少し汗には弱い気がしますが、ファンデーションは浮かなくなったので私的には◎楽しく使えています。

ファンケルのポーチは大容量タイプ。

ファンケルアクティブコンディショニングベーシックトライアルセットに入っていたおまけポーチの大きさを報告。手がすっぽり入ります。

ファンケルポーチのサイズは、高さ約15センチ、幅約21.5センチ、マチはありませんがファスナーを全開にすると、いろいろ入れることできそうです。レスポートサックのポーチっぽい質感で、汚れたら気軽に洗えそうなので、使うのが楽しみ。(ポリエステル製で、製品の特性上、丸洗いはおやめくださいとありました。洗濯機洗いは避け、手洗いしようと思いました。)

無添加ファンケル アクティブコンディショニングベーシックうるおい1ヵ月実感キット詳細

商品名無添加ファンケル アクティブコンディショニングベーシックうるおい1ヵ月実感キット
分 量約30日分
価 格1,510円(税込み)
送 料送料無料
特 徴 保湿無添加
セット内容化粧液Ⅱしっとり 30mL(約30日分)
乳液Ⅱしっとり 30mL(約30日分)
   +
マイルドクレンジング(約10回分)
洗顔パウダー(10回分)
泡立てネット
   +
オリジナルポーチ

無添加ファンケル アクティブコンディショニングベーシックうるおい1ヵ月実感キットの購入はこちら