美白クリーム・美白美容液でシミは消せる!シミ解消に効果的な最新美白成分を徹底解剖

美白クリーム・美白美容液でシミは消せる!シミ解消に効果的な最新美白成分を徹底解剖。美白コスメのコツについて。

「できてしまったシミは、セルフケアでは治らない…」なんて、諦めていませんか?

日本人女性にとって美白は永遠のテーマ。そのため、各化粧品メーカーにとっても美白化粧品の開発は力の入れどころで、年々注目のアイテムが登場しています。

なかでも美白効果が高いとされるのが、美白クリームと美白美容液。一昔前ならエステや医療でしかできなかったシミ消しが、化粧品でかなう時代になったのです。

そこで今回は、シミを消したい人のために、本当に効果的な美白クリーム・美容液を選ぶ上手な方法をご紹介したいと思います。

決め手となるのは、美白成分の見極め方。

ラベルに記載された美白成分を読み取るワザを身につけ、本当に効き目のある美白クリーム・美容液を見つけましょう!

シミができる原因とは?

シミを消したり、防ぐことを考えるには、シミの原因が何であるのか、どのような仕組みでできるのかを知ることが大切です。

まずは、シミが発生するメカニズムから見てみましょう。

シミができるメカニズム引用元:シミは予防できるってご存知ですか?正しい知識を身に付けましょう!

肌の細胞は、紫外線を浴びることで破壊されたり、ダメージを受けてしまいます。

これを防ぐため肌の表面が紫外線を感知すると、肌内部に存在するメラノサイトがメラニンを放出。放出されたメラニンが盾となって紫外線を吸収し、他の細胞が破壊されないように防御してくれるのです。

また、健康な肌は約28日周期でターンオーバー(新陳代謝)が行われています。

ターンオーバーとは、肌の奥で生まれた細胞が、肌表面に押し上げられ、アカとなって剥がれ落ちるまでの過程のことで、ターンオーバーが正常に行われていると、メラニンも細胞と一緒に肌表面に押し上げられていき、自然と肌から排出されます。

しかし、加齢や肌の乾燥などによってターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンが肌内部に蓄積されたままになり、シミへと変化してしまうのです。

このようにしてできてしまったシミに効果をもたらしてくれるのが、美白クリームや美容液などの、美白成分を含んだ化粧品。美白化粧品にどのような効果があるのかを、詳しく見てみましょう。

美白クリーム・美容液の効果

美白クリームや美容液は、化粧水に比べ、有効成分が高濃度で配合されているため、効果が高いとされます。

その主な効果が以下の3つ。

・できてしまったシミを消す
・シミを予防する
・ニキビ跡の改善

特に、できてしまったシミやニキビ跡のスポットケアとして人気です。

近年の美白化粧品は、新たな美白成分が次々に開発され、シミが消せるまでの効果が期待できるようになりました。しかし、シミにはいくつかの種類があり、美白化粧品では改善できないものもあります。

それは一体どのようなシミなのでしょう?

美白化粧品では消せないシミがある!?

一括りにシミと言っても、種類はさまざま。

私たちが一般的にシミと呼んでいるのは、「老人性色素斑」のことで、美白化粧品で改善することが可能です。しかし、「脂漏性角化症」と呼ばれるシミには、美白化粧品では効かず、クリニックで除去するしかありません。

シミケアを始める前に、自分のシミが美白化粧品で治すことのできるシミかどうかを確認しておきましょう。

シミの種類

シミの種類引用元:シミの種類について|シミナビ

老人性色素斑:美白化粧品の効果◯

シミの種類:老人性色素斑引用元:アンチエイジングの神様

特徴:紫外線の影響でできる代表的なシミ。はっきりとした輪郭のシミで、大きさは小さいものから2cmくらいまであり、色も薄茶色から茶褐色までさまざまです。

肝斑:美白化粧品の効果◯

シミの種類:肝斑引用元:アンチエイジングの神様

特徴:女性ホルモンや摩擦が原因のシミで、左右対称で広範囲に広がっているのが特徴。薄い茶色で境目がはっきりせずモヤッとしたシミ。トラネキサム酸の内服も効果的。

雀卵斑(ソバカス):美白化粧品の効果◯

シミの種類:雀卵斑(ソバカス)引用元:アンチエイジングの神様

特徴:鼻を中心に両頬に、小さくて茶色い点状のシミが広がるのが特徴。遺伝的な要素があり、色白の人に多くみられます。理論的に美白化粧品は有効ですが、改善が難しい場合も。

炎症性色素沈着(ニキビ跡):美白化粧品の効果◯

シミの種類:炎症性色素沈着(ニキビ跡)引用元:アンチエイジングの神様

特徴:ニキビや虫刺され、ヤケド、キズなどの炎症が起きた後に、メラニンが沈着してできるシミ。下着などの摩擦で起こる黒ずみもこのタイプ。紫外線が原因ではないが、色素沈着でできるシミの一種のため美白化粧品が効果的。

脂漏性角化症:美白化粧品の効果×

シミの種類:脂漏性角化症引用元:アンチエイジングの神様

特徴:もともとあったシミが分厚くなって、茶色く盛り上がったもので、加齢とともにできやすくなります。シミの進化したもので、美白化粧品では治すことができません。

このようにほとんどのシミは、美白化粧品が有効に働きます。

では実際にシミを撃退するには、どのような美白クリーム・美容液を使えばよいのでしょう?

次の章で、ご紹介していきます。

美白クリーム・美容液は、目的に合わせて選ぶ!

できてしまったシミを消したいのか、シミができないように予防したいのかによって、美白クリーム・美容液の選び方は変わってきます。

なぜなら、一言で美白美容液といっても、配合されている成分によってメラニンへの働きかけが違ってくるため、結果的に、美白効果も異なってくるのです。

ここでは、美容成分がメラニンに対してどのように働くのかを説明したいと思いますが、その前に、メラニンができる仕組みを、簡単に解説します。

メラニンができるメカニズム

メラニンの発生は、紫外線を感知した表皮がメラノサイトに「メラニンを作れ」と司令を送ることから始まります。引用元:【お肌のプロが徹底解説】シミやそばかすの原因や予防

メラニンが生み出されるのは、紫外線を感知した肌が、メラノサイトに「メラニンを作れ!」という司令を送るからです。

メラノサイトの中には、「チロシン」いうメラニンの素になる細胞と、「チロシナーゼ」という酵素が存在します。

司令を受けたメラノサイトは、体内でチロシンとチロシナーゼを結合させ、無色のチロシンを濃い色へと変化。これを何度か繰り返すうちに、黒いメラニンができあがり、メラノサイトから排出される仕組みになっています。

美白成分は、このようにメラノサイトがメラニンを作り出す過程で、さまざまなアプローチをかけ、メラニンやシミを撃退してくれます。

では、各美白成分による、メラニンへのアプローチ方法をご紹介していきましょう。

シミを消してくれる美白成分と働き

メラニンを還元効果のある美白成分

・ハイドロキノン、ビタミンC誘導体(表記名:アスコルビン酸グルコシドなど)

メラニンの還元作用により、シミを薄くする

“メラニンを還元する”というのは、黒くなったメラニンを無色のチロシンに戻すこと。

すでにシミになってしまったメラニンも無色化してくれる、画期的な美白作用です。

現時点でメラニンを還元できるのは、ハイドロキノンとビタミンC誘導体のみ。目に見えているシミを消したいなら、ハイドロキノンやビタミンC誘導体を配合した美容液でのケアがおすすめです。

ターンオーバーを促進させメラニンを排出する美白成分

・プラセンタエキス、ビタミンC誘導体

肌のターンオーバーが滞ると、シミが定着したり、くすみが発生します。特に加齢に伴いターンオーバーの周期は遅れてくるので、40代に入るとシミができやすくなってしまうのです。

そこで活躍するのが、ターンオーバーを促進する働きのあるプラセンタエキスとビタミンC誘導体。

プラセンタエキスは、肌の細胞の原料となるアミノ酸やタンパク質を多く含むので、新しい細胞を生み出す手助けとなり、ターンオーバーをスムーズに進めることができます。

ビタミンC誘導体も同様にターンオーバーを促進する働きがあるため、これらの美白成分を配合した美白化粧品を使い続けることで、シミはだんだんと剥れて薄くなっていきます。

シミ消し効果のある美白クリーム&美容液

シミ消しに有効な成分が配合された美白クリーム・美容液を紹介します。まずはトライアルセットで、お肌に合うか試してみましょう。

ビーグレン 美白ケアトライアルセット

ビーグレン 美白ケアトライアルセットはこんな感じのセット内容になっています。

美白成分:ハイドロキノン、アルブチン
価格:1,944円(税込)
特徴:独自の浸透テクノロジーによって、肌の奥まで浸透したハイドロキノンが、メラニンを白く変え、シミを失くします。

ディセンシア(decencia)サエル10日間トライアルセット

ディセンシア(decencia)サエル10日間トライアルセットのセット内容はこんな感じ。これにCCクリームが1パウチ入ってます。

美白成分:ビタミンC誘導体
価格:1,480円(税込)
特徴:敏感肌専用の美白化粧品。肌のバリア機能を整えたうえで、シミやくすみの素となるメラニンにアプローチ。

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキットには、洗顔料とクレンジングのおまけつき。クレンジングミルクはとても良い香りがします。

美白成分:ハイドロキノン、ビタミンC誘導体
価格:1,890円(税込)
特徴:マイクロカプセルに包まれた「新安定型ハイドロキノン」をメラノソームまで届け、メラニンを根本から撃退。

シミを予防してくれる美白成分と働き

メラニンの生成をブロックしてくれる美白成分

・アルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキス、エラグ酸、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、カモミラET(表示名:カミツレエキス)、4MSK(表示名:4?メトキシサリチル酸カリウム塩)など

肌は紫外線を感知すると、メラノサイトにメラニンを作るように司令を送るのですが、トラネキサム酸やカモミラETなどの美白成分は、この司令がメラノサイトに届かないようブロックする働きがあります。

メラノサイトは司令がない限り、独自の判断でメラニンを生成することはないので、紫外線を浴びても、メラニンは発生しないというわけです。

また、アルブチンやエラグ酸といった成分は、メラノサイト内のチロシナーゼが活発化するのを防止したり、チロシナーゼがチロシンと結合するのを阻止できるため、チロシンがメラニンへと変化することがなくなります。

このように、メラニン自体が発生しないことで、シミやくすみの原因をなくし、透明感のある肌を作ります。

美白の目的がシミの予防なら、アルブチンやトラネキサム酸など、メラニンの生成をブロックしてくれる成分を配合した美白化粧品を選びましょう。

シミ予防に効果のある美白クリーム&美容液

シミができないように予防するには、次の美白クリーム・美容液がオススメ。トライアルセットでご紹介します!

ライスフォース 美白ケアトライアルセット

ライスフォース 美白ケアトライアルセットは、保湿ケアセットに加えて、日焼け止めと美白美容液が加わった5点セットになってます。

美白成分:ビタミンC誘導体
価格:1,400円(税抜き)
特徴:肌の透明感を高める「ライスパワーNo.23エキス」と、メラニンを抑制する「持続性ビタミンC誘導体」を配合した薬用美白美容液で、クリアな白肌を作ります。

資生堂HAKU メラノクール ホワイトソリッドトライアル限定セット

資生堂HAKU メラノクール ホワイトソリッドトライアル限定セットはこんな感じ。資生堂大人気スキンケアのトライアルセットです。

美白成分:4MSK
価格:2,484円(税込)
特徴:紫外線を浴びた肌を冷却ケア。クリームとは思えないほどの浸透力で、独自の美白有効成分4MSKを肌の奥へと届けます。

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

アスタリフトホワイト 美白トライアルキットのセット内容には、ジェリーアクアリスト(導入美容液)もお試しできるようになってます。

美白成分:ビタミンC誘導体
価格:1,000円(税抜き)
特徴:「ナノAMA」と「ナノオリザノール」という、高浸透力の独自成分が肌の奥へと入り込み、メラニンの生成を抑制します。

このように美白成分は、そのはたらきにより美白効果が違います。

そのため美白成分の主な名前と効果を覚えておくことが、自分に合った美白化粧品を選ぶポイントになるのです。

たくさんありすぎて覚えられない!という人は、「ハイドロキノン」と「ビタミンC誘導体」に、シミを消す効果があることだけでも覚えておいてください。

良い美白化粧品を選ぶためには、成分のほかにも確認すべきポイントがあります。次の章で見てみましょう。

美白クリーム・美容液選びの3つの注意点!

次の3つの点に注意して、理想的な美白クリーム・美容液を見つけてください。

①医薬部外品が化粧品より効果的とは限らない!

美白化粧品には、「医薬部外品」と表記されたものがあります。

これは、厚生労働省によって効果があると認められた成分が使われていることを意味しています。そのためか、化粧品よりも効き目があると認識している人が多いようです。

しかし効果の高い成分でも、新しく開発されたものは、厚生労働省に認可されていない場合もあります。そして、これらの成分を配合したスキンケア用品は、医薬部外品ではなく化粧品として分類されます。

医薬部外品に指定されていないけれど、高い美白効果のある成分が、「ハイドロキノン」や、ビタミンC誘導体のひとつである「アプレシエ(APPS)」。これらの成分を配合した美白化粧品は効果が高く人気です。

②浸透力に優れているか

どんなに良い成分が配合されていても、きちんと肌に浸透しなければ、メラニンに働きかけることはできません。

そのため多くの化粧品メーカーが、どのような方法で有効成分を肌の奥へと届けるかについても、開発を進めています。

極小のカプセルに有効成分を詰める、成分をナノレベルに小さくして浸透させるなど、その方法はさまざまですが、美白クリームや美容液を選ぶ際には、このように成分を浸透させる工夫が施されているかもチェックしましょう。

③日本製のものを選ぶ

美白美容液や美白クリームは、日本製のものを選んだほうが安心できます。madeinjapan

日本では化粧品に配合される成分や濃度に基準を設けています。

海外化粧品はその国の基準を満たしていても、日本の基準とは異なるため、日本人の肌には刺激が強すぎるなど、肌トラブルを起こしてしまう可能性も考えられます。

近ごろでは海外製品もインターネットで簡単に購入することができますが、安全性を考えるなら、日本人の肌に合わせて開発された、国産のアイテムを使うことをおすすめします。

美白化粧品は使い続けなくては効果が現れません。毎日使っても負担にならないような、肌に合ったものを選ぶことが大切です。

まとめ

自分に合った美白クリーム・美容液を選ぶには、美白成分についての知識があるかどうかがカギになってきます。

余裕があれば、保湿やアンチエイジングの成分も調べてみて、美白+αの効果が期待できる美容液を探してみるのもよいですね!

食事や睡眠でターンオーバーを整えるなど、正しい日常生活も美白に影響してきます。身体の内と外、両方からの美白で透明感のある素敵なお肌を目指しましょう!

美白ランキング ⇒ いろんなタイプのスキンケアお試しセットをまとめてみました。

年代別おすすめ基礎化粧品